「Seabinプロジェクト日本上陸」海洋プラスチックごみ回収の時!

0 人が賛同しました。もう少しで 200 人に到達します!


What’s a Seabin?

The Seabin is a floating rubbish bin that is located in the water at marinas, docks, yacht clubs and commercial ports.

The Seabin moves up and down with the range of tide collecting all floating rubbish. Water is sucked in from the surface and passes through a catch bag inside the Seabin, with a submersible water pump capable of displacing 25.000 LPH (litres per hour), plugged directly into 110/220 V outlet. The water is then pumped back into the marina leaving litter and debris trapped in the catch bag to be disposed of properly.

The Seabin also has the potential to collect a percentage of oils and pollutants floating on the water surface.

Now it is time to introduce in Japanese Sea!

持続可能な開発のための2030アジェンダ(SDGs)

・2030年までの国際社会共通の目標として、持続可能な開発目標(17のゴール、169の詳細なターゲット)が設定されています。
・「ゴール14.1」 2025 年までに、海洋ごみや富栄養化を含む、特に陸上活動による汚染など、あらゆる種類の海洋汚染を防止し、大幅に削減することになっています。

海洋プラスチックごみの問題

日本の海岸には毎年、多くのごみが漂着しています。川や海で不法に投棄されたゴミ、台風などの水害で川から海に流出したゴミ、海上で廃棄されたり流出したりした漁具や漁網、沈没したタンカーから漏れ出した重油などもあります。海のプラスチックごみは,やがて劣化して,マイクロプラスチックと呼ばれる微細なプラスチック片になります。

マイクロプラスチックは小さなスポンジのように,海に残留する有害な化学物質を吸着します.プラスチックそのものは疎水性が高い上に,マイクロプラスチックは表面に凹凸が多く,表面積が大きいため,疎水性の高い化学物質を吸着しやすい特徴があります。そのためマイクロプラスチックは,化石燃料関連の汚染物質(多環式芳香族炭化水素PAHs),DDTのような有機塩素系殺虫剤,ポリ塩化ビフェニル(PCBs)などを含めた残留性有機汚染物質(POPs)を周りの海水から吸着します。いくつかのPOPsは非常に有害で,内分泌かく乱作用,発がん性,突然変異,免疫毒性などが知られています。さらにマイクロプラスチックは,カドミウム,亜鉛,ニッケル,鉛といった重金属も吸着します。

これらのゴミは、私たち人間だけに対して悪影響を及ぼすだけでなく、私達の知らないところで野生生物が多くの被害を被っています。

海洋でのゴミ問題はもはや、早急に地球規模で対策を打つべき課題です。

環境省の海洋ごみの実態把握調査報告書(マイクロプラスチックの調査)

日本周辺海域(東アジア)では、北太平洋の16倍、世界の海の27倍のマイクロプラスチック(個数)が存在しており、日本周辺海域はマイクロプラスチックのホットスポットであると言えるとの報告書(海洋ごみとマイクロプラスチックに関する環境省の取組、平成28年12月10日)もあります。

Seabinプロジェクト (http://seabinproject.com/)

Seabinとはその名の通り、海のゴミ箱です。ペットボトル、缶、ビニール袋、煙草の吸殻など海には人が捨てたゴミがたくさん浮いていますので、そのゴミを、港などの波の穏やかな場所(湖なども可能)に取り付けることで、回収することができます。

Seabinは環境にもよりますが、1日に1.5キロのゴミを回収することができ、最大20キロまで一度に回収することができます。また、近年大きな問題となっているマイクロプラスチック(2mm以上)もキャッチすることができます。そして、専用の吸着パットをつけることによってオイルもキャッチします。

私たちに出来ること

オーストラリアの起業家によって開発されたSeabin(ゴミ回収装置)は現在、フランスにて製造され、世界各地へと展開されようとしています。

このたび、私達、株式会社平泉洋行 (http://www.heisengp.co.jp/ )にて日本の市場にSeabinをご紹介させて頂くことになりました。

全国各地の海に設置を推進したいと思いますので、よろしくお願いします。



今日:平泉洋行さんがあなたを信じています

株式会社 平泉洋行さんは「「Seabinプロジェクト日本上陸」海洋プラスチックごみ回収の時!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!平泉洋行さんと183人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。