Twitter社に無差別凍結を辞め、無害アカウントの凍結解除を行うことを要求する

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!


Twitterでは、本来アカウントを凍結されるべき人が凍結されず、無害で何もしていないアカウントが凍結されるような事態が多発しています。

これは私に限らず、誹謗中傷したアカウントを注意したアカウントが凍結されたり、

仲間内で冗談で暴言を吐いた(暴言ではない)というだけでも、AIによる機械判断で凍結されてしまい、

1回違反しただけでも「Twitterルール」に繰り返し違反したため解除されないなどと言われます。

Twitterは、公共のライフライン、情報のインフラに近いような存在であり、無差別、不利益、適当な判断は望ましくありません。

なお、私も利用規約に則って使用していたものの突然永久凍結され、

新しいアカウントを作っても凍結してしまいます。

その理由をTwitter社のサポートフォームや郵送、FAXなどで証拠を求めても、違反したの一点張りで何の回答もありません。

したがって、声を挙げた方々のTwitter社にはアカウントの凍結解除(@k15ukeなど多数)と、今後の無差別凍結防止と、今回の凍結の理由の開示を求めます。

もちろん、ルールに違反したり誹謗中傷する者は、人間の判断で凍結するべきです。