汚染処理水を海洋放出しないで!

0 人が賛同しました。もう少しで 50,000 人に到達します!


“東京電力福島第一原発の敷地内にたまる処理済み汚染水の処分方法について、政府が海に放出する方向で最終調整していることが分かり、早ければ月内にも関係閣僚会議を開き、正式に決める方針だそう。”

上記のように、海洋放出すると公言しています。

“タンクの水を二次処理して海水で薄め、放射性物質の濃度を法令の放出基準より十分低くしてから流す。準備に2年程度かかる。風評被害が懸念されており、対策を福島県などと協議していく。” 以上、朝日新聞記事より

海に流れ出た放射性物質に汚染される魚や動物たちを放っておくことはできません。

海に流れ出た放射性物質、汚染された海水によって育った魚を食料とする人間をはじめ哺乳類たちは、少なからず放射線の影響を受けるでしょう。

そして数十年後、または2050年後の海洋には魚を始め海の動物たちの姿が一つも見れない世界になってるかもしれません。それもわたしたち人間のせいで。

署名は微力です。私たちも、様々な環境汚染もんだいについてもっともっと真剣に考え向き合って行かなければいけないと思います。 

10月中には決定が下されてしまうみたいで、まずはこの海洋放出を全力で阻止したいです。