Petition Closed

汚染された津波のガレキを受け入れないで下さい! (Do NOT accept contaminated tsunami debris)

This petition had 597 supporters


(English below)

日本政府は福島県、宮城県、岩手県など津波によるがれきを被災地以外の都道府県・市町村にがれきの焼却、灰の埋立処分を日本の全自治体に呼びかけ推進しています。

しかしながらその津波によって発生した残がいには人や環境に長期間に害を及ぼすダイオキシン残留性有機汚染物質(POPs)、またアスベストなどの有害物質のほか放射性核種によって汚染されています。

 

政府の計画であるがれきの焼却を容認すればまだ直接、福島放射性降下物による影響を受けていない地域の大気、土壌、水や食物が汚染されることでしょう。

環境アセスメントを行わなく現在の政府の安全性試験は、人々の健康や環境に重大な害を引き起こすことはないと、がれきを拡散させる計画を遂行するために十分な施しがされていません。

 

我々は汚染地域以外の場所に津波のがれきを投棄、焼却、拡散しないように

日本全国の地方政府の関係者、この問題に関わる関係者に警戒原則を呼びかけています。

The Japanese Government is pushing ALL local governments in Japan located outside of the disaster stricken area of Fukushima, Miyagi and Iwate prefectures to incinerate tsunami rubble and landfill the ashes.  However, the tsunami debris is contaminated with radionuclides, persistent organic pollutants (POPs) such as dioxins, and asbestos which all cause long term harm to people and the environment.

 

Following the national government’s plan to burn rubble will result in the contamination of air, soil, water and food in areas which have not yet been directly impacted by Fukushima fallout.  There have been no environmental impact assessments done and current government safety tests have not been adequate to ensure the project will not cause great harm to human health or the environment.

We are asking all local government officials and involved parties in Japan to use the precautionary principle and NOT spread, burn or dump tsunami rubble anywhere outside of the contaminated areas.

 

汚染された津波のガレキを受け入れないで下さい! どうか皆様、これ以上日本が汚染されないようにご協力よろしくお願いします。



Today: Yuki is counting on you

Wada Yuki needs your help with “汚染された津波のガレキを受け入れないで下さい! (Do NOT accept contaminated tsunami debris)”. Join Yuki and 596 supporters today.