関西学院大学の授業料減額

0 人が賛同しました。もう少しで 500 人に到達します!


現在、新型コロナが世界中で猛威を奮っている中、満足に学校に行けない状況に世界中の学生が対面しています。この状況下で学校に行かせろとは言いません。むしろ、学生・職員の安全性を考えると当然の対応だと思います。しかし、学校の施設を使っていないのに施設利用料や課題しか出されていない授業に対しての授業料がかかっていることに不満を感じざるをえません。まして、春学期には学費の催促状が送られてくる始末でした。まさに、今は、学歴をお金で買っている状況であります。私達は、そのようなことを求めて大学に入ったわけではありません。大学の授業や施設を利用することによる、知識の蓄積及び研鑽を求めて大学に入っています。それができていないこの状況が、果たして高い学費を払う対価としてふさわしいのでしょうか。また、部活やサークルといった活動を通しての仲間と切磋琢磨をする日々も求めていました。現在、部活動は活動制限がありますが再開はしております。しかし、それでも学校の一部施設しか使えておりません。また、今回のコロナ禍により、収入が減っている家庭や学生が存在していることが日々報道されております。そして、この高い学費により夢を諦めざる子が後を立たないことも事実として残っています。今回の関学の対応が将来の関学の発展につながるとは到底思えません。したがって、私は関西学院大学に「春学期の学費の一部返金」及び「秋学期の学費の減額」を求めます。学生代表として、関学の未来への発展や学生の将来という点でも以上の2点の対応は必要不可欠だと言えます。もちろん、オンライン授業や課題を作る上での教授や職員の方々の支援などがあることは重々に承知しています。何度も言いますが、私が求めるのは「一部返金」及び「減額」であって、全額免除や返金というわけではありません。以上の内容や意志に少しでも賛同していただける学生、保護者、卒業生は是非ともこちらに署名の協力をお願い致します。皆さまから署名をいただいた以上は責任を持って関学側と話し合うつもりでございます。よろしくお願い致します。

1人でも多くの学生が夢を諦めずに日々を過ごすことを願うばかりです。