キャンペーン成功!

荒川の鹿 殺処分ありきではなく、命を繋ぐ努力を!

3,581人の賛同者により、成功へ導かれました!


現在、私は千葉県香取神宮で鹿を15頭飼養しており、多くの方から荒川の鹿の命を繋いでほしいと要望が届きました。引取りにはいくつかクリアせねばならない課題があり、現在調整をしクリアになってきています。

ですが、足立区の担当部署である危機管理課へ引取りの問い合せをしたところ、新聞等では引取先を探し、命を可能な限り繋ごうとしているかのような文面になっていますが、鹿は害獣で駆除を目的として捕獲の申請をしたので、譲渡は考えていないと言うのです。引き取り手が見つかる可能性があるのに殺処分はしないでほしい、駆除ではなく譲渡できるように善処頂けないかとお願いしましたが、担当者は「譲渡できるように話をするかどうかも非公開、譲渡できるようになったとしても、どこに譲渡したか非公開、殺処分しても公開するつもりはありません」とおっしゃいました。東京は犬猫だって殺処分をなくそうと多くの方が取り組んでおられるし、鹿は野生動物ですが命です。適切に飼育するのですから害獣ではありません。救える命は救おうという努力はしてほしいとお願いしたところ
「鹿は犬猫とは違います。害獣ですからご理解ください」そう言われました。
足立区のことなので足立区長、そして駆除の許可を下したのは東京都知事、このお二人の判断で鹿の行く末が変わります。
救いたいという多くの方の気持ちが届けて、なんとか命を繋ぎたい。ぜひ皆様の声で力をお貸しください。



今日:Reikoさんがあなたを必要としています

Kagimoto Reikoさんは「足立区長: 荒川の鹿 殺処分ありきではなく、命を繋ぐ努力を!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!Reikoさんと3,580人の賛同者と一緒に賛同しましょう。