豊島(てしま/瀬戸内海)にメガソーラー、自然を壊す建設反対(Japanese&English)

0 人が賛同しました。もう少しで 15,000 人に到達します!


 私たちは、日本の瀬戸内海、香川県豊島に建設されようとしている大型太陽光発電計画に反対しています。太陽光発電そのものを否定しているわけではありません。

  1. 景観の優美なこの場所に作られること
  2. 儲かりさえすれば良いという事業者が継続して事業を維持できるのか未知数であること
  3. 不安定な土地に作られる事による災害や海洋汚染のリスクに対して反対しているのです。

 シルクロードの名付け親として知られるドイツの地質学者フェルディナント・フォン・リヒトホーフェンは、1868年、アメリカから中国への航行中、瀬戸内海を初めて目にしました。彼は「支那旅行日記」で、その美しさを世界に伝えるとともに今日の私たちに警鐘を鳴らしています。

「優美な景色で、これ以上のものは世界の何処にもないであろう。将来この地方は、世界で最も魅力ある場所の一つとして高い評判を勝ち得、沢山の人々を引き寄せることであろう。(中略)かくも長い間保たれてきたこの状態が今後も長く続かん事を私は祈る。その最大の敵は、文明と以前知らなかった欲望の出現である」

と。

 そして、1934年3月豊島を含む備讃瀬戸は日本で初めての国立公園の1つに指定されました。つまり日本が後世に残すべき景勝地として指定されたのです。

==================
 豊島は42年にわたって、自分さえ儲かればよいという悪質な事業者によって行われた有害産業廃棄物不法投棄事件と闘ってきました。かつてはごみの島と呼ばれたこともありました。この歴史は世界に知れわたることとなりました。
 2017年3月、91万トンという廃棄物と汚染土壌の撤去が完了しました。これでごみの島という汚名を返上し、ごみを乗り越えた島として歩み始めることに確信が持てると感じ始めています。

 【豊島 てしま】
 豊島は人口800人余りの小さな離島です。しかし今では、瀬戸内国際芸術祭を通して西沢立衛・内藤礼らによる豊島美術館や、クリスチャン・ボルタンスキーの心臓音のアーカイブなどアートの島として世界中から多くの人々に訪れてもらえるようにもなりました。
================

 私たちは最大限豊島の自然を温存し、自然と共存する島を目指しています。そこへ太陽光発電所計画が持ち上がったのです。自然を守る太陽光発電を自然を壊して建設して良いのでしょうか。
 まさに、リヒトホーフェンの言葉の通り、今や豊島は世界の豊島となりつつあります。
 私たちは、この島を守り後世へと継承していきたいのです。今島民が一丸となって太陽光発電計画と闘っています。どうぞ皆さんのお力をお貸し下さい。電子署名にご協力下さい。私たちは、その署名を電力会社、政府(経済産業省、環境省)、香川県、土庄町等に提出し皆さんの声を活かしたいと考えています。島民と共に皆さんの力でこの自然を守って下さい。皆さんの助けが必要なのです。 

 We oppose the plan to develop large-scale solar power production on the island of Teshima of the Seto Inland Sea in Kagawa Prefecture, Japan. That is not to say that we are opposed to solar power itself. However, we oppose the project for three reasons. First, building in this location would take away from the area's exceptional scenic beauty. Second, it is uncertain if a business only interested in making money will be able to continue in the long term, and third, it poses a risk of causing disasters or polluting the sea by being built on unstable land.

 German geologist Ferdinand von Richthofen, known for coining the term "Silk Road," saw the Seto Inland Sea for the first time while sailing from the US to China in 1868. In his "Tagebucher aus China," he communicated its beauty to the world, and also gave a warning for the future:

 “With such majestic scenery, could there be anywhere in the world more beautiful than this? In the future, this place will be celebrated as one of the most charming in the world and attract many visitors ... I pray that it can remain like this forever. Its greatest enemy will be civilization and the emergence of a human desire unlike anything before.”

 Then, in March of 1934, the Bisan-Seto Strait, including Teshima, was designated one of the first national parks in Japan. In other words, it was designated as a beautiful part of the natural world that Japan must preserve for the future generations.

 For 42 years, Teshima has fought against the illegal dumping of industrial waste by malicious business operators only interested in turning a profit. It had received the unfortunate nickname Garbage Island. This tragic history became known to the world, but the removal of 910,000 metric tons of waste and polluted soil was eventually completed in March 2017. With this, the stigma of being Garbage Island was removed, and the first confident steps were taken as the island began to overcome this unfortunate part of its past.

 Teshima is a small, remote island with a population of about 800 people. Now, thanks to the Setouchi Triennale international art festival, many people come to visit from all over the world. Teshima has become an island of art featuring locations such as the Teshima Art Museum and Les Archives du Cœur. We wish to preserve the natural state of Teshima, and hope for an island that celebrates coexistence with nature. This is where the plan to build a solar power plant has arisen. But what good is it if building a solar power plant to protect nature ends up destroying nature in the process?

 It is indeed as Richthofen said: Teshima is now opening up to the world. We want to preserve the island, so that it can last for future generations. Now, the residents of the island are fighting the plans for a solar power plant together. We ask for everyone to lend us their support. Please aid us by providing your electronic signature. Raise your voice together with ours. We will present everyone's signatures to the power company, the government (Ministry of Economy, Trade and Industry; Ministry of the Environment), Kagawa Prefecture, Tonosho Town, and other agencies involved. Please work together with the residents to protect the island’s natural beauty. We need your help.



今日:自治連合会さんがあなたを信じています

豊島 自治連合会さんは「豊島(てしま/瀬戸内海)にメガソーラー、自然を壊す建設に反対(Japanese&English)」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!自治連合会さんと13,890人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。