このキャンペーンは終了しました

【コロナの影響により】大阪学院大学の学費(授業料・施設設備費)減免を求めます!

503人の賛同者が集まりました


【コロナの影響により】大阪学院大学の学費(授業料・施設設備費)減免を求めます!

「今すぐ賛同」を押していただき、以下の情報入力をお願いいたします。

○学籍番号(在学生のみ)

○フルネーム

○メールアドレス(学校用のgmail等)

賛同後、ご登録いただいたメールアドレスにメールが届きますので認証をお願いいたします。

皆様のご協力よろしくお願いいたします。

*大学当局も新型コロナウイルスの被害者です。前例のない状況の中で、オンライン授業への対応等、教職員の皆様が私たちに教育を提供する為に尽力されていることに心から感謝いたします。

我々大阪学院大学在学生は学費の減免を要求する正当な理由があるということで今回署名活動を始めさせていただきました。本著名活動の目的は「学費(授業料・施設設備費)の減免」にあります。以下の内容に賛同いただける方、ご署名をお願いいたします。

大阪学院大学では、半年に一度55万程の学費(授業料・施設設備費)が必要になります。(以下内訳)

商学部、経営学部、経済学部、法学部、外国語学部、国際学部

学費:464,000円

施設設備費:60,000円

情報学部(単位制授業料制度)

学費:547,000円

施設設備費:60,000円

4/10からオンライン授業がスタートし、6/4まで本学への立ち入りが禁止されています。(現時点2020/04/30)学校側も非常事態に対する策を模索中だと思いますが、オンライン授業に関しまして、通常通り行われている対面授業とは見合わないという意見も挙がっています。

例)

・直接質問ができない

・通信に時間がかかる

・授業時間が少ない

・通信環境が整っていない

そのため、例年通りの学費を納めるに値しないと考えます。加えて、施設設備費は本来私たちが利用する予定の図書館・学生食堂をはじめとする様々な施設・水道代・空調代等に当てられています。今現在全く施設を利用することが出来ない私たちが、例年通り施設設備費を納めたとしてそれに見合うサービスを受けられると思えません。

他大学では、既に学生全員に5万円の支給や施設設備費、授業料の一部返還をする動きも出てきています。通常とは違う形での授業形態で、学生・教職員双方に不憫なことが多くあります。コロナウイルスの影響により経済的に厳しい中で、例年通り学費を納入することは受け入れ難いものです。よって、我々大阪学院大学在学生は大阪学院大学に一律の学費の減免を求めます

大阪学院大学在学生、関係者の方々、大学側の真摯な対応を求める方は、ご署名をお願いいたします。

 



今日:小西さんがあなたを必要としています

藤野 廣瀬 小西さんは「大阪学院大学: 【コロナの影響により】大阪学院大学の学費(授業料・施設設備費)減免を求めます!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!小西さんと502人の賛同者と一緒に賛同しましょう。