Petition update

キャンペーン初日1400人のご賛同ありがとうございます!

大阪府関係職員労働組合

Oct 1, 2020 — 

キャンペーンのスタートと同時に、いち早くご賛同・ご支援いただいたみなさま、ありがとうございます。心より感謝申し上げます。

自分たちの声は届くのか、そんな不安の中でドキドキしながら始めたキャンペーンでしたが、開始1日で賛同は1500人に迫り、250人以上の方にシェアしていただいています。みなさんのご賛同の広がりや力強く温かい応援コメントを拝見し、ドキドキはワクワクへ、不安は希望へと変わっていきました。

私たちはみなさんのご賛同とご支援を力に、さらに1万、5万、10万と賛同の輪を広げ、必ず大阪府や国(厚生労働省)を動かして、全国の保健所、保健師を増やす力になりたいと考えています。引き続くご支援をよろしくお願いします。

キャンペーンに賛同していただいたお二人の弁護士さんより心強く、温かいメッセージをいただきましたので紹介します。

----------

保健所は感染症予防の最前線

「新型インフルエンザ等対策特別措置法」と並んで、コロナ対策のための基本的な法律である「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」によれば、感染症の予防や患者に対する医療に関して、中心的に「必要な措置」をするのは、都道府県、及び「保健所を設置する市又は特別区」(同法64条)と規定しています。

各自治体の保健所が、その最前線の機関となると思います。そのような大事な機関であるにかかわらず、全国の保健所数は663(1998年)から480(2016年)と大きく減少しています。

保健所の職員の皆さんが、気をつけて、頑張っていただくことを願うとともに、組織、人員の拡充が必要と思っています。

弁護士 中尾 誠

----------

保健所減は公衆衛生維持の危機

この間、保健所が減らされ続けて、わが国の公衆衛生維持は危険な状態にありました。今回のコロナ危機はそれが顕在化したものにすぎません。バッファーをもたないシステムは脆弱なものです。今回の要請は国民の健康を守るという「行政本来の姿」に戻ってほしいというだけのささやかなものだと思います。

これは全国共通の課題ではありますが、一つの地域で獲得すれば、たちまち他の地域にも波及していく性質のものです。

弁護士 城塚 健之

----------

今後もみなさまから寄せられる応援の言葉や進捗状況、イベントのご案内などは、Facebookページやツイッター(大阪府職労@fusyokuro)でもお知らせしますので、ぜひ、ご覧ください。


Keep fighting for people power!

Politicians and rich CEOs shouldn't make all the decisions. Today we ask you to help keep Change.org free and independent. Our job as a public benefit company is to help petitions like this one fight back and get heard. If everyone who saw this chipped in monthly we'd secure Change.org's future today. Help us hold the powerful to account. Can you spare a minute to become a member today?

I'll power Change with $5 monthlyPayment method

Discussion

Please enter a comment.

We were unable to post your comment. Please try again.