【APU】施設封鎖及びオンライン授業実施のよる学費減額を求めます!

0 人が賛同しました。もう少しで 1,500 人に到達します!


*English version follows Japanese

以下の内容に賛同して頂ける方はご署名下さい。

【立命館アジア太平洋大学に求める内容】

2020年春セメスターの学費減額

【前提として】

今回の対応は、学生・教職員の命を守るために適切であり、教職員の皆様が授業開始に向けた準備に尽力されていることに感謝を申し上げます。

一方で、ライブラリーやカフェテリアをはじめとする様々な施設が使用できない状況において、私たち学生が例年通りの学費を納入することは受け入れがたいのも事実です。

【経緯】

新型コロナウイルス予防防止のため、4/21に大学は下記2点の決定を発表しました。

・4月22日(水)〜5月6日(水)の休校および学生のキャンパスへの入校禁止期間、授業休講期間

・オンラインでの授業開講(春セメスター間)

これらの決定により、以下の状況が予想されます。

・入校禁止期間はライブラリーやカフェテリアなどの施設を利用できない。

・オンライン授業を受講するにあたっての環境設備費用がかかる。
(インターネット利用料、デバイス購入費など)

・春セメスター間学校内設備利用者が大幅に減少します。

以上のような状況が起こりうるにも関わらず、大学側から学費減額の連絡がないのが現状です。

この内容に賛同して頂ける方はご署名下さい!


【Petition drive for tuition reduction and the exemption for Ritsumeikan Asia Pacific University】

As a premise

I appreciate for the preparation for the online classes that is appropriate for our lifes protecting from COVID-19

However, its the fact that we are unacceptable to pay the tuition as usual since we are unable to use faculty such as library and cafeteria.

【circumstances】
APU has decided following to prevent COVID-19

・Students are prohibited from entering the campus, and classes that are closed from April 22 (Wednesday) to May 6 (Wednesday)

・ Online classes (between spring semesters)

With these decisions, we anticipate the following situations:

・ Facilities such as the library and cafeteria cannot be used during the period.

・ Environmental equipment costs are necessary for online classes.
(Internet usage fee, device purchase fee, etc.)

-Campus equipment users will decrease significantly during Spring semester.

Despite the situations described above, the current situation is that the university has not contacted us to reduce tuition fees.

Please sign if you agree with this content!