学費の減額をめぐる学生声明(慶應義塾長宛て)// Student statement considering reduction of tuition fees

0 人が賛同しました。もう少しで 200 人に到達します!


学費の減額をめぐる学生声明(慶應義塾長宛て)
 
慶應義塾長 長谷山彰 殿
 
まず、慶應義塾大学に感謝の言葉を伝えたい。
 
政府によって緊急事態宣言が発令されるよりも前から独自にキャンパス閉鎖を決め、学生と職員の安全と健康を守ってくれた勇断に感謝している。大学内施設の閉鎖に伴い、図書館の資料の延滞金が免除されたことや、返却期限の自動更新といった対応も、混乱を巻き起こしつつ完璧ではなかったが、最終的に学生の不安を緩和させたであろう。また、障害のある学生の情報とオンライン授業へのアクセシビリティをサポートする取り組みも高く評価したい。一歩ずつ、大変な事態に精一杯取り組んでいる大学が学生の味方になっているように思えた。
 
しかし、入学式の延期、授業開始の延期、キャンパスの閉鎖といった新型コロナウイルス対策が次々と決まる中、何事もなかったかのように届いた一通の手紙、「授業料等払込のご案内」だ。とても不快な気持ちにさせられた。オンライン授業にて講義を受け、単位を取得することに例年通りの授業料を請求してもいいのだろうか。大学は単位を取得する場所だけではない。オンラインでは実現不可能な大学生活が存在している。学費の減額を求める署名活動が少なくないが、この声明では改めて、学生に欠かせない大学生活の重要性を訴えたい。
 
大学は教育という大きな使命を帯びている。これは知の伝承と創造を意味し、人材の育成という意味も持っている。大学の授業がオンラインに移行することでどんなことが起こり得るだろうか。まずは、教育の質の低下の可能性を否めない。同じ学びの空間を共有することができない上に、インタラクティブに学ぶ機会が失われる。さらに授業開始前に履修登録を確定せざるを得ない状態に置かれた学生は授業を体験して、選ぶ自由も失っている。出席確認や成績評価のためにレポート作成に追われてしまい、通常よりも集中力と労働力を使うことになるだろう。与えられた課題をこなすことは教育ではない。教育には「オン」だけではなく、「オフ」も必要である。
 
大学のキャンパスで何ができるだろうか。教室という空間で授業を受ける、図書館で本を探して借りる、新しい友達と出会う、学食で共に食事をする、中庭ですれ違った人と雑談をする、サークル活動に没頭する、などなど。大学は学生に「授業」だけを与えていない。ここは友情や愛情が芽生えて、一生続く関係が生まれる場所でもある。人と人をつなぐ場所でもあり、人の感情に触れて、自分に出会って、成長する場所でもある。夢が生まれ、就職先が決まる場所でもある。大学のキャンパスは学生にとって大切な居場所である。その居場所が私たちから奪われたのである。
 
そんな居場所に辿り着けない人もいる。入国制限を含む国境閉鎖の影響で、私たちと一緒に新学期を迎えられない留学生の数々。日本語を勉強して、日本の文化に触れながら日本で学ぶことを楽しみにしていた彼ら彼女らは入国できないまま授業を受けることになる。外国語でのオンライン授業で聞き取れない部分やわからない部分が出てくるだろう。国内でしか手に入らない教材や参考書を手に取ることができないだろう。日本の文化や社会を研究したかった人が調査する機会を失ってしまう。舞い散る桜の花びらを見ながら、ワクワクする新生活を味わう機会が失われてしまう。例年通りの授業料を請求してもいいのだろうか。
 
大学院に所属している大学院生の研究にも大きな影響が出ている。研究に必要な資料を図書館で受け取ることができなくて、大学のキャレルデスクで研究を進めることもできない。学会や研究会が次々と中止になり、ゼミナールを含め、研究を発表する場もなくなっている。インタビューやフィルドワークももちろんできなくて、現状にも将来にも不安を抱えている大学院生がたくさんいる。研究にも人と触れ合って、人と対話を交わし、人と空間を共有することが重要である。
 
国内外問わず、「コロナ危機」が経済に大きな影響を与えている。これはこれからの、極めて長い戦いである。春学期の授業料を納めた人が、秋学期は払えない事態に陥る可能性があるだろう。多くの学生がアルバイトの収入を失い、退学を検討している人もいる。奨学金の制度が全員を救うことはできない。また、授業料等延納を申請できない人も出てくるだろう。既に数多くの国が郵便物の引き受けを停止ており、留学生が「保証人の署名」をもらうことができない状態にある。どうか、退学を選ばざるを得ない学生を大学側で守ってください。
 
私たちは授業を受けるために、それだけのために「授業料」を納めていない。大学の職員も、教員も、学生も大学という場所で日常生活の大半を過ごしている。キャンパスライフからキャンパスがなくなったときに何が残るのだろうか。失われてしまったことに真摯に向き合うことが大事なのではないだろうか。コロナの時代に日々失うものばかりで、不安が高まるなか、大学を運営する人と大学を利用する人が提携すべきではないだろうか。お互いの需要を想像しながら、対話を通して、これからの大学の在り方を共に考えていく。この声明は対話に踏み込むための第一歩である。一変した大学生活に向き合って、慶應義塾大学に授業料の減額、及び返納といった対策を検討すること求めている。
 
2020年4月23日

慶應義塾大学大学院 博士課程 プルサコワ ありな

慶應義塾大学大学院 博士課程 中村香住

慶應義塾大学大学院 博士課程 上岡磨奈

 
※ この声明に賛同するためには慶応義塾大学の関係者であることは必要がない。学生、保護者、教員、職員をはじめ、教育を考えたい人のメッセージを受け付けており、声明とともに、4月末に慶應義塾長宛に提出する。また、メッセージはもちろん、文字に限らず、多様な形で募集する。

→ Twitterにても募集: KeioABR

---------------------------------

Student statement considering reduction of tuition fees (Addressed to President of Keio University)
 
Professor Akira Haseyama
President of Keio University,
 
First of all, let us start with saying thank you to Keio University.
 
Before Japanese government declared the state of emergency, Keio University has made a courageous decision to close university campus, protecting the safety and wellbeing of its students and staff. Due to the closedown of the university facilities, library overdue fees were waived, and loan period have been extended. Even though these decisions were preceded by confusion, at the end, they succeed in decreasing student’s stress. Likewise, the continuous support of students and staff with disabilities is worth of mentioning. Little by little, it seemed like university was on student’s side during this difficult period.
 
However, despite the delay of entering ceremony, delay of classes and closure of university campus - a letter was delivered to all students; a tuition fee invoice. Almost like nothing had happened at all. It left an uncomfortable feeling. Is it acceptable to request the same payment for online classes only? University is not just the place to earn credits. There is more to university life – not all needs can be fulfilled online. There are more than many petitions to lower university fees right now, however, this statement’s purpose is to remind once again that university life is not just taking classes.
 
One of the biggest university purposes is to educate. This purpose includes creation and transmission of knowledge, but also development of future human resources. How can university life be affected by transition to online education? First of all, the deterioration of education quality cannot be denied. Students have not only lost the opportunity to study in proper learning space, but also the opportunity to experience interactive education. All classes must be selected beforehand – this means that student have lost the ability to choose classes depending on experience. Class attendance will be mostly counted by submitting reports online – this means that students will have to use more concentration skills than ever. Submitting tasks and reports is not education. Educations needs to go offline from time to time in order to be meaningful.
 
What can you do at university campus? You can take classes at classrooms, search and loan books from library, meet new friends, eat together at the cafeteria, chat with people, indulge in club activities, and more. University is not just a place to “take classes”. This is the place where friendship and love are born; where we meet people, who stay with us through our life. This is the place where people connect; where you encounter people’s emotions and grow as a person. This is the place where dreams are born. This is the place where we find our future. University campus is an important living space for students. And we have been robbed of this space.
 
Let’s not forget that there are people who won’t be able to join us this semester. Due to the closed borders around the world many exchange and foreign students won’t be able to travel to Japan. What about all the troubles and misunderstanding that can happen during online classes? What about the possibility that they won’t be able to find textbooks and needed material for their classes? Many were looking forward to experience and research Japanese culture, but not many will have the opportunity to do so. Is it acceptable to request the same payment for this education?
 
Graduate students are facing troubles too. With closed campus, they cannot acquire needed material and books for research, they have lost their learning space and a place to present their research. No need to say, it is almost impossible to carry out fieldwork and interviews. Many young researchers are uncertain not only about recent situation, but about future too. Research activity, same as education, requires connection and conversation with people to be meaningful. We need to share a space together.
 
Coronavirus has damaged the economy around the world, and this long fight is only starting. There is no certainty that those who were able to pay this semester, will be able to do so in autumn. Students have lost their jobs and income – many consider withdraw from university already. Scholarship system is not capable of saving all. Nor is the system of tuition deferment. Due to closed borders, foreign students are unable to collect the guarantor’s seal – much needed for deferment application. In this difficult time, we ask university to stand by students’ side.
 
We do not pay tuition fees only for our “classes”. University staff, professors, students – we all spend most of our everyday life at university campus. But what happens when campus is gone from university life? Isn’t it important to sincerely confront the situation? Every day we lose something to coronavirus and every day we fear more. In these difficult days, we believe that not aggressive confrontation, but a collaborative action between university and students is needed. We must imagine our mutual needs and rethink the future of university together – through the conversation. This statement, a message from students, is a step to open this conversation. We ask Keio University to reconsider the tuitions fees, or if not possible, to consider other ways of supporting its’ students.
 
April 23, 2020

Alena Prusakova, Keio University

Kasumi Nakamura, Keio University

Mana Kamioka, Keio University
 
※ There is no need to be a member of Keio University to agree with this petition. Student, parents, teachers and others – everyone who is willing to rethink education is welcome. All submitted messages will be sent to Keio University along with the statement at the end of April. Please note that we accept any kind of message – it doesn’t have to be words. 

→ Message us on Twitter: KeioABR