Petition update

逗子市長宛に要望書、署名を提出しました!

小坪の環境を守りたい有志の会

Nov 28, 2015 — [署名提出ご報告】

11月25日、逗子市長に要望書と署名を提出して参りました。
同行は県議会議員と「守る会」共同代表3名ほかメンバー6名。

直筆署名はあれから4000以上も増え、合計で18,780名に。changeでの21.539名の電子署名も合わせるとtotal 40,319名分にもなり、2箱の署名と要望書、および資料となかなか迫力あるセットになりました。

直筆署名の内訳は
・総署名数 18780名
→内 神奈川県民 12598名
→内 逗子市民 3032名
  鎌倉市民 2222名

市長との面談は県議による署名、要望書の説明に始まり、次は集まった面々が簡単にご挨拶。自己紹介を兼ね、それぞれが自分の想いを伝えました。約20分間、終始穏やかな雰囲気でしたが、市長は署名の山の迫力を顔に出さないながらも重く受け止めていたと思います。

市長は”絶対に建てない”や”逗子ではオリンピックをどう受け止める”などはっきりとしたビジョンは仰りませんでしたが、
「条例など、順守するのが私の仕事」と言明。
県議も私たちも、要望書はオリンピックに反対するものでは決してない、協力するにしても環境に配慮した、湘南全域に関わる景観も含めた自然を壊さない形での受け入れをお願いしたい、と強調。皆様の声がしっかりと届いたことを願いたいです。

SAVE KOTSUBOのTシャツも市長にプレゼント。これを着て、逗子や小坪を歩いてくれると高感度UPですね!

署名活動はひとまず休止し、今後はどんなプランが浮上してくるのか、その都度考え、対応していくことになります。また同時に、オリンピックで各国から訪れる方々に私たちもどうしたら湘南らしいおもてなしができるのか、考えていかなくてはなりません。

当初予定していた機関への要望書および皆さまの署名の提出、ここまで来れたのは本当にたくさんの方々のお力添えのおかげで、メンバー一同、心より感謝しております。

なお、まだ高層ビルや堤防の開発構想など、なくなったわけではないのでチェンジはこのまま続け情報を発信していきます。

逗子・小坪の貴重な環境を守るため、また、よい形でオリンピックを迎え成功させるために。今後も皆さまとともに考えていけたら幸いです。

ホームページもリンクしておきました。詳細や写真などご覧になれるので、ぜひチェックしてみて下さい。


Discussion

Please enter a comment.

We were unable to post your comment. Please try again.