このキャンペーンは終了しました

NOGIANT CONCRETE WALLS! 防潮堤より復興支援

2,504人の賛同者が集まりました


 

(日本語は下です。)  Dear Friends,

 

Another heartbreaking decision has been made after the Fukushima disaster and I urgently need your help for the future of our children.

 

 

 

The Japanese government wants to build giant concrete seawalls that supposedly protect the future residents of the 2011 tsunami affected areas.  The walls will be 400 km long, up to 90m wide, and the highest wall will be 15.5m (equiv. 5-storey building).  The government will spend 1 trillion yen (10 billion dollars) for the construction of these gigantic walls for the next three to five years, as part of their 200-trillion-yen (2-trillion-dollar) 'Resilient Japan' public/commercial developments which intend to surround most of Japan’s 35,000km coasts with these gigantic concrete walls.

 

 

 

Many of the 2011 tsunami affected residents want to relocate or have evacuation roads built instead of the giant concrete walls because they know that the walls would create a 'false sense of security' which stops or slows people to evacuate: the main cause of all natural disaster casualties.  They will destroy the area's precious eco-systems on which the residents’ traditional fishery, aquaculture and tourism industries depend.  Despite their gigantic sizes, the height of them are only 1/2-2/3 of the 2011 tsunami anyway, and most of all, they will devastate their beautiful beaches, which have been the heart and soul of the local residents for centuries.

 

 

 

The alarmed locals raised their concerns and have been trying to stop the plan without success for the last three years.  Many of the Miyako residents have been asking for the main road alongside the beach to be elevated so they can evacuate themselves and the tourists safely if a tsunami is predicted.  The council rejects the idea and promises to make the best efforts to protect the views by creating acrylic windows in the walls. 

 

 

 

In Kesennuma, a city of 334 km2, the walls will be built at 87 locations, at least 32 of which have zero to a few residential households, who have not been given the option of relocation. The government is spending 160 billion yen (1.6 billion dollars) on the walls in this city of 70,000 populations, compared to 13.7 billion yen (137 million dollars) for the relocation subsidies.  25% of the tsunami affected residents have lost their entitlements for subsidies because their properties will no longer be designated as the ‘Disaster Danger Zone’ when the walls are built. There are 1,100 victims in southern part of Kesennuma alone who have no foreseeable financial plans to move out of their prefabricated temporary housing units because of this.

 

 

 

My point is this: I have lost my mother and both of my brother’s children to the 2011 tsunami.  All I want is for the reconstruction budget to be spent on more substantial residents' relocation programs and evacuation roads rather than the giant concrete seawalls. If you agree with me, please sign and share the petition below.

 

 

 

Yours sincerely,

 

Hiroko Otsuka

 

 

 

www.facebook.com/ThinkSeawal

 

www.facebook.com/SeaTheFutureDRRWWG

 

 

 

Online Petition Link

 

https://www.change.org/p/save-coasts-and-tsunami-victims-%E9%98%B2%E6%BD%AE%E5%A0%A4%E3%82%88%E3%82%8A%E5%BE%A9%E8%88%88%E6%94%AF%E6%8F%B4

 

 

 

(The photo is what our beloved beach looks like after the 9.8m wall is built..the land it supposedly protect is actually higher than the wall itself. I could not show this photo to my friend who used to spend her childhood here...)

    http://www.youtube.com/watch?v=g4TI7eF72PI   http://www.japanfocus.org/-Oguma-Eiji/4024 http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/37321?page=2     http://www.mori-umi.org/base14.html   http://seawall.info/index.html   http://www.city.kesennuma.lg.jp/www/fukko_shimin/index.html   http://www.env.go.jp/jishin/park-sanriku/images/sanriku_fukkou_project_eng.pdf   http://mainichi.jp/feature/news/20130319dde012040015000c.html    http://www.env.go.jp/jishin/park-sanriku/index.html       (右側の署名欄が英語の時は、ページ最下部の言語選択を日本語にクリックしてください。この署名は、Change.orgという、世界中で市民運動などに使われている署名ツールを使用しています。Yahooや楽天などと同様に会員登録をしていただいてからご署名いただけますが、管理人には皆さんの個人情報は届きません。署名には、皆様のお名前と大まかな所在地(東京、ロンドンなど)が記載されます。)   住民の反対を退け、国税8000億円を使い、命も生活の糧も守らないコンクリート巨大防潮堤を建てる計画は、一体だれのための政策でしょうか。総理と知事の再検討を求めます!   宮城県気仙沼市の小泉地区には、高台移転でだれも住まなくなった低地を守るため、高さ14.7m幅100mのコンクリート防潮堤が、市民の愛する海水浴場の砂浜を潰して建設されます。その費用は200億円。   政府は、何千人もの反対住民の意見を退け、総額8000億円の国民の税金を投じ、高さ5m - 16m (五階建てのビル程) 、広いもので幅100m、全部の長さを合わせると何と370km、東京名古屋間に相当するコンクリートの巨大防潮堤を、宮城と岩手の二県だけで、405箇所の海水浴場、干潟、磯場、港湾に建設する計画を2011年の九月から進めているのです。   島国日本を津波から守るための効果的な防災システムを作る事は、火急の問題です。しかし、この、東日本大震災の津波の半分ほどの高さしかないコンクリートの防潮堤で、どうやって、また必ずやってくる「想定外」の津波から住民の命を守ろうというのでしょうか。    海を見えなくする事で「避難の意識の風化」(東北大学大学院付属災害防御研究センター資料) を招き、東日本大震災では過半数を超えた、「逃げなかった犠牲者」の痛ましい経験を繰り返すことは明白なのです。   コンクリートの防潮堤が、生態系を分断して水産資源を破壊し、近海漁業や観光業に壊滅的なダメージを与えた北海道奥尻島では、4700人いた人口が3000人ほどに減り、防潮堤建設などで負った負債を毎年7億ずつ返済しなくてはならないため、建設された防潮堤の維持修理も、流出する人口に歯止めをかけるための産業開発もできないそうです。(http://www.seawall.info/pdf/09-120914-sadaike-1.pdf)     環境保全型都市を目指し「海と共に生きる」町づくりを目指すことを決めた気仙沼市は、「防潮堤は可能な限りコンクリートを使わず、自然工法(みどりの防潮堤など)で行う」事を2011年の九月に提言し、県や国土交通省に防潮堤再考を求める陳情を繰り返しているのです。   宮城県名取市の閖上(ゆりあげ)地区では、住民の6割が高台での安全な生活を希望したにも関わらず、2011年の津波の半分の高さの防潮堤の建設と3-4mの住宅地の嵩上げ計画を市と県が強行、自力で移転する経済力のない住民は、震災で600名の尊い命を失っている低地に戻らなければならないそうです。   私も津波で大切な家族と友達を亡くしました。防潮堤ができる安心感、海が見えないことで起こる逃げる意識の風化は、また私の家族のような「想定外」の津波による痛ましい犠牲者を出してしまいます。10mのスーパー防潮堤のあった田老町の犠牲者は、防潮堤のない鍬ケ崎の犠牲者の四倍にのぼったのです。   もしこの計画が進み、将来一人でも「想定外」津波で犠牲になったら、政府の補償問題どころではありません。宮城県知事は、この計画の遂行に政治生命をかけるとおっしゃいましたが、知事の政治生命などをいただいても、亡くなった人達は戻らないのです。   私だけではなく、何千人もの被災者が、この防潮堤計画に反対しています。ぜひ、皆さんにも、ご署名いただき、一人でも多くの方に、拡散していただけませんでしょうか。被災地と日本全国の子ども達を、巨大防潮堤計画から救うために。   防潮堤計画に関する詳しい情報は下のウェッブサイトをご覧ください。   http://www.facebook.com/ThinkSeawall     http://www.youtube.com/watch?v=g4TI7eF72PI   http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/37321?page=2    http://www.mori-umi.org/base14.html   http://seawall.info/index.html   http://www.city.kesennuma.lg.jp/www/fukko_shimin/index.html   http://www.env.go.jp/jishin/park-sanriku/images/sanriku_fukkou_project_eng.pdf   http://mainichi.jp/feature/news/20130319dde012040015000c.html    http://www.env.go.jp/jishin/park-sanriku/index.html    

 



今日:Hirokoさんがあなたを必要としています

Hiroko Otsukaさんは「SAVE COASTS AND TSUNAMI VICTIMS 防潮堤より復興支援」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!Hirokoさんと2,503人の賛同者と一緒に賛同しましょう。