このキャンペーンは終了しました

TVアニメ「覇穹 封神演義」構成・脚本に対し、企業側の「原因の究明」と「説明」を求めます。

1,723人の賛同者が集まりました


 

どうしてこうなってしまったのか?

TVアニメ「覇穹 封神演義」構成・脚本に対し、

企業側の「原因の究明」と「説明」を求めます。

 

わたくし本原と申します。

ただの漫画・アニメ好きのオタクです。

2018年1月から開始したアニメ「覇穹 封神演義」を拝見しまして大変な憤りを感じました。

「封神演義」は週刊少年ジャンプ連載の時より愛読しておりまして青春時代が詰まった作品です。大変な人気作品にも関わらず1度アニメ化された当時は完結前のアニメ化という事もあり、消化不良で終わってしまっていました。その事を長年残念に感じていた中、18年ぶりのアニメ化のニュース。

当時、手に汗握り一喜一憂した展開が現在の最新技術でアニメ化されるとなり、とても…とても楽しみにしておりました。

 

ところが………

 

実際に視聴してみたところ、そのアニメは「残念な出来上がり」には留まらず、

原作と切り離して見ても「物語としておかしい」ほどに酷いアニメでした。

作画は綺麗です。

アニメーションで動くところは動きます。

声優さんも素敵に演じて下さっています。

ですが話が滅茶苦茶なのです。

 

具体的には


【1話】
主人公の改悪がひどい。

  • 任された命を無視する。
  • 単身ラスボス級の敵本拠地に「本当に無策で」乗り込む。
  • 敵がすぐ目の前にいるにも関わらず、目的の人物をその場から連れ出そうとする。
  • 羌族が反撃しても皆殺しにされる未来は見えているにも関わらず主人公が現状の打開を期待してか笑うシーンがある。
  • この1話のせいで主人公の「飄々としているが策士であり、たとえ自分が無様であろうとも、なるべく争いを避け人が傷つくのを回避しようとする。」という人物像をぶち壊しており、主人公に信頼を置く登場人物にも疑問が生まれ、この後に主人公が何を成しても全く説得力がない。

【2話】

  • 冒頭で本編と繋がらない意味不明な後半クライマックスパートが入る。(1話冒頭で最後の決戦を匂わせるのは分かるが。以降話数でも入る冒頭シーンはただのネタバレ。) 本来は、難攻不落で確固な意思を持ったチートな敵の最期に心の弱い部分が見えるシーンだが、登場して直ぐに見せられても何の感情も持てない。また、描写・間・演出にも緊張感が無く、意味もなく粗雑に扱われた絶望しかない。
  • 2つのシーンが意味の分からないタイミングで何度も切り替わる。


尺に収まらないが故にキャラクターや場面をカットしたが、辻褄の合わない部分をそのままにした結果が大きい。
同じ枠内で描くにしても、冒頭のシーンを入れずに本編に割いたり、キャラクターカットがあるならせめてそのカットした上で物語の辻褄が合うようにする事は出来るはず。辻褄を合わせようという意思すら見えない、ただ切って繋げた雑な印象です。

果たしてこれが十分に練られた構成・脚本であろうか?

アニメ放送話数が進むにつれ、矛盾や歪みが大きくなっているようです。

その他の矛盾など詳しくは有志の方がまとめて下さっています。
http://seesaawiki.jp/housinengi/lite/d/


 

よく、監督や脚本が批判される場面は自分も拝見します。


個々の解釈違い・作品に真摯に向き合った上での脚本で、それに対する視聴者の酷評でしたらこのような署名活動など致しません。

「覇穹 封神演義」を見る限り、とても原作に向き合ったとは思えないくらいにまで酷い内容だったのです。

「内部事情を知らないヤツが大げさな…。」

「確証はどこにある?」

と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかしこの不誠実さは明確です。

なぜなら

原作を1度でも通して読んで好きなれば絶対このような脚本・構成になるはずがない事が分かるからです。

愛している作品がこのような扱いを受けて、大変ショックです。 


また、この件は私だけの感覚でなく、ネットの記事でも取り上げられるほどに話題となっています。

「これは円盤売れないな~~ww」「大炎上ww」


などと面白半分に言われている部分もありますが、私は全く笑えません。

ファンとして愛する作品がこのような扱いを受けたことに声を大きく抗議したいです。

このまま駄作で終わらせてしまい、制作側からすれば「あ~金にならなかったわ」と作品側の非にされる事は絶対に許せません。

藤崎竜先生による「封神演義」はジャンプ史に残る名作であり、今現在も丁寧にアニメ化すれば新規のファンも増え、更に大きなブーム・コンテンツになろうパワーがある作品でした。

携わって出資した企業の方は損害を被ったと言っても過言ではないと思います。

何らかの制裁、処置があるべきです。

 

個人的に考える原因です。

 

  • お金になりそうなコンテンツとして作品が挙がったものの、えらい人たちの勝手な都合で駄作となった。 作品のボリューム的にまとめる事が難しいが2クールまでと決まってしまった枠。またその中で人気のある仙界大戦まで1クール内でやることが決まってしまった。これに対する代案が出なかった。出ても何らかの理由で却下された。
  • シリーズ構成・脚本を行う高橋ナツコさんが作品に対する敬愛がなかった。無理な枠内を打開する案もなく、無理やり納めようとするあまり、話の構成が滅茶苦茶になった。

 

また高橋ナツコさんに関してはアニメ「うどんの国の金色蹴鞠」にて

「シナリオを毎回1時間前に提出する」

「1時間前に提出されるので他のスタッフが充分チェックできないまま通ってしまう」

「明らかに作業時間を十分にとっているとは思えない、十分に考えられたとは思えない残念なシナリオであった」

など仕事に対する不誠実さが内部告発されています。他の担当作品で素敵な作品もある事は承知していますが、今回の件では大きな一因となっている可能性が高いと考えられます。


 

私の本来の目的は原因を非難する事ではありませんでした。

  • 作品に真摯に向き合い良いものを作ってくれる方にアニメを制作して頂きたい。
  • 今から1クール目でストップして、2クール目から原因を排除して制作しなおしてほしい。

この2点でした。


ですが多額のお金が動くアニメ制作。当然スケジュールも先々まで決まってしまっている事でしょう。今更何か変更を希望することは現場の関係のない方々を困らせてしまうだけです。それは本望ではありません。

非常に悲しい事ですが…。

 

なれば、

今後このような原作を貶めるような作品が二度と生まれないように

この場でその原因を究明し

断ち切る事こそが、今回のアニメ「覇穹 封神演義」の意義だと思う事にしました。

 


 

私たちはこのまま駄作に埋もれてしまう「愛する作品」を黙って見ていてよいのでしょうか?

絶対に違うはずです。

 

声を集め、企業側の「原因の究明」と「説明」を求めます。

ぜひ皆様のお力をお貸しください。



今日:本原さんがあなたを信じています

桃子 本原さんは「TVアニメ「覇穹 封神演義」構成・脚本に対し、企業側の「原因の究明」と「説明」を求めます。」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!本原さんと1,722人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。