立命館大学は、2019年12月31日の広告に関して、学生に対する説明と対話の機会を設けてください。

0 人が賛同しました。もう少しで 1,500 人に到達します!


 (The English translation is at the bottom of the page.)

※本キャンペーンは、在学生や卒業生に限らずどなたでも署名して頂けます。

 立命館大学は2019年12月31日、朝日新聞(全国版)・神戸新聞・Twitter(日米)に、以下のようなタイトルの広告を出しました。

「立命館から、アメリカ大統領を。」

(広告全文はこちらから)

 この広告は立命館大学が行うグローバル教育をPRするために発信されており、その教育内容自体は、グローバル化が進む今日において有用なものだと言えます。一方で、この「立命館から、アメリカ大統領を。」という広告には、2つの問題点があります。

 まず費用に関して、この広告にかけられている費用は、概算すると以下のとおりです。(新聞広告費用は、広告代理店である内藤一水社の運営するサイト「新聞広告ナビ」より概算。実際の金額は契約によって変動します。)

  • 朝日新聞全国版(見開き1面カラー)…約9,500万円
  • 神戸新聞(見開き1面カラー)…約1,000万円
  • Twitter(日米)…固定料金ではないため不明
  • その他、動画制作や広告特設サイトなど

 学校法人立命館の収入の約70%は、学生納付金(学費)が占めています(2018年度事業活動収入)。新聞広告だけで概算1億円以上という多額の費用は、私を含めた在学生や卒業生の支払ってきた学費から出されているかもしれません

 こうした広告に1億円以上の支出がされる一方で、私たち学生に対する支出は削られています奨学金支出予算を見てみると、2018年度から2019年度にかけては、約3億5,000万円の削減がなされています。また、2020年度入学生の学費(初年度)は、約7万円~9万円の値上げがされています。日本の大学生の多くは、未来の借金を抱えてまで多額の学費を支払っています。こうしたことを踏まえると、「立命館から、アメリカ大統領を。」という広告に対する多額の支出は、本当に必要なものだったのか疑問を感じます。

 また広告の内容に関して、写真やビデオで大統領役に起用されている人物は中年男性であり、ステレオタイプな「アメリカ大統領」観に基づいていると言えます。加えて、グローバル教育の成功例として示すものが「アメリカ大統領」である点も、同様の指摘ができます。こうした表現に対して、「自由にして清新」を建学の精神に掲げる立命館大学にそぐわないという批判があります。この広告表現の内容と支払われている多額の費用は、教学理念である「平和と民主主義」や建学の精神「自由にして清新」に鑑みて妥当なものなのでしょうか。学内における民主主義的なプロセスを経たものなのでしょうか。

 若者人口が減りつつある日本社会において、大学やその他学校機関による入学者の取り合いは過熱しています。こうした中で、学校が新入生を獲得するために見かけの良い広報に力を入れ、一方で収入を維持するために学費を値上げし支出を減らそうとすることは、十分に考えられます。

 しかしながら、学校は学ぶ者のための場所であり、法人を維持するためだけのシステムではありません。立命館大学においても、2030年にむけた中長期計画の中で「挑戦をもっと自由に」という標語が掲げられ、学生の成長を応援しようという姿勢が示されています。

 私たち学生と、その成長を応援して頂く卒業生や保護者の皆様は、立命館大学が学費を学生の成長のために使っているか、見届けなければなりません。そして、学費の使われ方に疑問を感じた場合、その疑問を伝えて説明と改善を求めなければなりません。

 2019年12月31日に出された「立命館から、アメリカ大統領を。」広告は、その費用・内容に鑑みて妥当なものだったのでしょうか。このキャンペーンに参加することで、みんなで疑問を伝える機会を作りましょう!!

-------------------------------------以下、同内容

(This campaign is open to everyone.)

We request Ritsumeikan University to explain and make opportunity to dialogue about the advertisement that was put on December 31, 2019.

On December 31, 2019, Ritsumeikan University placed an advertisement in an Asahi newspaper and Kobe newspaper and Twitter. The slogan of this advertisement is this.

「立命館から、アメリカ大統領を。」

Full version of this publicity is available here (in Japanese)
Advertisement video in English (on Twitter)

The purpose of this advertisement is to advertise their global education. Although their globe oriented education can benefit students, we think there are two points to question about the validity of this advertisement. First one is about expenditure on the advertisement, and the other is about appropriateness of the advertisement.

Firstly, they might have spent a big amount of budget on this advertisement. The following is our estimation of the cost (the price for a newspaper advertisement is retrieved from Shimbun kokoku navi by 内藤一水社 Naitoh issui-sha, an advertising agency).

  • Asahi-shimbun (colored printing on a two-page spread) 95 million yen
  • Kobe-shimbun (colored printing on a two-page spread) 10 million yen
  • Twitter (both in Japan and the US) not clear
  • Others (video shooting, the dedicated website etc.)

About 70% of Ritsumeikan Univ.’s budget comes from student tuition (income in 2018). The costs for the advertisement are over 100 million yen, much of which is possibly paid for by the tuition from the students.

We believe that Ritsumeikan Univ. spends too much on advertisements, even though financial aid for students has been cut. The budget for Ritsumeikan scholarships was reduced by 350 million yen from 2018 to 2019. Also, tuition for students entering Ritsumeikan in 2020 has risen by 70 to 90 thousand yen. Considering that many of Japanese college students borrow large money in order to studing at university, we need to give this situation more careful consideration. Should Ritsumeikan be spending this much money on advertisements?

Secondly, this advertisement uses stereotypical expression. The actor who has been used for the advertisement is a Middle-aged men. This is based on stereotypical way of thinking about American president. Similarly, we can criticize about the expression that Global education in Ritsumeikan University illustrate “become American president” as success too. These stereotypical expressions are neither fit the Academy’s school spirit, “freedom and innovation.” We wonder if the content and expenditure of this advertisement is reasonable and if it is consistent with either “freedom and innovation” and Academy's educational philosophy of "peace and democracy".

As the birth rate in Japan declines, it becomes more difficult for universities to attract enough students to enter university. That is why it is understandable that Ritsumeikan would increase their means of surviving competition with other universities, such as increasing their tuition and decreasing scholarship budget.

However, universities are places for people to learn. They cannot just focus on surviving. Although in one of the University’s policies, they state “挑戦をもっと自由に―Challenge your mind, Change our Future” in their medium and long term plan for 2030, how can they achieve it with a smaller budget for scholarships and increased spending on advertising?

All of us, including students, parents, and alumni must consider whether or not Ritsumeikan University uses tuition for students’ improvement and they must also consider whether or not the processes of creating this publicity was democratic. If there is some questionable use of assets, we must address that doubt and ask for an explanation and an improvement.

Tuition paid by us should be used to create opportunities for our improvement.
We need to clarify if the cost and the content of the ad on December 30, 2019 benefits us or not.

We hope people will take part in this campaign for request Ritsumeikan University to explain and make opportunity to dialogue about the advertisement that was put on December 31, 2019.