四谷アート・ステュディウムの存続を求めます

このキャンペーンは終了しました

四谷アート・ステュディウムの存続を求めます

475人の賛同者が集まりました
発信者:四谷アート・ステュディウム存続を求める会 宛先:近畿大学

Kindai University : We demand continuance of Yotsuya Art Studium   

Petition by  

Students demanding continuance of Yotsuya Art Studium

Please scroll down for the english version. 

..................................................................................................................................

請願事項

近畿大学に対し、以下の点を求めます。 

・近畿大学国際人文科学研究所東京コミュニティカレッジ四谷アート・ステュディウムの閉校、および閉校の実行プロセスの決定に至る明確な理由の開示、および、責任者による公開説明会(会場参加者からの質疑を含む)を求めます。

・同校閉校を撤回し2014年度以降も現カリキュラムのまま存続することを求めます。

 

請願趣旨   1.

近畿大学が、東京新宿で四谷アート・ステュディウムというすばらしい芸術学校を主宰していることを知っていますか?

近畿大学国際人文科学研究所東京コミュニティカレッジ四谷アート・ステュディウムは、現代日本の芸術・文化にとって重要な教育研究機関です。世界的にみても質の高い芸術教育カリキュラムをもって活動しています。

岡崎乾二郎教授を主任ディレクターに、東京四谷にて2004年[*]より開講、趣旨を理解し、学びたい誰もが受講することができる会員制(国際人文科学研究所の研修会員として登録)の学校です。

*東京コミュニティカレッジとしては、2002年より開講。

2.

近畿大学は、四谷アート・ステュディウムを唐突かつ一方的に閉校しようとしています。

2013年11月下旬、近畿大学は四谷アート・ステュディウムを、

「東京事務所移転に伴い来る2014年3月末日を持ちまして閉講する運びとなりました」

と受講生に通知しました。今年度のカリキュラム終了予定の12月下旬までに、実質的に約1か月前の通知でした。さらに、数年の履修を見越した講座内容も含まれるため、2014年度以降の開講を予定して受講してきた私たち受講生は、近畿大学の唐突かつ一方的な決定に困惑し、失望しています。

閉校を決定するにしても、近畿大学には関係者を含めた社会全体に対する説明責任があるはずです。しかしながら決断に至った経緯は極めて不透明であり、その開示の方法・時期からも、到底納得のできるものではありません。

3.

四谷アート・ステュディウムは、コミュニティカレッジという枠を超えた教育研究機関です。

20世紀芸術における貴重な文化的遺産を後世に伝え残すことは社会的責務です。

四谷アート・ステュディウムは、2004年の創立以来、「生産を行う実践の現場」という、まったく新しいシステムの芸術の学校として活動してきました。併設ギャラリーObjective Correlativeでの展覧会、出版物や多彩なプロジェクトとして結実した教育・研究の成果は、国内のみならず国外でも高い評価を受けています。修了生は、すでにアーティスト、批評家、編集者などとして、文化の第一線で活躍しています。そして、20世紀芸術の最重要作家・理論家を招聘してきた、多くの特別講演会の記録は、文化的遺産を後世に伝え残すための重要なアーカイブとなっています。

大学は、こうした財産と、それらを擁する教育・研究拠点を保護すべき社会的機能を担うはずです。それは学内にとどまらない重大な社会的問題です。

近畿大学が四谷アート・ステュディウムを十分な説明を欠いた状態で唐突に閉校しようとするのであれば、それは、受講生の学ぶ権利を剥奪するばかりか、社会における大学の役割そのものに疑念を抱かせかねない行為と映らないでしょうか。

………………………………………………………………

*以上の趣旨にご賛同下さる方の署名を募ります。

*住所は郵便番号のみご記入お願いします。

*コメント欄(任意)に、肩書き・ご専門をご記入いただければ、なお幸いです。

*署名したことをChange.orgで非公開にしたい場合、記入欄下の表記をご確認の上、チェックを外してください。
………………………………………………………………

※公式サイト、および、閉校をめぐる経緯については関連リンクをご参照ください。

【公式サイト】

●四谷アート・ステュディウム|http://artstudium.org/

所在地:東京都新宿区四谷1-5

【関連リンク】

●四谷アート・ステュディウム存続へ向けて|http://artstudium2014.blogspot.jp

在学生・在学経験者による意見書を掲載し、閉校をめぐるプロセスを記録。在学生有志が運営。

●芸術教育とは何か?―四谷アート・ステュディウム閉校問題から考える―

http://artstudium-artandeducation.tumblr.com/

Art Studiumの教育にたずさわった芸術家、批評家、研究者が寄稿。

寄稿者(2013.2.24時点):

三輪眞弘、北川裕二、山崎広太、三脇康生、松浦寿夫、岡田温司、斎藤環、田中正之、田中純、林道郎、中谷礼仁、前嵩西一馬、上崎千、沢山遼、松井勝正、藪前知子、米田尚輝、平倉圭、田口卓臣

【twitter】https://twitter.com/ytysign|【facebook】http://on.fb.me/19lXo5j

………………………………………………………………

【賛同人(芸術・研究に携わる専門家の一部)】

(50音順):3月4日時点

 

有賀 文昭        美術家

池田 剛介        美術家

石岡 良治 

岩渕 貞哉      『美術手帖』 編集長

大澤 寅雄      (株)ニッセイ基礎研究所 芸術文化プロジェクト室 准主任研究員

岡田 利規        演劇作家/小説家/チェルフィッチュ主宰

小野 弘人       建築家

木村 覚       美学・批評/日本女子大学人間社会学部 准教授 

郡司 ペギオ-幸夫    神戸大学理学部地球惑星科学科 教授

後安美紀      生態心理学者/大阪市立大学法学部客員研究員

斎藤 環                  精神科医/評論家/筑波大学医学医療系社会精神保健学 教授

桜井 圭介      コンポーザー/ダンス批評家

沢山 遼       美術批評家

高橋 明彦      金沢美術工芸大学美術工芸学部 教授

田口 卓臣        宇都宮大学国際学部 准教授

武 眞理子       馬喰町ART+EAT 代表

田中 功起      アーティスト

手塚 夏子      ダンサー

豊嶋 康子       美術家

中井 悠       作曲家/研究者/ニューヨーク大学 非常勤講師

長島 明夫      『建築と日常』 編集者

成相 肇        東京ステーションギャラリー 学芸員

橋本 聡              (「アーティスト」や「基礎芸術 Contemporary Art Think-tank」で活動)

林 道郎       美術批評家/上智大学国際教養学部 教授 

福永信        小説家 

前嵩西 一馬     文化人類学・沖縄研究/早稲田大学琉球・沖縄研究所 客員研究員

眞島 竜男        現代美術作家

松浦 寿夫        画家/美術批評家/東京外国語大学外国語学部 教授

三脇 康生      精神科医/美術批評家/仁愛大学大学院 教授

三輪 眞弘        作曲家/情報科学芸術大学院大学(IAMAS) 教授 

森田 浩彰      アーティスト

山崎 広太       振付家/ダンサー/ベニントン大学 ゲスト講師

渡辺 真也              インディペンデント・キュレーター/ベルリン工科経済大学 講師

..................................................................................................................................

  
  
Petition  
  
We demand Kindai University the following.  
  
・Indicate the clear reasons for the sudden shut down of Yotsuya Art Studium, Tokyo Community College, International Center For Human Science, Kindai University, and an explanation of its closing process.  Convene a public meeting among the students and the person in charge.  
  
  
・Stop the shutdown of Yotsuya Art Studium, and continue the school with its current program with no alternation in 2014-2015 academic year and on.   
  
  
The purpose of petition


1.  
Do you know Kindai University runs Yotsuya Art Studium, a superb art school in Tokyo?  
  
Yotsuya Art Studium, Tokyo Community College, International Center For Human Science, Kindai University is an important educational institute for art and culture in Japan today. The school provides widely recognized art education courses.
  
With Prof Kenjiro Okazaki as a chief director, the school was founded in Yotsuya, Tokyo in 2004. Its membership system allows anyone who shares its aim and has the motivation to participate in the program.   
  
It started in 2002 as Tokyo Community College.   
  
  
2.  
Kindai University has suddenly announced the shutdown of Yotsuya Art Studium with no explanation or discussion process.  
  
In late November, 2013, Kindai University sent a notice to students which states Yotsuya Art Studium is " to be closed by March 31, 2014 due to the relocation of the Tokyo office." The letter reached the students only one month before academic year ends in late December. In addition, since some classes are designed to be taken over multiple years, students who have planned to take such classes in 2014-2015 and on are confused and dismayed by the unexpected and unilateral decision by the university.  
  
  
3.  
Yotsuya Art Studium is a unique educational institute beyond a mere community college.  
  
There is a social responsibility to pass down its significant cultural heritage to the next generation.   
  
 The Yotsuya Art Studium has been conceived as an educational, interdisciplinary locus for the arts which places value on nurturing working artists in the world, encouraging students to consider and utilize art as a powerful, positive force - one that can, and does, effect change - in the world at large. The curriculum includes a combination of workshops, theory courses, and classes focusing on practical skills, and maintains a heavy-hitting faculty cast (including numerous guests) of some of the most innovative artists and thinkers in Japan and beyond.  Its fruits have been exhibited in the school gallery, Objective Correlative, published, and presented in numerous events and symposiums.  The alumni are active in the front line of various fields as artists, critics, editors, etc.  As a result of its wide, in-depth, and  networking activities, the school holds significant archives of lectures, exhibitions, researches, and events by the most innovative artists and thinkers of our time.  
  
We believe a university bears social responsibility to protect such assets and the environment for education and research. Therefore the closure of the school is an issue which goes beyond our interest.  
  
If Kindai University is to suddenly shut down Yotsuya Art Studium without sufficient explanation, it not only deprives our rights as students but also risks the public recognition on the role of universities in society.  
  
..................................................................................................................................    

Please sign our petition if you approve the above statement of purpose.  
  
We would appreciate it if you could fill in your job description your field in the comments column if possible.  
  
..................................................................................................................................   

 

Please visit the related sites below.  
  
[official site]  
  
・Yotsuya Art Studium: site in Japanese http://artstudium.org/  
                                    : site in English http://www.artstudium.org/en/  

 Address : 1-5 Yotsuya, Shinjuku-ku, Tokyo, Japan  

  
[related links]  
  
・Allow Yotsuya Art Studium to Shape the Future
http://artstudium2014.blogspot.jp  
Posts opinions by the students and alumni in order to continue the school.  
  
・On Art Education -essays on the shutdown of Yotsuya Art Studium-  
http://artstudium-artandeducation.tumblr.com/  
Artists, critics and researchers, who have worked with Yotsuya Art Studium have contributed their views on art education. 

このキャンペーンは終了しました

475人の賛同者が集まりました

キャンペーンをシェア