幼児型セックスドールの生産・販売・の廃止を求めます。

0 personas firmaron. ¡Ayuda a conseguir 2,500!



【幼児型セックスドール】はご存知ですか?

2016年、米The Atlantic の記事、【人形は小児性愛者を加害行為から防げるのか】Can Child Dolls Keep Pedophiles from Offending? という記事、そして配信された動画が世界中で議論された。
 
2020年2月、英国にて中国から輸入された幼児型セックスドールを所持していた44歳の男性が逮捕され、【15年の以下懲役】が罰されました。

同年3月にもオーストラリアにて62歳の男性が幼児型セックスドールの輸入・所持により【15年以下の懲役】が罰されました。

このように、世界ではどんどん【幼児型セックスドールの所持・製造・販売】が禁じられているなか、日本では未だに幼児型セックスドールに対する取り締まりはなく、毎年多くのセックスドールが製造・輸出されています。

この署名を通して、
①日本の【児童買春・児童ポルノ禁止法】にて幼児型セックスドールの製造・販売・所持を規制すること

②小児性愛者に対する相談窓口の設置や加害行為を防ぐ為のカウンセリングやセラピーへの取り組み

③ECサイトなどに未だ販売される【幼児型セックスドールや児童ポルノ】の取り締まり、及び【販売禁止を徹底】

を求めます。

------世界の実態

▷オーストラリア
オーストラリアでは2016年にMelissa Evans氏が【幼児型セックスドールは遊びじゃない】という署名活動を始め、幼児型セックスドールの輸入・所持(主な製造国は中国や日本の東アジアなため)を規制させた。

規制については、オーストラリアのCOMBATTING CHILD SEXUAL EXPLOITATION LEGISLATION AMENDMENT BILL 2019により、2019年9月から正式に取り締まりが始まり15年以下の懲役となった。

▷英国
英国では1979 Customs and Excise Management Act により【わいせつな文書、図画など】の輸入は禁じられている。だがしかし、100個を超える幼児型セックスドールが輸入されている事から、2017年には【幼児型セックスドール】が条例に規制対象として加わった。

▷ノルウェー
ノルウェーでは2016年、香港でセックスドールを購入し、国内に持ち帰った男性が空港で購入した物品を没収された。ノルウェーの刑法311では【幼児や子供を性的に描写する物の輸入・所持・購入が禁じられている】

▷米国
米国NYでは、2017年にDonovan議員CREEPR (Curbing Realistic Exploitative Electronic Pedophilic Robots ) Actにより【児童や幼児に類似しているを性的な行為を行うための人形・マネキン・ロボット等の輸入や輸送を禁止】され、2018年には可決された。

▷アマゾン
多くの子どもの権利の啓発を行う草の根団体などが声をあげた結果、2018年には英国・米国のアマゾンでは【幼児型セックスドール】の販売が禁止となった

 

この様に世界的に様々な議論があるなかでも【幼児型セックスドールの規制】が行われ初めている。だからこそ、その論点を共有させていただきます。

▷【小児性愛者の人権】

幼児型セックスドールに関して、議論【小児性愛者の人権】。これは、世の中で議論を巻き起こしたThe Atlanticの記事を解説したBuzz Feed Japanの記事にも取り上げられている。

幼児型セックスドールの規制は、小児性愛者に影響はある、だからこそ署名の要求にも書いてあるよう小児性愛者が相談をできる窓口やカウンセリング、セラピーやトリートメントを増やす事が必要だ。そういった小児性愛者の心理的や精神的なケアをしている非営利団体や民間企業に対し助成を出す仕組みが必要だと思われる。

日本では、残念ながら他の国のように簡単に相談できる窓口が少ない。だからこそ政府には相談窓口などを設置し、軽度な時点で相談できる仕組みにしなければいけない。

悩んでいる方は、以下の団体などに相談をしてみてはいかがですか。
臨時、団体さんや相談窓口を知っている方はご連絡お待ちしております。

▶︎ぱっぷすhttps://www.paps.jp 
▶︎NPO法人ヒューマニティーhttps://www.npo-humanity.org/


また、オーストリアリアの犯罪学研究機関によると【幼児型セックスドールは、小児性愛者が加害行為を起こさないための治療という根拠はない】と示しているThere is no evidence that child sex dolls have a therapeutic benefit in preventing child sexual abuse.

 

▷【セックスドールにより児童への性被害が減る】という論理

▶︎ノルウェーでも上記と同じ点が議論されたが、児童や子供に対する性暴力加害者等が幼児型セックスドールの購入をしていることから、【幼児型セックスドールの所持が加害行為につながる可能性がある】とみなされ、禁じられました。

▶︎オーストラリアの犯罪学研究機関が幼児型セックスドールの影響を研究した。こちらの英Daily Mailの記事にも取り上げられた様に、こう述べている

「幼児型セックスドールの規制により児童に対する性被害が増えることは立証されていない」However, the implications of these products, and especially their link with child contact sexual offending, remain unclear.

「まだ立証はされていないが、セックスドールの使用は児童ポルノ等の加害行為に繋がる可能性もある。人形などのセックスドールは反応をしないことから、実際の加害行為の重大さにおける感覚が麻痺する可能性がある」
Although currently unproven, it is possible that use of child sex dolls may lead to escalation in child sex offences, from viewing online child exploitation material to contact sexual offending. It may also desensitise the user from the potential harm that child sexual assault causes, given that such dolls give no emotional feedback.

 

「幼児型セックスドールの販売は、児童などを性的に見る行為に繋がるのと同時に、児童や幼児の性行為を促してしまう。また、普通のセックスドールのように幼児型セックスドールを通し実際の子供の気を引くものとして使われる可能性もある」
The sale of child sex dolls potentially results in the risk of children being objectified as sexual beings and of child sex becoming a commodity. Finally, there is a risk that child-like dolls could be used to groom children for sex, in the same way that adult sex dolls have already been used.

2016年英国Independent社 【幼児型セックスドールを販売する日本企業】