このキャンペーンは終了しました
宛先: 防衛大臣

陸上自衛隊に新エンブレムの撤回を求めます!

24,017
人の賛同者

 陸自が、これまでの「国土防衛マーク」を捨てて、日本刀の「抜き身」をエンブレムに登場させました。「帝国陸軍軍人」が帯刀していたこと、それが飾り物ではなく実際に殺戮のために振るわれたことを記憶しているアジアの国々では戦前の「亡霊」が現れたと受け止めるでしょう。

 鞘を抜き払った日本刀が描かれたエンブレムは陸自が人殺しの道具をあがめている集団と表明していることも同然です。「問答無用」での武力行使をしてきた旧日本軍の血に塗られた軍刀の記憶を呼び覚ますこのエンブレムは、国内のみならず海外でも大きな反発を引き起こすことは必至です。

 「平和への活動」と言いつつ、刀を崇拝しているデザインは、国民としても、大変恥ずかしく、海外に出すわけにはいきません。陸自に新エンブレム撤回の英断を求めます。

署名は以下の宛先へ届けられました:
  • 防衛大臣


    篠原  陽子 さんはこのキャンペーンを賛同者1名から始め、今では24,017名の賛同者を集めました。あなたも、変えたい課題に対して、キャンペーンを始めてみませんか?




    今日:陽子さんがあなたを信じています

    篠原  陽子さんは「陸上自衛隊に新エンブレムの撤回を求めます!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!陽子さんと24,016人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。