STU48榊美優さんの活躍の場をAKB本体へ!世界一努力し続けたアイドルに、AKBの未来を託しませんか?

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!


AKB48グループはこのままでよいのかと憂う貴方へ。その答えは、STU48榊美優。
そして、今、頑張ることが辛い貴方へも捧げる彼女の物語。

AKBグループの将来は、現状維持の先にあるのか?―――もし、少しでも、貴方がこのままの活動の先に危機感を持つのであれば、その将来を榊美優ちゃんに託してみませんか?
私達は、STU48グループの活動にとどまらず、彼女の存在をもっと多くの人に知ってもらいたいと考えています。そのためには、彼女をSTU48というグループの中だけに閉じ込めていたくはないのです。榊美優ちゃんの存在は必ずAKB4グループ全体に貢献します。榊美優ちゃんがSTU48所属に留まらず、AKB48チームとの兼任という形での活躍を応援する署名にぜひサインをいただけないでしょうか。
そして今、頑張るのが辛い貴方にも、榊美優ちゃんの背負う物語を知って欲しいと思います。

 彼女がアイドルになりたいと思ったのは4才のとき。世界でただ一人、彼女だけは夢を憧れだけで終わらせませんでした。アイドルになりたいと口にしてみる、ベッドに入る前にステージに立つ自分を思い描いて夢を見る—彼女は4才にして、アイドルの夢はただそうしているだけでは叶わないことを知っていたのです。

STU48第一期生・榊美優ちゃんがアイドルを目指して、youtubeに踊ってみた動画を投稿し始めたのはまさに4才のとき。それから10年以上、彼女は様々なアイドルの踊ってみた動画の投稿を続けていました。同じ部屋で、同じカメラの位置で、変わらないアイドルへの強い思いと共に、10年もの歳月をかけて彼女は自分の姿を映し続けました。
 アイドルへの憧れだけで、動画投稿を続けて10年。ようやく彼女はSTU48の一期生として夢の舞台に立つことができました。
舞台の上で誰よりも映える、踊るたびにゆらゆらと流れる艶やかな髪、そして誰よりも小さい体で誰よりも大きく跳ねるパフォーマンスと、絶えることがない笑顔。それは、彼女が見られ続けてきた経験の賜物です。彼女を見るカメラ越しの視線は、その年月だけ多くの人たちを、そしてインターネットを通して多くの国の人たちをも魅了しました。

持って生まれた格別の美しさ、透き通るような声、うっとりするような微笑をもってアイドルとして支持される女の子もいます。彼女達を生まれながらのアイドルと呼ぶのなら、榊美優ちゃんは恐らくそうじゃない。彼女は自分が欠けているものを知っています。だけれど、夢は叶うと信じています。そして、だからこそ知っているのです。夢を追うことの難しさ。そして、与えられた才能に勝つ努力がどれほど苦しいものであるのかを。
それでも、彼女はいつも笑っています。

自分自身を曝け出して生きているからなのか、アイドルの輝きはなぜか突然、ぷつりと失われてしまいます。アイドルの儚さを知っている人ほど、全くの他人である女の子を、夢を目指すためにがむしゃらに生きる一人の女の子を、長く応援できること自体が奇跡だと知っているはずです。そんな中、彼女はすでにもう、10年もの成長の軌跡を私達に惜しげもなく見せてくれているのです。

榊美優ちゃんはいつでも努力を惜しみません。showroomへの動画配信でも、毎日、朝・昼・夜と3回の配信を続けていました。また、パフォーマンスの面でも、あらゆるポジションのダンスを覚えています。結果、代理として欠席メンバーの穴埋めに出演することも多くなってきました。今回のSTU48初ツアーでは、岡田奈々さんと同じく最多数出演に名を連ねています。それは決して運営側からスポットライトを当てられたからではありません。代理としてという意味合いも大きかったのです。
言い換えるならば、いつ自分に当たるかわからないスポットライトに、当たる機会を決して逃さない――そんな日々を、彼女は続けていたという証明でもあります。AKBグループを応援している皆さんにとっては、どんなに端っこだとしても、ステージに立つポジションを獲得すること自体がどんなに難しいことなのか、すぐにわかっていただけると思います。ここでも彼女は自ら、ポジションに立つ努力を続けていたのです。

 今、AKBグループに、彼女のような存在は他にいるのでしょうか。努力は裏切らないと証明してくれるアイドルは今、彼女の他にいるのでしょうか。

夢はどうせ叶わないと諦め、挫折する方がはるかに簡単です。にもかかわらず、自分の可能性を信じて努力する苦しさを、彼女は15才にして知っています。上手く行かない現実に、それでも立ち向かうことを彼女はあえて選んでいます。そして、その上で、自分の努力で夢を掴むと決めているのです。

今、彼女がSTU48としてステージに立っているのは、何の偶然にも左右されない、彼女の強い意志の結晶です。

そんな彼女がこれからも前だけ見て走り続けられるように、私達と一緒に彼女の走る背中を支えてみませんか?そして、10年という歳月に裏打ちされた彼女の強いまなざしに、私達の気持ちを託してみませんか?
彼女は自分の夢を実現するために誰よりも頑張ってきました。

今AKBグループに何か足りないと思う貴方へ…そして、日々の生活の中で、ふと、どうせ無理だからと理由をつけて頑張ることを放棄しようとしている貴方へ。
ただひたすらに、貪欲に、がむしゃらに生き抜こうとするSTU48の榊美優ちゃんと一緒に頑張ってみませんか?
彼女の存在が大きく取り上げられ、より多くの人が彼女の生き方に、元気と勇気を与えてもらえるように、私達と一緒に活躍の場を広げる応援をしていただけないでしょうか。

English translation

To you who are anxious when the AKB48 group is good as it is. The answer is STU48Sakaki Miyu.
And her story to give to you who are severe in doing its best now.
- - - does whether there is the future of the AKB group in the point of the status quo, and does even a little not entrust Sakaki Miyu with the future if you have a sense of impending crisis in the point of the same activity?
We think that we want more people to know her existence without remaining in the activity of the STU48 group. To that end, I do not want to shut in her in only in a group called STU48. The existence of the Sakaki Miyu contributes to the whole AKB4 group by all means. Sakaki Miyu does not stay in the STU48 position, and can I have a signature for a signature to support activity in the form called the additional post with the AKB48 team by all means?
And I think that I want you that it is hard that I do my best to know the story that the Sakaki Miyu carries on his/her back now.
What thought that she wanted to become an idol at the age of 4 years old. Only one, she did not merely end a dream only for admiration in the world. - she who I imagined oneself who stood in the stage before entering the bed which I ate when I wanted to become an idol, and had a dream did it to 4 years old, and the dream of the idol knew that I did not have it realized only by being only in that way.
Sakaki Miyu having begun to contribute the animation which danced to youtube for an idol the STU48 first graduate right at the age of 4 years old. Then, more than ten years, she continued contributing the animation which danced of various idols. I hung time of ten years, and, in the same room, she continued projecting one's figure with the strong thought to the idol who did not change at the position of the same camera.
Only for the admiration to an idol, continue an animation contribution; and ten years. She was able to finally stand on the stage of the dream for the first graduate of STU48.
A performance to be bigger than anyone else, and to jump with fascinating hair flowing to and fro and a body smaller than anyone else whenever I dance to shine in on the stage than anyone else and the smile that it does not die out. It is a gift of The experience that she continued being seen in. The eyes over the camera which watched her attracted people of many countries through in many people and the Internet only in time.
There is the girl supported as an idol with inborn particular beauty, a transparent voice, a smile enchanted by. Probably Sakaki Miyu is not so if I call them a born idol. She knows the thing which is short of oneself. But I believe that the dream comes true. And therefore I know it. The difficulty of chasing a dream. And how hard is an effort to overcome given talent?
Still she always laughs.
The brightness of the idol is lost suddenly for some reason whether this is because it reveals oneself, and it lives. When that can support the alone girl who lives recklessly to aim at the dream for a long time is a miracle, as a person knowing the vanity of the idol, I should know the girl who is real another person. Meanwhile, she already has already shown us a trace of the growth of ten years without regret.
The Sakaki Miyu does not spare an effort anytime. Even animation delivery to showroom continued delivering three times at night every day morning, noon. In addition, even the aspect of the performance remembers the dance of every position. I came to often appear for the stopgap of the absence member as result, substitution. On this STU48's first tour, I link the name in maist appearance as well as Nana Okada. It is never because I was hit with a spotlight from the administration side. The implication as substitution was big, too.
It is the proof that she continued the - - such days which never misses an opportunity to hit a spotlight not to know when you act as oneself if I express it in other words. For everybody supporting AKB group, I think that you can know it immediately whether to acquire a position standing in the stage is that it is how difficult even if it is a corner. She continued working hard to stand in the position by oneself here.
Will the AKB group need the existence like her elsewhere now? Will there be the idol proving that I do not betray the effort other than her now?
When the dream does not come true anyway, reconciliation, failing one are much simpler. However, she makes pains to believe one's possibility, and to make an effort 15 years old and knows it. She chooses that still she confronts reality not to reach well daringly. And, with that in mind, I decide that I get a dream by one's effort.
It is a crystal of her strong will to depend on no chance now that she stands in the stage as STU48.
And do you not entrust her strong look lined in time called ten years with our feeling so that such she looks at only the front from now on and is continued running whether you do not support her running back with us?
She did her best than anyone else to realize one's dream.
To you who think that something is insufficient now in the AKB group…And to you who are going to abandon that I attach a reason anyway incidentally in daily life when it is impossible and try it hard.
Do you not do your best with Sakaki Miyu of STU48 which you are going to survive in Earnestly, greed recklessly?
Would you do support to open a place of the activity with us so that her existence is greatly taken up, and more people have you give her way of life spirit and courage?



今日:和朗さんがあなたを信じています

尾崎 和朗さんは「STU48榊美優さんの活躍の場をAKB本体へ!世界一努力し続けたアイドルに、AKBの未来を託しませんか?」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!和朗さんと38人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。