Petition Closed

ジェイミー・オリヴァーです!世界の子供を肥満から守る食育実現のためにあなたの協力が必要です!

This petition had 1,676,569 supporters


こんにちは、料理人のジェイミー・オリヴァーです!

今、世界で子どもの肥満が大問題になっているのを知っていますか?5歳以下の子ども42万人が、肥満か太り過ぎとなっています。このまま何も対策をしないと、次の世代の子どもたちは、自分の両親よりも寿命が短くなってしまうと言われています。このままではいけません!みんなで今立ち上がる必要があるんです。

そこで、子供の給食改善にも関わってきた料理人である僕から皆さんに、2つの簡単なお願いがあります!

1つは、「世界中の学校で食育を授業で必修にする」ため、このキャンペーンに賛同をおねがいします。2つ目のお願いは、このキャンペーンをあなたの周りのお友達にシェアしてほしいのです。

僕ら大人が、次の世代に、より健康で幸せで充実した人生を送るための知恵を受け渡す必要があると思います。これは子どもたちひとりひとりに約束されている権利であり、希望ではないでしょうか。

数百万の賛同を集められれば、G20に参加する主要国を動かすだけの力になると信じています。食育は、次の世代の人生をより良くするものだと僕は信じています。ぜひ、あなたの協力が必要です。

食育という次世代を育てるためのプロジェクトを世界で実現するために、皆さんの賛同とシェアを、よろしくお願いします!

愛を込めて
Jamie Oliver x

www.foodrevolutionday.com


【以下をTwitterやFacebookで拡散お願いします!】

世界中の子供達に食育を!世界から肥満をなくそう!#FoodRevolutionDay change.org/jamieoliver


以下の各国語版でもキャンペーンを同時実施中です

アルゼンチン
ブラジル
コロンビア
フランス
ドイツ
イタリア
メキシコ
ロシア
スペイン
トルコ

 

どうしてG20(世界の主要20ヵ国)に?

G20には、世界の主要19ヵ国とEUが含まれ、G20首脳会議では国際的な経済協力や決定を下しています。世界の金融危機への対応を話し合い乗り切ったG20は、今後、世界の持続的な発展のためのアクションを話し合うようになっています。

肥満は、喫煙、戦争やテロなど武力による暴力と並び、世界が対峙している3つの大きな社会問題の1つです。肥満問題によって、毎年2兆ドルものお金が使われているというデータもあります。G20はこの問題を理解していて、対策に乗り出そうとしている事が分かっています。このことから、今回のキャンペーンの宛先にG20を設定しました。

http://www.mckinsey.com/insights/economic_studies/how_the_world_could_better_fight_obesity

https://g20.org/about-g20/



Today: Jamie Oliver is counting on you

Jamie Oliver needs your help with “ジェイミー・オリヴァーです!世界の食育のためにあなたの協力が必要です!#FoodRevolutionDay”. Join Jamie Oliver and 1,676,568 supporters today.