北海道停電で廃棄した生乳を全額補償する対策を講じてください

0 人が賛同しました。もう少しで 2,500 人に到達します!


9月6日に北海道を襲った北海道胆振東部地震。厚真町などでの土砂崩れ災害も甚大で多くの死者、行方不明者を出しております。心よりお悔やみと、不明者の早期の発見を祈るばかりです。

あわせて地震直後に北海道全土で起きた停電は、北海道民の生活に大きな影響を及ぼしました。

なかでも、大農業地帯北海道の主力産業でもある酪農は、特に大きな被害をもたらしました。

規模拡大が進む昨今の酪農では、搾乳においても電気が不可欠です。搾乳作業も、搾った乳を冷却するのも、餌を与える機械も、全て電気が必要です。

また、搾ることができたとしても、その搾ったばかりの生乳(せいにゅう)を牛乳やチーズ、バターなどに加工する乳業工場が稼働していなければ、酪農家から出荷することはできません。

停電により、ミルクのフードチェーンがズタズタに寸断されたことにより、酪農家段階で、搾った生乳の大半を廃棄する事態になりました。

恒久的な制度として、このような廃棄した生乳に対する補償がない状態です。

今年の北海道の酪農は、天候不順により、牧草や飼料用トウモロコシの収穫が例年を大きく下回り、先行きに不安を抱えていました。

そのなかで起きた地震、そして停電、生乳の廃棄。

補償があるのか先行きが見えないと、酪農を続ける意欲さえも失いかねません。

日本の乳用牛の半数以上がいる北海道、

日本の生乳の半分以上を生産する北海道、

日本のチーズやバター、生クリームなど乳製品の9割を生産する北海道。

 

この北海道酪農を支えるためにも、停電により廃棄を余儀なくされた生乳について、国として補償を行なっていただけるよう、お願いします。



今日:北海道ナチュラルチーズコンシェルジュ チーズのこえさんがあなたを信じています

北海道ナチュラルチーズコンシェルジュ チーズのこえさんは「農林水産大臣: 北海道停電で廃棄した生乳を全額補償する対策を講じてください」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!北海道ナチュラルチーズコンシェルジュ チーズのこえさんと2,308人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。