Confirmed victory
Petitioning みんなの党代表 渡辺喜美 and 16 others

全政党党首へ:2013年度における通常国会において公職選挙法を改正し、インターネットを利用した選挙運動の実現を! #one_voice

1,431
Supporters

インターネットによる選挙運動の実現を含めた、政治の世界におけるインターネットの利用による市民一人ひとりの声が届く社会にするために、2013年度通常国会において、公職選挙法を改正しインターネットを利用した選挙運動の実現を!

 

一人ひとりの声がもっと届く社会にするための第一歩として、インターネット選挙運動の解禁を目指し活動しているOne Voice Campaign.

これまで、ネット選挙運動について、長い議論や活動がされてきました。しかし、現代のように、インターネットが生活者レベルまで利用が普及している中、いまだ選挙期間中のネットによる情報発信や政治家の活動の更新ができない状況です。

Twitterなどの利用の普及によって、政治活動に利用する議員や一般市民の人たちによる情報発信が次々と起こり、企業においても、楽天が運営する政治家へ対するネット献金サイトの「楽天政治LOVE JAPAN」や、大手検索サイトのYahoo!がインターネット上の選挙運動解禁を求める署名活動をおこない、7万件以上の署名を行うなど多くの動きがおこりました。また、NPO法人ドットジェイピーを運営する佐藤大吾氏や、若者の投票率向上の促す学生団体「ivote」、民間の有志などが集いTwitterによる模擬選挙運動などを通じた政治意識を高める活動の「Good Net Voting」など、様々な活動がおこなわれ、ネット選挙運動に関する意識が次第に高まってきました。

TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアが日常に浸透するとともに、「アラブの春」に代表されるように、諸外国において現状を変えるうえでソーシャルメディアが大きな役割を果たしていることを目撃し、私たち自身も、東日本大震災において、ソーシャルメディアなどの利用が情報の発信や個人のアクションを促すことを経験してきました。

日本政府も、Twitterなどによって災害時などにおける安否確認の情報発信や確認システムの作成を官民が連携して情報発信の強化に務めるなど、インターネットの利用はこれからの時代においてなくてはならない存在となっています。

また、アメリカのオバマ大統領の再選における、選挙活動時にみならず日々の政治活動においても、インターネットを通じ、有権者らと政策について議論するなど、インターネットを利用し、様々な法案に関する意見を吸い上げ、選挙においても広報活動などにも多く利用されました。

もはや、政治とインターネットは、時代においても、ただのツールではなく、政策の議論や市民の声を聞き、より多様な生活を築くために欠かせないものなのです。また、インターネットの利用は、有権者だけでなく議員にとっても重要なものになってきます。議員の考えを有効に発信し、また、議論や反論が行えるためのメディアとして機能します。現状では、誹謗中傷やデマに対して、なんら反論できない状況は、議員にとっても解決しないといけない問題なのです。

今こそ、日本におけるインターネットを政治にさらに利用し、有権者の政治参加や社会参画を促すために、選挙時におけるインターネットの利用を実現し、新しい政治の形をつくりあげることは急務です。

ぜひ、各政党は、いまの時代におけるインターネットの重要性を認識し、政治の現場、選挙におけるインターネットの利用の促進のために、公職選挙法の改正案によるインターネットによる選挙運動を実現し、これからの社会を有権者や議員含めた、広く多くの人たちで考え行動する時代にしていきたいと考えています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【参考リンク・メディア掲載】

One voice Campaign インターネット選挙運動解禁へ向けて 

2012年11月29日に、業界、ジャンルを超えて、インターネットと政治について議論するシンポジウムも開催します。

「インターネットと『新しい政治』―その実現へ向けて」 シンポジウム

2012.8.28

テレビ東京 ワールドビジネスサテライト

2012.5.31
テレビ東京 ワールドビジネスサテライト

2012.5.30

「みんながもっと声を出していける社会をつくる、きっかけになりたい」ネット選挙解禁を目指すOne Voice Campaign 原田謙介さん&江口晋太朗さん[インタビュー] | greenz.jp グリーンズ

2012.5.26

「ボクらの声を政治に届けよう」300人の学生が繋ぐメッセージ | オルタナS

2012.5.25
ネット選挙運動解禁への課題は“国民の無関心”?――与野党議員と津田大介さんら議論 - ITmedia ニュース

2012.5.24
ネット選挙解禁を呼びかける『One Voice Campaign』 - ガジェット通信

2012.5.23
国会議員らがネット選挙解禁を約束 「ONE VOICE サミット」開催|政治の情報プラットフォーム【政治山】

2012.5.23

今の公職選挙法は「ありえない状況」-One Voice Campaign 実行委員会に聞く(BLOGOS編集部) - BLOGOS(ブロゴス)

2012.05.12

朝日新聞社デジタル:「ネット選挙解禁を」若者動く 世界に後れ、危機感

This petition was delivered to:
  • みんなの党代表
    渡辺喜美
  • 内閣総理大臣
    内閣総理大臣 安倍晋三
  • 社会民主党党首
    福島みずほ
  • 日本共産党委員長
    志位和夫
  • 自由民主党総裁
    安倍晋三
  • 民主党代表
    海江田万里
  • 日本未来の党代表
    嘉田由紀子
  • 減税日本・反TPP・脱原発を実現する党共同代表
    山田正彦、河村たかし
  • 公明党代表
    山口那津男
  • 新党改革代表
    舛添要一
  • 新党日本代表
    田中康夫
  • 新党大地代表
    鈴木宗男
  • みどりの風代表
    亀井亜紀子
  • 国民新党代表
    自見庄三郎
  • 日本維新の会代表
    石原慎太郎
  • 国民の生活が第一代表
    小沢一郎
  • 内閣府総理大臣
    安倍晋三


One Voice Campaign started this petition with a single signature, and won with 1,431 supporters. Start a petition to change something you care about.




Stand with One Voice Campaign

One Voice Campaign needs your help with “全政党党首へ:2013年度における通常国会において公職選挙法を改正し、インターネットを利用した選挙運動の実現を! #one_voice”. Join One Voice Campaign and 1,430 supporters today.