キャンペーン成功!

大阪府中学生「チャレンジテスト」6月17日実施は中止してください!

642人の賛同者により、成功へ導かれました!


大阪府教育委員会はコロナ感染対策のため休校中の4月13日、

中学3年生チャレンジテスト6月17日の実施を公表しました。

大阪の中学生の命と健康を守るために、

「チャレンジテスト」は中止してください。

4月7日、安倍首相は新型コロナウイルス感染症対策本部で特別措置法に基づく緊急事態宣言を発令しました。東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の7都府県が対象、実施期間は7日から5月6日までです。それを受け、感染が拡大している大阪では、4月13日吉村知事によって休業要請がなされました。

現在、大阪の学校はすべて休校中です。児童・生徒をはじめ教職員も保護者も、感染の危険を抱えながらこの未曾有の出来事に対処していくのが精一杯の状況です。

ところが、その13日に、大阪府教育委員会はホームページで、大阪府公立中学統一テスト「中3チャレンジテスト」周知リーフレットを公表しました。そこには、6月17日に中3チャレンジテストを実施するとありました。

これには驚きを禁じ得ませんでした。多くの学校関係者は、3月から2ヶ月以上の休校が続くため、6月17日の実施はできない、またやるべきではないと考えていました。その上、5月7日以降学校が再開できるかどうかの不安も抱えています。再開できたとしても、学校で何より優先したいことは、子どもたちの命と健康を守ることです。学習はもちろんのこと、心のケアと互いの関係の回復が必要です。にもかかわらず、教育委員会は休校中であることを承知しながら一方的に実施をホームページに掲載したわけです。

「チャレンジテスト」は全国で唯一、その結果が高校入試の内申に影響します。大阪府教育委員会はホームページにおいてもテスト対策のための「中学生チャレンジテスト復習教材」を多量にアップしています。このような状況で実施を公表することは、休校中の学力補償を歪めてしまうことにもなりかねません。そしてなにより生徒を追いつめることになります。4月16日に予定されていた全国学力テスト(全国学力・学習状況調査)はすでに中止が表明されています。

新型コロナウイルス感染症の影響下、おとなも子どもも心身ともに疲弊しています。このような状況下での実施は、生徒はもちろん教員、保護者をもさらに追いつめることになります。

6月17日の中学3年チャレンジテストの実施は中止し、そのことを生徒や教職員に即刻伝えてください。



今日:子どもをテストで追いつめるな!市民の会さんがあなたを必要としています

子どもをテストで追いつめるな!市民の会さんは「大阪府教育委員会: 大阪府中学生「チャレンジテスト」6月17日実施は中止してください!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!子どもをテストで追いつめるな!市民の会さんと641人の賛同者と一緒に賛同しましょう。