Stop Shiatsu Society to use image of bamboo  英国指圧協会は中国のシンボルである笹の葉を協会のデザインに使用するのをやめよ。

0 have signed. Let’s get to 100!


Shiatsu is a form of massage invented in Japan. There were some Japanese Shiatsu practitioner taught it to Western people. 

Shiatsu Society is using bamboo theme as their symbol, which is not representing Japanese culture. (http://www.shiatsusociety.org/

Bamboo is rather used as a symbol of China, together with image of Panda.

Shiatsu in Western world also teach their students Shiatsu is a part of "Traditional Chinese Medicine" which we Japanese call "Eastern Medicine".

None of Japanese people will be happy to know about that because Japan has never been a part of China. Japan has been independent from it's beginning, and had never been invaded until 2 world wars. 

Some of Shiatsu schools in England teach Qi-gong and Shiatsu together.

They don't call the concept of energy "Ki", which is the proper pronunciation in Japan. They call it Qi (Chi), which is Chinese pronunciation.

We think this stem from the European education do not teach differences between Asian countries. 

We understand if they don\t know about us, however, if they are Shiatsu practitioners, they should know the differences.

We noticed people leaned Japanese martial arts know the differences. They even tell us the culture we didn't know about.

In England, Shiatsu schools are teaching it only once a month.

They don't have sufficient time to know differences also they are not keen to teach them.

The bamboo motif is one of the result of these issues.

We would like them to respect differences between Japan and China, and we don't want them to put these completely different cultures in one pot.

We would like to ask you to sign this petition in order to show how strong we feel about this issue.

 

指圧は日本で生まれた日本の文化です。創設者は諸説ありますが、日本人が東洋医学その他を用いて作ったものです。

英国でも指圧は教えられており、英国人の指圧師が毎年生まれています。

英国の指圧協会(Shiatsu Society)はプロの指圧師が登録するプロフェッショナル集団です。

ところがその指圧協会では、ウェブサイトその他でご覧いただけるように、笹の葉のテーマを多用しています。(http://www.shiatsusociety.org/)

また、日本で「東洋医学」と呼ばれているものは、英語の指圧の教科書では"Chinese Medicine(中国医学)" と呼ばれています。

それもそのはず、英国では中国と日本の違いについてあまり普通の学校では教えていないようで、日本が中国の一部だと思っている英国人も、多数います。

笹の葉のテーマを指圧協会が使っているというのも、その教育の影響だと思われます。

その上、一部の指圧学校では、チゴン(中国の気功)を指圧と一緒に教えており、「気」は"Ki" と呼ばれず、"Qi(チ)"と呼ばれています。

日本で生まれ育った日本語のわかる人ならお分かりのように、日本での気と中国での気は、使われ方が違います。

日本では、気を遣う、気がひける、気が強い、など、気を遣う文化があり、それが日本人の対人関係に大きな影響を及ぼしています。

また、日本が中国の一部であったことはこれまで一度もありません。

しかし、英国では、まるで日本でも中国でもどちらでもいいというような、なげやりなやり方で指圧が教えられています。

指圧協会の笹の葉は、その象徴です。

皆さん思い出して頂きたい。西洋人で空手や柔道などを習っている人は、日本と中国の違いがわかります。

それができないのは指圧師だけです。私はそれはとても不名誉なことであるし、彼らからは日本と中国へのリスペクトを全く感じません。

私は、英国で指圧の学校へ行った者として、いろんな指圧師を見てきましたが、これができる英国人指圧師の人はほんの一握りです。

どうぞ皆さん、私に賛同して署名して頂けたら、私は日本人と日本の文化がわかる人たちの意思として、英国指圧協会にこの署名を届けます。

どうぞよろしくお願いいたします。

 



Today: M is counting on you

M Shiatsu needs your help with “Shiatsu Society UK: Stop Shiatsu Society to use image of bamboo 英国指圧協会は中国のシンボルである笹の葉を協会のデザインに使用するのをやめよ。”. Join M and 24 supporters today.