#AllianzArena をレインボーに輝かせましょう - ハンガリーに抗議のシグナルを!

#AllianzArena をレインボーに輝かせましょう - ハンガリーに抗議のシグナルを!

0 人が賛同しました。もう少しで 500,000 人に到達します!
もう少しで賛同数が500,000に届きます!

発信者:Lena Krummeich und SportPride 宛先:Rainer Koch(DFB Präsident)

French | German | English | Spanish | Italian

6月15日、ハンガリーで未成年者が同性愛や性転換について知ることを禁止する法律が可決されました。 この法律の支持者たちは、道徳の発達や出生時に割り当てられた性別の形成に悪影響を及ぼすような「プロパガンダ」だと述べています。これは人権と情報の自由に対する攻撃です。これらはすべて、EU人権条約の価値が尊重され保護されるべき同盟国である国において起こっているのです。

ドイツ男子代表チームは水曜日(6月23日)、ミュンヘンでハンガリー代表チームを受け入れる予定となっています。 今こそ LGBTQIA+に向けたヘイトに反対する意志を示し、ミュンヘンのアリアンツ・アレーナ競技場をレインボーに輝かせるべきです。
かつて2016年のクリストファー·ストリート·デーに、競技場をレインボーに照らしていたので、やろうと思えばできるはずです。アリアンツ社のプレスリリースによると、照明システムによってレインボーに輝かせることは可能とのことです。

私自身、LGBTQIA+コミュニティの一員であり、ハンガリーがEUの一部であるという事実は、EUの他の地域が、必ずしも影響を受けないということにはなりません。

UEFAとアリアンツ社は多様性と尊敬について多くを語ります。 よって、私はこのアクションを求めます: #AllianzArena をレインボーに輝かせましょう - ハンガリーに抗議のシグナルを送りましょう!

0 人が賛同しました。もう少しで 500,000 人に到達します!
もう少しで賛同数が500,000に届きます!