宛先: 青森県十和田市長 小山田久様

未来に遺したい日本の精神。 新渡戸記念館を廃館・取り壊しにしないで!

0

0 人が賛同しました。もう少しで 25,000 人に到達します!

青森県十和田市にある新渡戸記念館は、日本を代表する国際人 新渡戸稲造の遺品と、その父祖が行った開拓の歴史を展示する博物館です。「武士道」(BUSHIDO-The Soul of Japan-)の著者で、ユネスコの生みの親でもある稲造の意志により創設され、今年で90周年を迎えます。

ところが、市が今年はじめに行った(設計図書なしでの)「耐震診断」の結果、「コンクリート強度不足により、補強も出来ない」と診断され、資料の保存活用のための代替施設も示さないまま、6月の議会で、廃館・取り壊しが決定されました。

しかし、建築の専門家の先生方は、この「耐震診断」について疑問を提示され、低層で窓も少なく、小さな箱型の鉄筋コンクリート建築で「補強は可能」、新たに見つかった設計図面を用いて再診断を行って検討するのが適切とおっしゃられています。また、建物は、近代建築の大家東大名誉教授・生田勉氏の建築作品であり、地域資源としても貴重、保存活用について考えてほしいとの声が寄せられました。

館内に収蔵されている資料は、市の指定文化財となっている貴重なものです。このように性急、拙速な対応によって危機的状況に陥った資料を護るため、市民有志は、文化財保護の専門家の指導の下、文化財レスキュー(救出)活動を5月より自主的に行っています。

一方、市民や博物館関係者が再三にわたり、建物や文化財に対する理解を求めてきたにもかわらず、このような結果になったため、資料の所有者である新渡戸家は、記念館の廃館・取り壊し決定に対する差し止めと、設計図書に基づいた耐震診断の再調査を求めて、やむを得ず青森地裁に提訴しました。

7月1日からは、十和田市によって、カットされたインフラは募金で賄われ、市民有志が文化財保護の活動と新渡戸記念館の博物館活動をボランティアで継続しています。

全国の皆様、新渡戸稲造の精神と三本木原(十和田市)の歴史を伝える新渡戸記念館の廃館・取り壊しを、十和田市に撤回させるため、どうかお力を貸してください。是非、ご署名をお願い致します。

新渡戸記念館をまもる会(save the towada)

FB:https://www.facebook.com/pages/Save-The-Towada/#!/pages/Save-The-Towada/354981788022090

 HP: www.nitobe.jp

The Nitobe Memorial Museum in Towada City, Aomori is a museum that exhibits the works of Inazo Nitobe, a world citizen and representative of Japan, and the pioneer history of his ancestors. This year marks the 90th anniversary of the establishment of the museum's original library by Inazo Nitobe, author of “Bushido: The Soul of Japan” and forefather of the world heritage organization UNESCO.

However, as a result of an “earthquake diagnosis” carried out (without consulting any blueprint) by the city, it was determined that “due to instabilities in the concrete, the building cannot be reinforced,” and in June 2015 the city moved to close and demolish the building without providing any replacement for its library, exhibits, and materials.

Architecture experts have pointed out a number of issues with this “earthquake diagnosis” and believe it is possible to reinforce the building, due to its small size and lack of large windows. With a reference blueprint they recently discovered, they believe it is appropriate to conduct a new investigation. The building’s architecture was designed by the well-known University of Tokyo professor emeritus Ikuta Tsutomu, and many would like to see it preserved as a local resource.

The materials currently held in the museum include important historical artifacts designated by the city as cultural assets. In order to protect the materials from this hasty, slipshod closure by the city, citizen volunteers, with guidance from experts in cultural preservation, have been conducting unpaid rescue work since May 2015.

Regardless of the repeated petitions by citizens and museum workers seeking an understanding of the value of the architecture and cultural assets, things have arrived a standstill. The Nitobe family in charge of the material has sought an injunction from the Aomori District Court to prevent the museum from being demolished and reinvestigate its earthquake preparedness based on the newly discovered blueprints.

The museum has been seeking donations to restore the infrastructure cut off by the city on July 1, and the museum and its properties have been maintained by local volunteers.

We are asking for help to make the city step down, and prevent the demolition of the Nitobe Memorial Museum which preserves the spirit of Inazo Nitobe and the history of Towada City. We would be pleased if you would be willing to sign this petition and lend your support.

The Committee to Save the Towada

賛同者の署名は以下の宛先へ届けられます
  • 青森県十和田市長 小山田久様


    save the towada 新渡戸記念館をまもる会 さんはこのキャンペーンを賛同者1名から始め、今では20,303名の賛同者を集めました。あなたも、変えたい課題に対して、キャンペーンを始めてみませんか?




    今日:新渡戸記念館をまもる会さんがあなたを信じています

    save the towada 新渡戸記念館をまもる会さんは「未来に遺したい日本の精神。新渡戸記念館を廃館・取り壊しにしないで!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!新渡戸記念館をまもる会さんと20,302人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。