遺族厚生年金は男性差別です!夫のみ年齢制限ありの規定の撤廃を求めます!!

遺族厚生年金は男性差別です!夫のみ年齢制限ありの規定の撤廃を求めます!!

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!
100 の賛同で,このキャンペーンは ページ上のおすすめに表示される可能性が高くなります!
発信者:とらんすりべ . 宛先:厚生労働省   (0352531111)

遺族厚生年金は
死亡者の配偶者が妻の場合は年齢制限がないのに対し
夫の場合は55歳以上という年齢制限があります。

これは男性差別です。
年齢制限の撤廃を求めます。

遺族年金の受給要件について、収入に差異を設けることはともかく、一律に男女の違いだけで差異を設けることは適切ではありません。収入に男女差があるとしても、それは他の公正な政策で解消すべきであり、年金で調整すべきではありません。
現代では共働きが主流であり、女性は収入が多くても遺族年金が受給でき、男性は収入が少なくても遺族年金が受給できないという不合理な結果が起きえます。これは平等・公平の精神からして決して望ましいことではありません。
上記の理由により、遺族補償年金の規定を合憲とした最高裁の判断は適切ではなく、憲法14条の理念に反します。

以上より夫が遺族の場合のみ年齢制限がある現行の遺族厚生年金の規定は男性差別にあたります。年齢制限の撤廃を求めます。

遺族厚生年金の男性差別の件については厚労省に要望を伝えましたが、役所相手に1人の力ではどうすることもできず限界があります。店舗の女性割引やレディースデーなどは、個人個人で電話なりメールなりをして意見を伝えるだけでも企業は改善することがありますが、制度や法令を変えるとなるとそうはいきません。大きなエネルギーが必要になります!
そこで考えたのが署名を集めて国に請願書を送ることです。要望書は請願書を送るためのジャブに過ぎません。多くの人の力を結集させる必要があります。皆様の情熱が力になります!

賛同頂ける方は署名をお願いします!!

 

 

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!
100 の賛同で,このキャンペーンは ページ上のおすすめに表示される可能性が高くなります!