昭和女子大学においてCOVID-19の対応に対する学費減免措置を求める署名活動

0 人が賛同しました。もう少しで 2,500 人に到達します!


署名方法

・Eメールアドレス

  • 学生→学内メールアドレスを記入
  • その他→普段お使いのメールアドレスを記入

 

注意

この署名活動は、昭和女子大学関係者のみ対象のものです。学生、卒業生、また、その保護者等が対象となります。

 

COVID-19の拡散により、政府は4月7日、緊急事態宣言を発表しました。これを受け、昭和女子大学も、5月7日まで対面授業の停止、また、大学の敷地内への立入禁止となりました。それに伴い、図書館や食堂など、この時期多くの学生が使用したであろう施設は使用できません。そして、この立入禁止措置も、いつまで続くか分からないのが現状です。

 

昭和女子大学は、学費のうち、施設設備費として共通で130,000円(半年分)が当てられています。オンライン授業の提案やzoomの活用など、大学側が様々な対応を取ってくださっていることは、重々承知しています。ですが、学校施設を学生が満足に使用できていないにも関わらず施設費を全額払うこと、そして、一部休講となっている授業もある中で、授業料を全額払うことに、疑問を感じました。

 

アルバイト先が休業となり、アルバイトの収入がない学生も多くいます。そして家庭の経済的状況などにより、アルバイトや奨学金制度を利用して学費を捻出している学生にとって、これは酷であると言わざるを得ません。

 

そこで、昭和女子大学のすべての学生(私費外国人留学生を含む、学部生および大学院生)の学費・諸会費の減免を求めます。

【詳細】

・昭和女子大学の全学部・学科における「入学金及び学費(授業料・施設設備費・実験実習教材費・厚生文化費・学友会費等)」、「光葉同窓会費」の減免

・昭和女子大学大学院の全学科・専攻における「学費(授業料・施設設備費・実験実習教材費・厚生文化費等)」、「光葉同窓会費」の減免

 

昭和女子大学学則 第7章第51条 及び 昭和女子大学大学院学則 第7章第43条により、一旦納入した諸料金は事情の如何に関わらず返還しないとあるため、本署名活動は減免の請求を致します。

 

本署名活動の目的は、減免の請求だけでなく、学生の協働、社会参画、遠くなってしまった学生と大学との距離を近づけることでもあります。

この活動は、決して大学への批判の意図はありません。この状況に日々不安を感じているのは学生だけでなく、教員や学校職員も同様です。そして、日々この現状に対し努力し、学生へ最善を尽くしてくださっている事を理解しております。そして私も深く感謝しています。

 

学費の減免を実現させることを目標とし、学内全体で協働しましょう。

 

発起人

国際学部英語コミュニケーション学科 1年

中川 萌花

 

協力者(プライバシー保護の観点から、一部情報を伏せています。)

生活科学部健康デザイン学科 1年 藤波 音羽

グローバルビジネス学部ビジネスデザイン学科 1年 村上 葉南

国際学部国際学科 1年 櫻井 美香

人間文化学部歴史文化学科 2年 N.M

国際学部英語コミュニケーション学科 1年 北條 愛佳

ほか1名

 

賛同者

1400名以上

 

4月20日

4月31日 17:10 加筆修正済

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

How to sign the document

・Email address


○Student→Internal email address
○others→Email address you often use


⚠️Attention⚠️


Only authorized people of Showa Women's University can attach your signature to this document.

 

By the diffusion of COVID-19, japanese goverment presented Emergency declaration on april 7.
With this, Showa Women's University decided  to stop face-to-face classes and to ban from entering its site.
With this, facilities student might utilize, for example libralies and cafeteria, are out of service.
And now, we don't know how long this no-admittance will last.

130,000 yen in our tuition is used for facility cost in common in Showa Women's University.(half a year)
We acknowledge our university correspond this situation by online lesson,utilization of Zoom and etc.
But,we doubt that we pay all of facility cost although we can't use the facility well and
all of school fees because some classs are canceled.

 

There are many students who are taking their salary because their workplaces take a leave.
And,this is terrible for students who pay tuition by using shcolarships or part time jobs 
because of family financial situations.

so, we ask some reduction of tuition and membership fees of all of Showa Women's University's student
(undergraduate and graduate student,Privately funded international students).

 

【Details】
・Reduction of and exemption from "an entrance fee and school fees (tuition fee, facility equipment fee, experimental training material fee, welfare cultural fee, alumni association fee, etc.)" and "Koyo alumni association fee" in all faculties and departments of Showa Women's University

・Reduction of and exemption from "school fees (tuition fee, facility equipment fee, experimental training fee, welfare cultural fee, etc.)" and "Koyo alumni association fee" in all departments and special studies of Showa Women's University Graduate School

According to Showa Women's University School Regulations Chapter 7 Article 51 and Showa Women's University School Regulations Chapter 7 Article 43, the fees once paid will not be refunded regardless of the circumstances, so this signature campaign claim reduction and exemption.

 

The purpose of this signature campaign is not the only claim of reductions and exemptions but also to collaborate with students,
to participate in society, and to bring the distanced students closer to the university.
This campaign is not intended criticism of the university at all. Not only students but also teachers and school staff are worried about this situation every day. And we understand how they work hard on this situation every day and do their best for students. And we are deeply grateful.

Collaborate throughout the university with the purpose of realizing reductions and exemptions.

 

Originater

Nakagawa Moeka, 1st, Faculty of International Studies, Showa Women's University

 

April,20th