鎌倉女子大学の学費返納

0 人が賛同しました。もう少しで 1,000 人に到達します!


 私は鎌倉女子大学に通う3年生です。

 新型コロナウイルスの感染拡大により、学生の生活にも大きな影響が出ています。その状況を考慮し、鎌倉女子大学では、5月18日よりオンラインでの授業の開始が決定しています。本校が学生や教職員の命を守ることを最優先にし、教職員の皆様が授業開始に向け、さまざまな対応をするなどご尽力されていることに感謝申し上げます。

 しかし、普段通りの授業を受けられないことに加え、図書館や学生食堂をはじめとする様々な施設を利用することができない状況にあるのにもかかわらず、例年通りの学費を納入することに疑問を持ちます。

 授業料の一部返納を求める具体的理由として、通常の対面授業とオンライン授業では、授業の質が異なります。様々なコンテンツを利用し、意見交換や質疑応答を行えるように工夫している面も見られますが、機械トラブル等で授業を受けることのできない可能性もあるため、学生が期待している学習環境ではないと考えます。また、実技的な内容を学ぶはずの授業は、オンライン授業ではカバーできない点も多くあります。

 施設利用料の一部返納を求める理由として、本校では施設利用の制限がされており、学生が満足にキャンパスで学習することが難しくなっています。

 よって、以上の理由から、オンライン授業への移行による普段通りの授業が受けられないことや、施設等を利用できないことへの対応として、学費の一部の返納を求めます。

 オンライン授業への移行による授業の資料作成やZoom、manabaなどを最大限に活用した講義に向けた準備等、教職員の方々には今まで以上に負担がかかっていることと思います。学生が自宅でも学習ができるように工夫してくださっていることをありがたく思います。しかし、私たち学生の意見を取り入れた対応をどうかご検討ください。よろしくお願いします。

 

【閲覧者の方々へ】 

 このような意見に賛同してくださる方は、以下の手順でお願いいたします。

  1. 画面下部の赤い「今すぐ賛同」をクリック

  2. 必要事項を入力

在学生の方: 「名字」の欄に学籍番号を入力

       「名前」の欄に氏名を入力

      メールアドレスを入力

      居住地と郵便番号を入力

※在学生以外の方(卒業生、親御さん、職員等)の関係者の方は、「名字」の欄に関係性をご入力ください。(例:在学生の母、大学の職員等)

 3.「今すぐ賛同」にクリック

 4.入力したメールアドレスに届いたメールを確認し、アドレスの認証をしてください。メール内の赤い認証ボタンをクリックして初めて署名が反映されます!

 こちらにご入力していただいた情報はこの活動以外に使用することはありません。