3大メガバンクさん、私たちのお金を環境破壊に使わないでください。

0 人が賛同しました。もう少しで 7,500 人に到達します!


世界中の新たな石炭火力発電所の建設には、日本の3大メガバンクが世界トップクラスの金額を融資していることをご存知でしょうか。

融資額はみずほ銀行が世界1位、三菱UFJは2位、そして三井住友は5位であることがドイツのNGOの調査で明らかになりました※1。

またこれらの金融グループは、土地接収などの人権侵害が報告されているインドネシアのバタン石炭火力発電所やチレボン石炭火力発電所、地域産業へ大きな被害を与えているベトナムのビンタンやブンアン石炭火力発電所をはじめとする、問題のある個別案件にも融資をしていることが明らかになっています。

石炭は、他の資源に比べて地球温暖化をもっとも進める燃料です。発電の際に発生する大気汚染で世界各地の人たちを苦しめています。国連環境計画によると、地球温暖化の被害を避けるためには、石炭を使用する石炭火力発電所の新規建設は許せないと指摘されています。

三菱UFJ、みずほ、そして三井住友の3大メガバンクにお金を預けている場合、このように環境破壊や人権侵害を引き起こす石炭火力発電所の新たな建設計画に、私たちの貯金が使われている可能性が高いのです。

そこで3大メガバンクに私たちのお金を石炭火力発電や採掘事業に使わないで、環境や社会に配慮したビジネスに融資をするよう呼びかけるために、この署名を立ち上げました。

メガバンクに責任ある銀行業務を求めるために、私たちは三菱UFJ、みずほ、そして三井住友の日本の三大メガバングが石炭火力発電事業および石炭採掘事業への新規貸し出しを中止し、持続可能な開発を支えるビジネスへ移行するよう、10,000人の署名を集めています

3大金融グループの株主総会が始まる6月下旬に各金融機関のCEOに署名を提出します。

私たち預金者の意志を大手銀行に伝えるために、ぜひこの署名に賛同して下さい。

ーーーーー

賛同団体

350.org Japan・国際青年環境NGO A SEED JAPAN・「環境・持続社会」研究センター(JACSES)・国際環境NGOグリーンピース・ジャパン・認定NPO法人気候ネットワーク・国際環境NGO FoE Japan・レインフォレスト・アクション・ネットワーク(RAN)日本代表部

ーーーーー

※1:http://toyokeizai.net/articles/-/203019



今日:350.org Japanさんがあなたを信じています

350.org Japanさんは「3大メガバンクさん、私たちのお金を環境破壊に使わないで下さい。」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!350.org Japanさんと6,358人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。