東京のオアシス、寺町谷中の町家や路地を残したい

0 人が賛同しました。もう少しで 2,500 人に到達します!


ENFR / 中文

台東区の谷中は100近い寺院を要する東京最大の寺町で、関東大震災でも、米軍の空襲でも被害が少なく、100年を超える建物が多く残っています。

私たちは1984年、ここで地域雑誌「谷中・根津・千駄木」を創刊、地域の「記憶を記録に変える」を合言葉に、小所低所にこだわり、地域の歴史を紡いで参りました。2009年に終刊後は町の様々な問題に関わりながら、集めた資料のデジタルアーカイブ化に努めてきました。国立国会図書館、東京都立中央図書館のほかハーバード大学、エール大学、オクスフォード大学などにもバックナンバーが収められています。

この土地はいつしか「谷根千」と呼ばれ、東京のなかで古い建物、職人、コミュニティ、生活様式、墓地や路地の緑が残る稀有な町として訪れる人が多くなり、現在、年間120万の訪問者を迎えています。全世界にこの町を愛し、何度も訪れる人々がいます。

地域には国指定文化財も多い上、三万坪の緑地である都営谷中霊園には多くの歴史的人物が眠り、幸田露伴や岡倉天心、朝倉文夫、川端康成が住み、一つの文化的環境をなしています。こうした町家や邸宅、路地も1980年代後半のバブル経済以降、だんだんと失われていき、豆腐屋や和菓子屋、銭湯などの数も激減し、地域の環境は危機に瀕しています。

この度、補助92号線など都の未着手都市計画道路が廃止されることになりそうです。しかし高さ制限などを義務付ける道路計画があるからこそ、古い町並みが残りました。ただ計画を外すだけでは、6、7階の高層化などの乱開発が行われるでしょう。また都は、直下型地震に備え、その後は木密解消、不燃化建替促進の地区計画をかけるようにとの方針ですが、これも木造町家を6、7階のコンクリート造に建て替える方向性になります。

今まで、住民、町会、商店街、仏教会、そして谷中を愛する人々が守ってきたかけがえのない文化的価値を存続するには、現在区が出している建て替え誘導型の「地区計画」素案では足りません。谷中の心ある人々は、谷中を東京で初の文化庁の伝建(伝統的建造物群保存地区)にしようとか、国土交通省の「歴史まちづくり」法などの制度を使えないかと検討しています。

しかし行政側は8月末の説明会を終えると、これで説明は十分と、計画を進めそうな勢いですが、住民の多くは未だ計画とその影響を十分に理解していません。

私たちは1984年から35年の谷中での活動を踏まえ、次のことを要望します。

1、 都市計画道路廃止、地区計画設定は一時凍結し、地元の人々が論議し、納得のいく方向を出せるまで行政は時間をかけること。

2、 その際、地元で長年活動している諸団体、個人の意見をよく聞くこと。

3、 昭和32年に東京都の管理が不十分なために放火心中で焼けてしまった谷中五重塔を、東京都の責任において再建、復元すること。

4、 防災と文化財や歴史の保存活用が両立する道を考えること。谷中の稀有な町並みを守るために、使えるあらゆる国や自治体の制度を検討すること。

空の広い谷中、垣根のない優しい人の多く住む谷中、ソフトの知恵で火事のほとんどない谷中、暮らしやすく、暮らすのが楽しい谷中、ビンテージものの町家と路地を、住民と行政が協力して守っていくことを願ってやみません。

谷根千工房

森まゆみ 作家・日本ナショナルトラスト理事・元文化庁文化審議会委員・「谷中スケッチブック」著者

山崎範子 「地域人」編集者、「谷中のこ屋根会」代表

仰木ひろみ ピアノ教師・文京歴史的建物の活用を考える会理事

ジョルダン・サンド 元谷根千英語版編集長、ジョージタウン大学教授

谷中を好きな日本の、世界中の人々の応援をお待ちしています。