オンライン授業の整備と、全国の公立学校の始業を9月からに!

0 人が賛同しました。もう少しで 500 人に到達します!


 今、コロナウイルスが世界中で蔓延しています。学生である私たちは現在、授業を休止して、学校から配布された課題や塾からの宿題をひたすら家でこなす日々を過ごしています。こんな状態がいつまで続くのか、楽しみにしていた部活や学校行事はどうなるのか、もう一年を切った受験は果たしてどうなるのか。最近の私はそんなことばかり考えていました。ニュースを見ても、コロナ禍における教育方針について議論されている様子は殆ど見られませんでした。

 休校をはじめとする緊急措置を取るには学校単体ではなく教育委員会や文部科学省といった上位組織の判断を仰ぐ必要があります。

 上位組織からの指示がない限り学校の先生方は「あくまでも暫定的な学校再開の日に向けて」仕事をしなければならないという事です。このステップは昨今の現状において必要外の時間がかかってしまうように思えます。政府が発出した緊急事態宣言によって各教育機関の対応が不揃いになっている現状では、私は尚更、指示系統が分散して教育の格差が複雑化していくのではないかと思っています。

 それによって生じる教育の地域差を防ぐために、私は次の3つの提案を文部科学省に提出したいと考えています。

1:全国的に公立高校の始業を9月からにする。(コロナ収束後も継続)それまで学校機関を休止させる。

2:9月の始業までにコロナが収束しなかった可能性を考慮して休止期間中にオンライン授業の整備を行う。

3:2020年度入試を7〜8月を基準に実施する。

 全国的な始業を9月からにし、それに付随して入学試験も夏にスライドさせるというのは、少々突飛に聞こえるかもしれませんが、私はそうは思いません。世界的な規模で見たら学校が九月に始業している国はいくつもあるからです。

 例えばアメリカは、諸説ありますが農業の収穫時期との関係で9月始業になったと言われています。他にもカナダやイタリア、イギリス、ロシア、中国、台湾も9月から学校が始まります。日本も明治維新以降はアメリカに倣って9月に始業していたそうですが、これが4月始業に改正されたのも財政赤字を是正するためであったり、当時の主要産業であった米の収穫時期に合わせるためであったりと、各時代の趨勢に合わせた体制になっていたことが伺えます。これは今の状況にも言えることであると思います。

 こういった始業時期をずらそうという試みは実際にコロナウイルス騒動の前から行われていて、例えば東京大学では2010年の3月に国際的な人材の育成を目的に「学部段階の秋入学(9月入学)への全面移行」の方針を示しています。

 当時は大胆な改革を受け入れる土壌が日本の教育界に乏しかったという理由で断念されていましたが、ICT教材の導入やオンライン授業の台頭などといった教育環境の多様化によって実現し得る方法はいくつも存在するのではないでしょうか。

 他にも、いま全国各地で9月始業にするべきという声が少しずつ聞こえ始めています。今一度その価値を議論するべきではないかと考えます。

 また、オンライン授業についてももう既に実施されている自治体や学校はいくつかありますが、先述した教育の地域差の面からも、国の施策として全国的に、一律で行う必要があると思います。

 勿論、解決すべき課題はたくさんあります。それらについては事前に協力してくれる人達と話し合い、私たち学生が考えられる範囲で解決策を提案したいと考えています。

 しかし、この提案の実現には、やはり皆さんの賛成が不可欠です。昨今の状況と、これからの教育について考え、もし賛同してくれる方がいるなら、どうか力を貸してください。

 私たちが掲げるのは、所詮は唯の理想論で、いち学生の戯言かもしれません。

 けれど、こうして私たちの時間が不条理に毟り取られているいま、先が分からなくて不安に駆られるいま、このいまを変えられるのは私たちです。