カタルーニャとの連帯―平和的な自己決定への権利を認めてください!

0 人が賛同しました。もう少しで 500,000 人に到達します!


deutsch / catalàcastellanoportuguêsitalianofrançaisromânescenglishlingua Europaea中文русский / 日本語 / العربيةбългарскиtiếng việtفارسیქართულიελληνικάtürkmagyarhrvatskipolskiहिन्दी한국의తెలుగుsvenskaсрпскиdansknederlandsnorsk

カタルーニャは、現ヨーロッパ圏の最も大きな(未承認)国家と言えます。カタルーニャ人は、1000年以上の歴史を認識しており、それを誇りにしています。またカタルーニャのすばらしい文学と文化は、ヨーロッパにとって不可欠のものです。それにカタルーニャ語は、ヨーロッパ圏の何百万人ものの母国語のひとつです。

1934年にカタルーニャ会長は、スペインからのカタルーニャ独立を宣言しました。かたや1936年からフランコ将軍は、(ドイツの助けを借りながら)クーデターからスペイン内戦へと進め、長年にわたるカタルーニャ国家と母国語のカタルーニャ語の抑圧を続けていきました。

21世紀にスペイン軍はカタルーニャ戦争を始めてはなりません。 カタルーニャの国は自由と独立のために平和的に努力しています。

カタルーニャとスペイン間のこの紛争が、平和的な解決へ向かっていくことを確実にするためにも、ヨーロッパの国々ひいては世界各国が最大限に努力すべきです。

カタルーニャは、無条件にヨーロッパのいち圏域です。欧州連合(EU)と全てのヨーロッパ諸国は、この紛争への軍事投入は容認できません。



今日:Prof. Dr. Axelさんがあなたを信じています

Prof. Dr. Axel Schönbergerさんは「Sergio Mattarella (Presidente Della Repubblica Italiana): カタルーニャとの連帯―平和的な自己決定への権利を認めてください!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!Prof. Dr. Axelさんと473,559人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。