Topic

women

10 petitions

Update posted 1 week ago

Petition to 厚生労働省, 厚生労働大臣

HPVワクチン男性にも無料接種を!

HPVワクチンの接種の積極的勧奨並びに、積極的勧奨がされてこなかった年代への無料接種が始まることが決定されました。しかし、男性はこの無料接種の枠から外れています。そのため、男性も無料でHPVワクチン接種ができるような体制を整えることを要望します。 海外では男女共に接種が行われている国が多くあり、男性もこのワクチンを打つことでの恩恵があります。具体的には男性がかかる、中咽頭癌、肛門癌、陰茎癌、並びに男女問わずの性的接触で感染する尖圭コンジローマなどの予防にもなることが明らかになっています。これらの疾患は性的接触によって感染が広まることが原因で起こるとされているため、その予防は男女共に接種をする必要があり、男性の接種率を高める必要があります。 また、男性の接種率を高める必要がある、もう一つの理由が、集団免疫を獲得することで子宮頸がん等の撲滅が近づくということです。すなわち、若い世代の中で男女共にHPVワクチンの接種率が向上することで、男女間の感染の広がりを抑え、接種していない女性の子宮頸がんも減少させることができるということです。しかし、男性がこのワクチンを接種しようとすると、その自己負担額は5-6万円ほどと気軽に接種できる金額ではないため、男性にも無料で接種できるような体制を作ることを要望します。 このワクチンは、日本での接種勧奨が始まった直後に重大な有害事象が報告されました。この事実は当然見過ごしてはならず、接種の際は慎重を期す必要があります。しかし、研究によって、HPVワクチンの接種と報告された有害事象の関連性は低いことが明らかになっています。また、先日の厚労省の副反応検討部会と医薬品等安全対策部会 安全対策調査会の議論で、「最新の知見を踏まえ、改めてHPVワクチンの安全性について特段の懸念が認められないことが確認され、接種による有効性が副反応のリスクを明らかに上回ると認められた」と報じられました。 多くの病気の予防になる大切なワクチンです。コンドームでは感染を防ぎきれないウイルスから私達とその周りの人を守るワクチンです。若年でかかることの多い子宮頸がんの予防の重要性を考慮すると、女性が優先的に接種する機会が与えられることは当然です。しかし、接種を希望する男性にも、このワクチンを受けられるように無料接種の対象に含むことを望みます。 男性がHPVワクチンを打つことは、男性を守るのみならず、女性を子宮頸がんなどから守ることにも繋がります。自己負担額が高く接種できていない人たちのために、ご賛同いただけると幸いです。 Voice Up Japan ICU共同代表 服部翼 Voice Up Japan ICU インスタグラムhttps://instagram.com/voiceupjapan_icu?utm_medium=copy_link Voice Up Japan ICU HPV ワクチンプロジェクトhttps://instagram.com/vujicu_hpvv?utm_medium=copy_link 【ご賛同頂いた先生方】 ・みんパピ!代表 稲葉可奈子 様 「予防できる病気をだれもが予防することができるように、男性自身のためにも女性たちのためにも、男性も定期予防接種の対象となって無料でHPVワクチンを接種することができるようになってほしいと期待しています✨」 ・みんパピ!副代表 木下喬弘 様 「HPVは男女問わず誰でも感染する可能性のあるウイルスです。中咽頭がんなどの男性に多いがんを防ぐ必要がありますし、尖圭コンジローマの予防も大切です。また、男性の接種率が上がることで、女性の子宮頸がんのリスクが下がる効果も期待されます。男子への補助の実現に力を貸してください。」 ・産婦人科専門医/MPH/みんパピ!プロジェクトメンバー 重見大介 様 「私自身、自費で3回のHPVワクチンを接種しました。現状は費用の負担が大きく、また男性が接種する意義を知らない人もまだまだ多いと感じています。産婦人科医として、子宮頸がん撲滅のため、身近な人に安心を届けるため、そして自分自身の健康のために、男性が広く接種できる体制の整備を日本でも実現できれば嬉しく思います。」 ・HPVワクチンforMe 産婦人科医 高橋幸子 様 「中高生向け性教育講演会でお話ししています。 「あれ、男子は守ってもらえないのかな?あれ、女子も高2をすぎるともう守ってもらえないのかな?何歳の時、誰にワクチンを打つか、それを決めるのって政治なんだよ。子どものためにお金を使うっていう政治家は、山ほどいるよ。でも、思春期のみんなの健康と教育のためにお金を使おう、って言ってくれる政治家を見つけて、応援しよう!」 当事者の声を届けましょう。女子のキャッチアップ接種は、叶うことになりました。声を上げた皆さまの力です。 男子にも定期接種でHPVワクチンを! #HPVワクチンforMe」 ・HPVワクチン for me まな 様 「HPVワクチンの接種機会を逃した人が自分の周りにも多くいることを知り、産婦人科医の高橋幸子先生や周りの学生と共に、HPVワクチンfor meという活動を始めました。署名活動をした際私たちが求めたものの中に「男性を対象とした定期接種化」も含まれていますが、いまだ実現に至りません。性別関係なく、打ちたい人が選択できる社会のために、若い世代からの多くの声が必要です!ぜひ一緒にご賛同ください。」 ・おのせ康裕 様   目黒区議会議員「人生100年時代。成人病の予防も進化していますが、依然 ガン撲滅には至っていません。予防できるガン、そしてその機会が奪われた期間があるならば、回復しなければならない。パートナーからも声をかけ、共に接種できれば、子宮頚がんをはじめとした様々な疾患を予防できます。このチャンスを活かしていく為に皆様の力を貸して下さい。」 【参考まで】 [HPVワクチンを男性も接種した方がよい3つの理由] https://minpapi.jp/hpvv-men/ [意外と知らないHPVと肛門がんの関係とは?] https://minpapi.jp/hpv-rectal-cancer/  [HPVワクチン接種した男性医師に聞く] https://www.news24.jp/articles/2021/03/30/07847474.html     English The Ministry of health, labor and welfare will be resuming the active recommendation of HPV vaccination along with calling on free vaccination for eligible girls and women during the 8 years period of ban on active recommendation. However, men are not included. Therefore we ask the government to allow men to be able to take this vaccine for free as well. In other nations such as the U.S.A and France, both men and women are eligible to get the HPV vaccine for free, and it has shown to be beneficial for men as well, as there are certain diseases such as Diapharyngeal Cancer, Anal Cancer, penile cancer and other sexually transmitted disease such as condyloma acuminata which can be prevented from this vaccine. Furthermore, condyloma acuminata can be transmitted through sexual intercourse, which means both men and women have to protect themselves through vaccination. Additionally, cervical cancer is deemed a cancer that can be eliminated and The WHO has taken on a global strategy for its elimination. However, herd immunity is key to its complete elimination. This is made possible through HPV vaccination to both male and female. Nevertheless, currently the cost of men to get the HPV vaccine is about 50,000 to 60,000 yen (500-600USD). Therefore, we demand the government improve the accessibility to the HPV vaccine for men as well. When the HPV Vaccine was called for, there were many reported cases of aftereffects. This shouldn’t be ignored, and it is important to carefully evaluate the implementation of the vaccine. Nevertheless, research has shown that the correlation between such aftereffects and the vaccine it self is low. Furthermore, this vaccine is proved to prevent many other illnesses and diseases. We do not believe that it is important to mandate the vaccine, but we wish that the government allows men to get access to this vaccine for free as well. Voice Up Japan ICU Co-representative Tsubasa Hattori   *本署名における男性とは、行政・医療上このワクチンを受ける際に男性として認識される方々のことを指します。ここでは、男女の区別なため、男性を無料接種の対象にすることは、ジェンダー問わず全ての方を対象とすることにつながります。

Hattori Tsubasa
8,391 supporters
Started 2 years ago

Petition to Katsunobu Kato , Chairperson , Chairperson

Please make emergency contraceptive accessible for all women!

日本語版はこちら Please make emergency contraceptive accessible for all women! ●  Some people don't have access to emergency contraception in Japan The emergency contraceptive pill (morning-after pill) is a pill that can prevent pregnancy in emergency situations, such as after having sex without sufficient protection, or after sexual assault. Though not 100%, the effectiveness rate is high. I represent a non-profit organization called Pilcon which strives to support young people’s sexual health issues. Just from reading the messages that young people have sent to us at Pilcon, it’s apparent that young people have no knowledge surrounding contraception in the first place, and for these people, the emergency contraceptive pill is extremely difficult to access. There are many people who have sent messages asking, “I had unprotected sex. What should I do?” Even if they do know that emergency contraception is an option, they’ve encountered further barriers: “I’m worried about what others would think, so it’s difficult for me to go to the gynecologist,” “I can’t be absent from work,” “The clinic is closed during weekends and holidays.” It’s clear that accessibility to emergency contraception is very low for many. The only nationally approved emergency contraception brand, NorLevo, costs about 10,000 yen (about 93 USD) per dose. Also, emergency contraception is a prescription-needed medicine so that not available at pharmacy and one always has to see a doctor. Combined with medical consultation fees, the total cost may come out to about 6,000-20,000 yen (55-180 USD). In addition, not all obstetricians/gynecologists provide this option; clearly, the morning-after pill is not something one can easily buy in Japan. If the person seeking emergency contraception does get pregnant in the end, they would be forced to choose between giving birth to the baby or getting an abortion. Victims of sexual assault can receive financial assistance for getting emergency contraception, but only 3.7% of victims actually go to the police (*1). Furthermore, the police do not provide emergency contraception. The need for a prescription and uncertainty of availability present serious problems for someone who needs to take the emergency contraceptive pill as soon as possible within 72 hours. It’s not just sexual assault victims who need emergency contraception. In Japan, 82% of people use condoms as a method of contraception (*2). The failure rate of condoms with typical use is almost 20% - even with efforts to prevent pregnancy on a regular basis, condoms can often tear or be misused. This risk is exacerbated by the fact that in Japan, people are often not properly taught how to use a condom. On the other hand, there are countless businesses that sell emergency contraceptive pills online. As concerns over haphazard use rise, the unregulated presence of internet vendors is a danger to those who need emergency contraception, and contradictory to the concerns of the Ministry of Health, Welfare, and Labour. I myself have experienced a painful unwanted pregnancy and abortion. Failed contraception is something that every one of us could encounter in our lives. That includes you, your partner, your friends, siblings, children and parents. I speak openly about my past because I want to convey the ubiquitousness of this issue. ●      Over-the-counter sale of emergency contraception, and the unheard voices of the people In recent developments, the Ministry of Health, Welfare and Labor has been considering making the emergency contraceptive pill over-the-counter (can be purchased at a drugstore without a prescription) in response to citizens’ requests. Public comments showed an overwhelmingly positive response; however, over the investigative commission’s concerns that “pharmacists would have a hard time explaining usage to customers,” “haphazard use would increase,” the decision was made that emergency contraception will not be made over-the-counter. Why did the ministry ask for public comments in the first place? ●      Japan’s emergency contraception problem: abandoned by international society Emergency contraception is deemed safe and can be purchased from a pharmacist without requiring a prescription in 76 countries, over-the-counter in 19 countries (ICEC, March 2019). In most cases, it can be purchased at a drugstore, and the cost is below the equivalent of 5,000 yen (46 USD). It’s also not uncommon for governments to provide the option to youth at no cost. In 2018, WHO recommended that “[all] women and girls at risk of an unintended pregnancy have a right to access emergency contraception and these methods should be routinely included within all national family planning programmes.” References: #Nandenaino movement https://www.nandenaino.com/know-the-truth-2   Please make emergency contraceptive accessible for all women! Our requests are as follows. ○      Make emergency contraception over-the-counter. Eliminate the difference in cost compared to other countries. ○      Collaborate with the Ministry of Education, Culture, Sports, Science, and Technology to bolster sex education programs so that students may be equipped with proper knowledge about the oral contraceptive pill and other contraceptive methods. This should take place through middle school (mandatory education). ○      The fact that there are online vendors selling emergency contraception and oral contraception is dangerous. As a transitional measure, ensure that emergency contraception acquired through online consultation with a healthcare provider is guaranteed safe to use, and that people who seek emergency contraception would be able to access it without an in-person medical consultation. ー In July 2019, they lifted the online consultation of emergency contraceptives from the first visit conditionally. We will deliver this petition to the Minister of Health, Welfare and Labor, the chairperson of Japan Society of Obstetrics and Gynecology, and the chairperson of the Japan Pharmaceutical Association, and appeal for their cooperation in the measures stated above. At Pilcon, we have also worked towards providing adequate resources for those carrying anxieties about pregnancy, by developing an automated messaging service on LINE and by gathering support via crowdfunding. ▼Let us spread the LINE bot(a mobile app) that delivers appropriate information and support to all people who have anxiety about unintended pregnancy(CampFire) Please join me in supporting all women’s rights to safely access emergency contraception. Pilcon Board Chairperson, Asuka Someya #Nandenaino chairperson, Kazuko Fukuda   (*1) Japan Cabinet Office “Research on violence between men and women” (2011) (*2) Japan Family Planning Association “Research on the lifestyles and awarenesses of men and women” (2016)

染矢 明日香
143,477 supporters
Update posted 2 weeks ago

Petition to 厚生労働大臣 後藤 茂之, 日本産科婦人科学会理事長 , 日本薬剤師会会長

アフターピル(緊急避妊薬)を必要とするすべての女性に届けたい!

(English petition)■アフターピルにアクセスできない人がいる アフターピル(緊急避妊薬)は、避妊に失敗した、レイプされたなどの緊急時に一定期間内に服用することで、100%ではありませんが高い確率で妊娠を防ぐことができる薬です。女性を守る最後の手段となるとも言えるアフターピルですが、私が代表をしている若者の性の問題に取り組むNPOによせられるメール相談では、若者にはそもそも避妊についての知識がなく、アフターピルはかなり入手しづらいものだとわかります。 「避妊を失敗してしまった。どうしたらいいかわからない」という相談はとても多く、たとえアフターピルの選択肢を知っていたとしても、「人目も気になり、産婦人科には行きづらい」「仕事があって休めない」「土日や祝日(連休中)で病院がやっていない」「学生なので高額すぎて買えない」などの声があり、非常にアクセスのハードルが高いことがうかがえます。 国内で認可されているアフターピルは医療機関の処方箋が必要で、価格も6000円~2万円ほどにもなります。さらに、全ての婦人科・産婦人科で取り扱いがあるとは限らず、手軽に買えるような代物ではありません。そして、そのような状況の中、もし妊娠すれば、中絶か、出産かの選択を迫られます。 レイプをされた際、警察に届ければアフターピルの公費負担の制度がありますが、実際に警察に行く選択をする人はわずか3.7%(※1)です。そしてやっとの思いで警察に行ったとしても、警察にはアフターピルは常備されていません。早く服用するほど効果的(妊娠阻止率は、24時間以内の服用で95%、48~72時間以内の服用で58%)なのに、緊急避妊をするには医療機関を受診し処方してもらう必要があるのです。 性暴力被害者のためだけにアフターピルが必要というわけではありません。日本では約82%の人がコンドームによる避妊をしています(※2)。コンドームの年間避妊失敗率は2割ほど。きちんと避妊しようとしても破れるなど失敗してしまうことは往々にしてあります。その上、日本ではコンドームの使い方もまともに教えられていません。 一方で、ネット通信販売でアフターピルやピルを扱う業者が沢山あります。「安易な使用が広がる」と懸念する一方で、ネットの業者は野放しになっている現状はおかしいです。 私自身もかつて、思いがけない妊娠と中絶で傷ついた若者の1人です。 避妊の失敗は、遠い世界の話ではなく、だれもが当事者になり得ること。 それはあなたやそのパートナー、友人、きょうだいや子どもや親もです。自分の過去の経験をあえてオープンにしているのは、そのことを伝えたいという思いからです。 ■アフターピルの市販化、市民の声は無視? 最近のアフターピルを巡る動きとして、市民の市販化への要望を受け、厚労省は2017年にOTC(医師による処方箋が必要なく、薬局・ドラッグストアで買える一般用医薬品)化を検討。パブリックコメントは348件中、賛成が320件、反対はわずか28件という圧倒的な世論の支持を受けたにも関わらず、検討委員会での「薬局で薬剤師が説明するのが困難」、「安易な使用が広がる」などの懸念からOTC化は不可となりました。 一体何のためのパブリックコメントだったのでしょうか? ■国際社会から取り残される日本のアフターピル アフターピルは既に安全性が確認されたとして先進国に限らず約90カ国で処方箋なしに薬局等で買うことができ、19カ国でOTC(薬剤師を介さず店頭で買える薬)化されています(2020年6月現在ICECより)。多くの場合、薬局で薬剤師を介して買うことができ、価格帯も5千円未満のところが多く、更には若者には無料で提供する国も少なくありません。2018年のWHOの勧告では、「意図しない妊娠のリスクを抱えたすべての女性および少女には、緊急避妊にアクセスする権利があり、緊急避妊の複数の手段は国内のあらゆる家族計画プログラムに常に含まれねばならない。」とされています。 ▼参考:#なんでないの。HP https://www.nandenaino.com/know-the-truth-2 ■アフターピルをすべての女性が入手しやすくしてください!私たちの要望は以下の通りです。 アフターピルをOTC化*してください。また、諸外国との価格差を無くしてください。 文部科学省と連携し、ピルや避妊についてしっかりした知識をつける性教育を充実させてください。義務教育である中学校までの教育で取り上げるべきです。 ネット通販業者がアフターピルやピルを売っている状況は危険です。経過的措置として、オンライン診療でのアフターピル、ピル処方は安全性を担保できるものであり、アフターピル希望時の初診の際に対面での診療を必要しないことを明確化してください。(⇒2019年7月、初診からの緊急避妊薬のオンライン診療が条件付きで解禁となりました。) *本キャンペーンで求める「OTC化」は、緊急避妊薬を求める女性が、薬局の薬剤師の対面販売を通して購入できるようにするというものです。 集まった署名は、厚生労働大臣、日本産科婦人科学会理事長、日本薬剤師会会長等へ届け、上記対策を進めるように求めます。 また、NPO法人ピルコンでは、妊娠の不安を抱える全ての人に、適切な情報と支援先を届けるLINEボットの開発とクラウドファンディングによる支援の募集を行っています。▼妊娠の不安を抱える全ての人に、適切な情報と支援先を届けるLINEボットを広めたい(CampFire) アフターピルを必要とする全ての女性が安全に利用できる環境の実現にご賛同、ご支援をどうぞよろしくお願いいたします。 キャンペーン呼びかけ人: NPO法人ピルコン 理事長 染矢明日香(発起人) #なんでないの。代表 福田和子 (※1)内閣府 平成23年度「男女間における暴力に関する調査」(※2)一般社団法人日本家族計画協会 2016年「男女の生活と意識に関する調査」 2020.6.15・緊急避妊薬のオンライン診療解禁に伴い、署名の冒頭分及び要望部分を一部修正・加筆しました。・緊急避妊薬のジェネリック薬発売に伴い、アフターピルの価格の表記を修正しました。

染矢 明日香
143,477 supporters
This petition won 3 years ago

Petition to 千葉県議会議長 , 千葉県知事

千葉県がんセンターへのハイパーサーミア(電磁温熱治療器)早期導入を!

現在、千葉県内においてハイパーサーミア(温熱治療)を実施している病院は無く、関東地方においても公立病院では埼玉県に1件あるのみです。 治療を受ける場合、抗がん剤治療中の患者が週に1回、数時間もかけて病院に行く、というのは非常に負担が大きいです。その為、県内で治療を受けられる体制を整えてもらいたいと思います。 治療効果は確認されており、エビデンスまであるが、治療器が普及していません。 2020年、千葉県がんセンターの増改築完了を目処にハイパーサーミアの導入を検討している 、と、県議さんから回答を貰いましたが、 妻は余命宣告を受けており、子供の成長を見届けるのが難しい状態です、この治療器を使用することにより、少しでも長く子供達を見守って貰いたい、出来ればずっとこのまま生きていてもらいたい、孫の顔を見てもらいたい。   1日でも早く導入して頂く為に、 どうぞ署名への御協力をお願いします。  目指せ!1万人! 【参考資料】 ハイパーサーミア学会 http://www.jsho.jp/index.php?option=com_content&view=category&layout=blog&id=33&Itemid=46 がんサポート 保険適用の温熱療法についてhttps://gansupport.jp/article/treatment/alternative/extra02/15690.html がんサポート 温熱療法の歴史.効果についてhttps://gansupport.jp/article/treatment/alternative/extra02/15640.html 新座志木総合中央病院の温熱療法についてhttp://www.niizashiki-hp.jp/section/post-32.html

A N
3,507 supporters