このキャンペーンは終了しました
宛先:総務大臣 新藤 義孝 と7人の別の宛先

所在不明児童ゼロの社会を目指します!

31,689
人の賛同者

日本と海外の子ども虐待対応における科学者兼実践家による有志チーム(@childfirsttan)
NPO法人子ども虐待ネグレクト防止ネットワーク理事長 山田不二子 医師

『所在不明児童に対する多機関連携の徹底と「情報照会(突合)システム」の創設を要望します』

 

2014年5月、神奈川県厚木市で、父親の育児放棄の末亡くなった5歳児の遺体が7年越しに発見された事件は、記憶に新しいと思います。この男児は3歳半健診を未受診で、3歳のとき10月の朝4時半にTシャツにオムツ、裸足のまま路上を歩いているところを保護されていましたが、ただの迷子として処理されていました。その後、就学時健診も受診せず、一日も小学校に登校することのないまま、1年後に機械的に学齢簿を削除され、調査も打ち切られていました。

異変を察知しうる情報はあちこちにあったのに、それらが集約されることなく、バラバラの「些細な情報」として扱われたために、7年もの間だれもこの悲劇に気づくことがありませんでした。

現在、行政が居住実態を把握できていない「所在不明」の子どもが、日本に少なくとも141人います。乳幼児健診未受診、住民票はあるのに就学していない等に該当するこれらの子どもたちは、虐待やネグレクト(育児放棄)の被害にあっている可能性があります。

現行制度では、地域連携の場である要保護児童対策地域協議会で情報を集約し、それでも所在がわからない場合児童相談所が警察に「行方不明者届」を出す、という手続きを取っています。しかし、各部署が最低限の所管の範囲でしか確認をせず、「たぶん大丈夫だろう」という甘い憶測から、踏み込んだ捜索をしていないのが実情です。

また一方で、所在不明の子どもの中には、住民票を移動させずにDVや虐待の加害者から身を隠しているケースが多くあります。転入出情報を自治体間で直接やりとりすることで加害者に情報が漏洩するリスクを考えると、被害者親子の安全を確保しつつ安否確認をするためには、別機関が介在して子どもの情報を別途管理するシステムが必要です。

そこで、私たちは以下の2点の改善を求めます。

・自治体内の部署・機関間での情報共有を徹底し、所在不明児童の安否確認に努める。

・中央官庁に『所在不明児童の情報管理・照会システム』を創設し、現住所を特定せずに自治体間での安否確認を可能にする。

 社会に見守られていれば助かったはずの子どもが、大人の事情に巻き込まれてセーフティネットの網目から落ち、何の非もない命を落とすという悲劇をもう見たくありません。子どもたちの安全を守るのは、私たち大人の責任です。子どもたちの未来のため、皆様のご協力をお願い申し上げます。

*****************************************************************************************

※【2015/5/21更新】これまで2014年7月報道の産経新聞の調査を参考に、所在不明児童の数を「1600人以上」と表記してきましたが、2014年11月公表の厚生労働省の調査を元に、「141人」に訂正しました。

【参考】なぜ救えなかった?幼い命|特集まるごと|NHKニュース おはよう日本 http://www.nhk.or.jp/ohayou/marugoto/2014/06/0609.html

★要望書は、以下のリンクよりご覧ください。

・要望書(一般の方向け概要版)

https://drive.google.com/file/d/0B6fy-ElAtOldb3dzZWw1Q2plakk/edit?usp=sharing

・要望書(子どもに関わる専門家向け提出予定版)

https://drive.google.com/file/d/0B6fy-ElAtOldYXhyYzQ2WUl0MXc/edit?usp=sharing

★子ども虐待防止ネグレクトネットワーク理事長・内科医の山田不二子先生から、今回の所在不明児童対応のポイントとメッセージをわかりやすくご説明頂きました。インタビュー動画(6分)はこちらからご覧下さい(2014年8月16日)

https://www.youtube.com/watch?v=8SDtBwjiwZM

★ルポライター・杉山春さんからの所在不明児童対応の必要性についてメッセージをいただいています。インタビュー動画(3分)はこちらからご覧ください。(2014年8月14日)

https://www.youtube.com/watch?v=Fnogdl1YYZE&feature=youtu.be

*****************************************************************************************

 

 

 

署名は以下の宛先へ届けられました:
  • 総務大臣
    新藤 義孝
  • 内閣総理大臣
    内閣総理大臣 安倍晋三
  • 内閣府総理大臣
    安倍晋三
  • 内閣総理大臣 安倍 晋三殿
  • 厚生労働大臣 田村 憲久殿 
  • 文部科学大臣 下村 博文殿
  • 総務大臣 新藤 義孝殿
  • 国家公安委員会委員長 古屋 圭司殿


Child First Lab. さんはこのキャンペーンを賛同者1名から始め、今では31,689名の賛同者を集めました。あなたも、変えたい課題に対して、キャンペーンを始めてみませんか?




今日:Child First Lab.さんがあなたを信じています

Child First Lab.さんは「内閣総理大臣 安倍 晋三殿: 所在不明児童ゼロの社会を目指します!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!Child First Lab.さんと31,688人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。