英語で教育する公立学校を設置してください。子どもたちを将来、英語で苦労させたくありません。

73
Supporters

English translation follows Japanese.
私は札幌で3人の子どもを育てていた母親です。でも、子どもたちが英語を使いこなせるようにならないのではないかと悩み、2014年に子どもと夫(日本人)と共に、英語が公用語のフィリピン・セブ島に移り住みました。現地の小学校と幼稚園に子どもたちを通わせています(2017年現在、8歳、6歳、4歳)。

でも本来は、希望するご家庭のお子さんなら誰でも、日本で義務教育として「英語」で算数、理科、社会などの教育を受けられるべきだと思います(国語以外)。

日本にはインターナショナルスクールがありますが、原則、外国人のためのものです。さらに、高額のため「高所得の外国人家庭」しか利用できません。多くの在日の外国人家庭でさえ、「日本語」で教育を強要されているのも問題です。

現在、各家庭に負わされている子どもの英語教育を、日本社会として、長期的視野を持って、公的に行う必要性を多くの方に考えていただければ幸いです。

サイト名:英語で教育する公立学校を設置してください。子どもたちを将来、英語で苦労させたくありません。

発起人のfacebook
https://www.facebook.com/mamiko.morita1
多くのご意見とご署名をお待ちしております。
このページURLは次と同じです。
https://www.change.org/p/7312466/
または
http://bit.ly/2myXy7z

Establish schools in Japan, in which the students can learn every subject in English.
This is a signature-collecting campaign to establish public schools in many parts of Japan, in which the students can learn every subject in English.
I am a Japanese mother who has moved to Cebu, Philippines to raise my kids as bilinguals who can speak in both English and Japanese.

Japanese government should provide public international schools for foreigners and Japanese for free.
<Reason>
1. Japanese should have much better English communication skills in the future; otherwise, it will be impossible to survive in this global world.
2. International schools in Japan are not for foreigners on limited budgets. Tuition is between about 13,000 to 43,000 dollars* per year.
*1.5 million to 5 million yen.

Please accept this signature.

URL of this page is the same as the follows.
https://www.change.org/p/7312466/
or
http://bit.ly/2myXy7z

 

This petition will be delivered to:
  • 文部科学大臣
  • 政治家

    Morita Mamiko started this petition with a single signature, and now has 73 supporters. Start a petition today to change something you care about.