ナスカ(ぺル―)の考古学的発見を保護しましょう。(Japonais)

0 a signé. Allez jusqu'à 100 !


ナスカ(ぺル―)の考古学的発見を保護しましょう。

2015年秋に、ナスカ砂漠の地下から秘宝研究者によってミイラ化された人体をはじめ様々な物が発見されました。それらの人体は未開の異要形態を持っています。

ぺル―のONGインカリクスコ学院によってX線分析、スキャナー、炭素14法による推定日付けなどの試験が行なわれ、生物学上実在物が真実であるという結果が証言されました。

それらには2種族の存在が判明していて :

1種は60cmの « 爬虫類人間 » 。3本指の手足を持ち、爬虫類の様な長い頭蓋骨とトカゲの様な皮膚を持つ。3つの卵を持っている事は代表的特徴のひとつと言える。年功約800年と推定される。

もう1種は いわゆる «混種 »。人間のように身長1m70。x線やスキャナーにより内臓が見られる。手足は5つの指骨の3本指で長い頭蓋骨。炭素14法によると、ほぼ1750歳と推定される。

AND分析によるとホモサピエンスではないことが明らかです。

全てが珪藻類の土で覆われていたために乾燥から守られて保存されました。

この異例な発見によって我々の過去の見解を変え、人類の歴史を理解する新要素をもたらすことができるでしょう。

全ての生物学的要素が破壊されるか、個人のコレクターに密売される、又は隠される恐れがあります。

政府間の世界的協力を呼びかけましょう。

これらの人体の科学研究が実現することを要求しましょう。

ユネスコ協会が研究書類の審査を確保することを付託されるように。

この請願書にサインしてください。

我々の指導者が、常にこの最大の考古学発見を承認し、保護するために。

フランスの申立て (French)

英語の申立て (English)

Attachments:

Here is a set of more than fifty descriptive medical charts on the bodies that have been found pdf

Descriptive videos of the specimens:

1- Alberto    2- Josefina    3- Victoria

4- Maria      5- Wawita      6- Alberto 2

 



Michel compte sur vous aujourd'hui

Michel RIBARDIÈRE a besoin de votre aide pour sa pétition “Audrey Azoulay: ナスカ(ぺル―)の考古学的発見を保護しましょう。”. Rejoignez Michel et 4 signataires.