STU48の運営を健全な体制に!運営会社の変更及び陸上劇場の創設を求めます

0 人が賛同しました。もう少しで 100 人に到達します!


私たちは、香川県高松市にAKB48グループの劇場を創設することを目標に活動しています。その背景にあるのは、「STU48の運営体制を見直し、安心して活動&応援できる環境にしてほしい」という思いです。

 

※STU48とは:瀬戸内地方の7つの県(山口、広島、岡山、香川、愛媛、徳島、兵庫)を舞台とする広域アイドルグループ。船上劇場の公演という独自性で話題を集め、2019年5月に公演を開始しましたが、多数の問題点を抱えています。

 

メンバーたちは真摯にアイドルとしての活動に向き合っているのに、運営の危機管理能力のなさ、見通しの甘さ、パワハラやセクハラにより苦しんでいるというのが現状です。山口真帆さんにまつわるNGT48の不祥事も記憶に新しい通り、現在の運営体制では真面目に頑張るメンバーたちの身に危険が及ぶ可能性があります。

 

ファンとしては彼女たちの活動を応援し、瀬戸内地方のさらなる盛り上がりをともに牽引していきたいところですが、現在の運営は全く信頼できず、心から支援できない状態です。私たちは、この現状を強く問題視しており、STU48の運営会社の変更及び陸上劇場の創設を広く訴えていこうと考えています。そのためには、一人でも多くの方の賛同とご支援が必要です。STU48の問題は、芸能界に蔓延するブラックな事情のわずか一つだと思います。こういった動きをきっかけに、STU48、AKBグループだけでなく、芸能界全体の体制も変わっていくことを祈っています。

 

以下、STU48の現状の問題点や、このキャンペーンを通して私たちが提唱したい問題の解決策についてお話します。ぜひご一読の上、ご協力いただけると幸いです。

 

=目次=

【STU48の運営に対する問題点】

・①船上劇場の抱えるリスクが大きすぎる

  ・天候不良等による公演中止の可能性

  ・メンバーへの負担の大きさ

  ・セキュリティチェックの不安

 

・②メンバーへのパワハラ・セクハラの可能性が高い

・③メンバーの脱退が相次いでいる

 

【私たちが考える解決策】

・①運営会社の変更 または 運営体制の大幅な変更

・②陸上劇場の香川県への創設

 

【まとめ】

 

-------------------------------------------

【STU48の運営に対する問題点】

「船上劇場」という公演体制、そして運営のメンバーへの関わり方に大きな問題があると考えています。

 

①船上劇場の抱えるリスクが大きすぎる

・天候不良等による公演中止の可能性

 船上劇場は、天候により公演中止の可能性が非常に高いです。ここ近年台風や水害の被害も全国で相次いでいます。実際、船上劇場のオープンも災害が原因で大幅に遅延しました。今後も想定通りに公演ができない可能性は十二分にありえます。

 

また、劇場に行くまでに費用も時間もかかるため、熱心なファンを獲得できるかにも不安があります。運営の判断ミスでファンが獲得できなければ、メンバーたちの努力も無に帰す他、グループとしての活動も危ぶまれます。

 

・メンバーへの負担の大きさ

揺れる船上でのパフォーマンスは、演者にとって大きな負担となります。それは、ライブを観る観客にとっても同様です。医療スタッフ等を常駐させるのは当たり前ですが、重病や大怪我等の緊急事態には対応が遅れることが懸念されます。もちろん、STU48の船上劇場以外にも、パフォーマンスを提供する客船はたくさんあります。しかし、STU48の場合、運営の危機管理能力に大きな不安があります。万一なにかトラブルが発生したときに、自己保身に走らずにメンバーや観客を守ってくれるのか?この不安が残された状態で、危険な状況でのパフォーマンスを続けることは看過できません。

 

・セキュリティチェックの不安

最大の不安とも言えるのが、セキュリティに対する対応の甘さです。万一対応に不備があった場合、船上という逃げ場のない環境では、メンバーも観客も大きな危険にさらされます。トラブルの多い芸能界の中でも、AKBグループは握手会での事件やNGT48での暴行事件など、ファンが起こすトラブルが多いです。運営の体制が改善されないまま、セキュリティに不安がある状態での公演は、メンバーも観客も危険にさらしているのと同様です。

 

②メンバーへのパワハラ・セクハラの可能性が高い

運営のメンバーに対する対応にも問題があります。メンバーが生の声を配信するSHOWROOMでは、運営のずさんな体制が次々暴露されています。

 

例えば、

「STUには人権がない」

「帰省があまりできない」

「無理なレッスンが多く、休みが少なすぎる」

等の発言があります。

 

これを裏付けるように、「月間エンタメ」に掲載されたメンバーのインタビューにも「STU48号で昼夜通しで公演をやるときは基本的にメンバーは途中下船できないことが多いので買い出しになかなか行けず、食糧難になったことがあります(笑)」というエピソードが掲載されていました。記事中では笑い話として語られており、現在は改善されているという文脈ではありますが、こういった見切り発車が許されていたところからも、まともな労働環境が準備されていないことが想定されます。

 

https://entamenext.com/articles/detail/2711

 

さらに、メンバーにセクハラやパワハラがあることも指摘されています。メンバーの森香穂さんが、支配人からのセクハラを示唆する発言をし、SNSが炎上。公式が謝罪するという事件もありました。

 

セクハラやパワハラが一人だけに行われているとは考えにくく、現在明かされている状態以外にも、活動の裏で苦悩しているメンバーも多いはずです。この状況を許すことができますか?

 

また、2019年9月にはSTU48の件とは少し話がずれますが、運営がAKB48の博多座公演で「デートチケット」を販売しようとし、炎上。謝罪して訂正するという事態も発生しました。取り消されたとはいえ公式からデートチケットのような考え方が出てくるということは、普段からメンバーをキャバクラのように扱っているという証拠ではないでしょうか。メンバーたちを下に見て、尊敬の気持ちすら感じさせない公式に、これ以上頑張るメンバーたちを任せられません。

 

③メンバーの脱退が相次いでいる

①②の過酷な現状を裏付けるかのように、STU48からはメンバーの脱退が相次いでいます。アイドルを目指し、ひたむきに努力を続ける彼女たちが脱退するというのは、それだけ現状の運営体制に問題があることを証明しています。

 

メンバーひとりひとりの夢を傷つけているだけでなく、STU48というコンセプトを通じて瀬戸内地方を盛り上げようと考えている支援者やファンの気持までも傷つけている…それが現状の運営の姿なのです。

 

-------------------------------------------

 

【私たちが考える解決策】

現状を変えるために、大幅な変革が必要だと考えています。そして、以下が実行された暁には、一人ひとりが笑顔で活動でき、ファンも心から応援でき、アイドルによる地方活性化も実現するというまさに理想的な環境が整うはずです。

 

・①運営会社の変更 または 運営体制の大幅な変更

メンバーたちの労働環境の見直しや、安全対策の確立を強く望みます。現在の運営には不透明な部分も多く、信頼性がありません(NGT48の一連の流れを見ても、運営は自己保身ばかりでメンバーを守ろうとしていないと思います)。

 

運営会社を変更し、健全な体制にするべきです。

 

・②陸上劇場の香川県への創設

メンバーたちの活動の過酷さの背景にあるのは、船上劇場という特殊性です。先述の通りリスクも大きいため、陸上劇場の創設を望みます。瀬戸内地方のグループを掲げていながら、メインの活動場所が定まっていないことで、各エリアからの支援も少なくなっています。

 

瀬戸内エリアでも人口密度が高く、アクセスも良い香川県に陸上劇場を作ることで、メンバーの安定したパフォーマンスの場も設けられ、固定ファンの獲得にも大幅に貢献するはずです。陸上劇場に加えて船上劇場を上手に活用することで、船上ならではの特別感も増すことができ、相乗効果が期待できるのではないでしょうか。

 

-------------------------------------------

 

【まとめ】

現状のSTU48の運営体制には、船上劇場のリスクや運営によるパワハラ・セクハラといった誰の目にも明らかな問題が多数存在しています。この取り組みをきっかけとして、公正取引委員会や労働基準監督署や厚生労働省の地方部局に働きかけ、現状の改善を訴えていきます。

 

この運動を立ち上げたのは、私たちが応援するメンバーひとりひとりに笑顔になってほしいという純粋な気持ちが始まりです。芸能界には、STU48に限らず、運営によって抑圧されている芸能人がたくさんいると思います。今回の私たちの取り組みを成功させることで、問題解決のモデルケースとなり、一人でも多くの芸能人の笑顔に繋がる活動となればと考えています。

 

ぜひご賛同、ご署名をよろしくお願いいたします!