ICU(国際基督教大学)のバカ山空間をこわさないで!

0 人が賛同しました。もう少しで 1,500 人に到達します!


ICU(国際基督教大学)では、老朽化している本館の建て替えをはじめとし、旧D館、理学館など複数の建物の新設を含む、キャンパス全体のグランド・デザインを策定しているとのことです。
(参照URL→https://www.icu.ac.jp/about/activities/cgd/index.html
このイメージ図によりますと、これまでのICUキャンパスには存在していなかった、本館と各建物を結ぶ小道のようなものが、複数つくられる予定となっています。
その結果、移動する学生や教職員の動線が変化し、現在とは人の流れが変わる可能性があります。現在、ICUのキャンパスには、本館と他の建物をつなぐ道は「花道」と呼ばれている小道一つしかありません。その結果、奇跡的に、通行する人々の視線を一切気にすることなく自由に過ごすことができる空間が、バカ山周辺に成立しています。しかし、このグランド・デザインによって、バカ山そのものは存在したとしても、周辺の解放性が失われ、ここで自由に寝転んだり、読書をしたり、食事をすることなどが困難になるのではないか、と懸念する声が出ています。
ICUのバカ山は、単なる広場ではありません。一人で思索に耽りながら過ごすこともでき、学生同士が対話をすることもできる場所です。天気の良い日には、ここで授業を行うことさえあり、ICUの学生、卒業生にとって、最もICUらしい場所として、なくてはならない場所です。卒業後も、再びこの場所に戻ってくる卒業生は多く、日本にも、海外にも、同じような空間が存在している大学は稀であり、唯一無二の、ICU生のアイデンティティーとも言える場所なのです。
※2016年5月にHPが更新され、計画が修正されました。

ICUの教育の理念である「リベラルアーツ」を体現する場所である、自由に過ごせるバカ山空間を、どうか、無くさないでください。
また、新教育寮建設(工事費は、2寮新設で約40億円)を含む、キャンパスグランドデザイン自体、建築費が高騰している2020年までの完成を急ぐことにより、総工事費が、数百億円にものぼるとの予測が出ています。少人数教育を徹底しているICUは、毎年数億円の赤字を計上していると報じられているにも関わらず、この計画が予定通り進むと、これまで健全な運用をしてきた基金を濫用し、半減させてしまう可能性まで言及されています(2020年、東京オリンピック開催に伴う、建築費の高騰について→https://goo.gl/tH0Bnz・ICUの財政状況について→https://www.icu.ac.jp/about/info/finance.html)

本館をはじめとした、ICUのキャンパス内の建築物の多くは、ICUの過去と現在、未来をつなぐ貴重な遺産とも言うべき建築物です。森林を伐採し、現在のICUキャンパスの環境を壊すだけでなく、莫大な基金を使い、ICUの存続さえ危うくしかねないこの計画に対しては、寄付などを通じてICUを支援し続けていきたいという思いを持つ多くの卒業生からも、現在のICUの運営の姿勢に対して疑問を呈する声が聞こえてきます。ICUは少人数教育を核とした教育機関であり、建物をいくら整備しても、その投資は容易には回収されません。教職員の人件費や教育研究費を大幅に削減し、新しい建築物の建設に巨額の投資をするという方向性は、ICUの教育の理念を踏まえたものとは思えません。
現在のICUキャンパスを変貌させ、キャンパスへの愛着を持つICU生ならびに卒業生を失望させている、この計画を、どうか、見直してください。
(新教育寮建設のための建設費は、基金を使用する・あるいは低利により40億円を借り入れる:参照URL→http://scienceportal.jst.go.jp/columns/highlight/20151208_01.html)

No to the destruction of the environment surrounding Bakayama at ICU!

Currently, the International Christian University (ICU) is developing a 'grand design' which includes the rebuilding of a number of buildings, including the iconic 'honkan' main bulding, 'old D' building and the Science building. (https://www.icu.ac.jp/about/activities/cgd/index.html

According to this illustration, a number of things are planned that never existed on the ICU campus, including pathways which connect the main building and which may well change the course of traffic around the campus. Currently, there is a single path connecting the main building to the other buildings, which is called the 'hana-michi'. The fact that there is only one such path enables students to enjoy the open space around Bakayama, without concern for the eyeline of those passing upon this path. There are concerns that even if Bakayama were to be retained, the many paths that will cut across this liberated area will preclude future students from enjoying the open space, reading, eating, and just enjoying the greenery in the leisurely manner that is currently possible.

Bakayama at ICU is not just any old square. It is an open green space that enables students to ponder the great questions of life, fosters dialogue between students due to its openness, and on occasion, when the weather is good, is also host to a number of inspired classes. As such, for students and alumni alike, this space is the one which most represents the open spirit, and even the identity of the university. Students flock back here, even after graduation, because its' vastness is so rare, in Japan and elsewhere. We ask you to preserve this space which embodies the 'liberal arts' which ICU aims to teach its students in a much more undidactic and therefore natural manner.

Additionally, the University is hurryng to rebuild the old dormitories at a pace and with a budget which is extravagant, given the school's meagre budgetary means. The total construction costs are set to be around 4 billion JPY equivalent to around 35 million USD. This seems foolhardy if not simply foolish, given that ICU has already been reported to record deficits of several hundred million JPY a year, or several million USD. Proceeding with this reckless plan would mean that the funds that have so carefully been set aside will be halved. For more on the budgetary aspects see (https://goo.gl/tH0Bnz) and also (https://www.icu.ac.jp/about/info/finance.html

(http://scienceportal.jst.go.jp/columns/highlight/20151208_01.html)

Starting with the 'honkan' main building, the buildings on the ICU campus should be considered a valuable asset which links the university's past, present and future. A plan which entails the logging of precious woodlands in the middle of Tokyo, and which likewise damages the budgetary situation of the university is understandably being questioned by both alumni who donate each year and current students. As a university which prides itself on providing a great education to a small number of students, it is hard to see just how the university will recuperate the construction costs incurred if these plans proceed. Expending vast sums on the construction of unnecessary new buildings while slashing the pay of university staff and cutting support for research seems to be entirely at odds with the University's educational philosophy and ethos.

Please revise these plans, which will change the face of the campus forever, and which disappoint present students as well as past students who continue to retain fond memories of ICU, and intend to contribute to its present and future.



今日:.さんがあなたを信じています

ICUキャンパス保全会 .さんは「ICU理事長: ICU(国際基督教大学)のバカ山空間をこわさないで!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!.さんと1,322人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。