フェリス女学院大学 休学費用 減額の要求

0 人が賛同しました。もう少しで 500 人に到達します!


現在フェリス女学院大学の休学費用は半年で、在籍費約15万円、設備費約17万円合計約32万円にもなります。1年間休学すると約65万近くになります。

これは、他大学と比べると大変高いと感じます。また、休学中は大学施設を使用しないことが多いのに、使わないものに1年休学し約30万円支払わなければいけないこと、その内訳が公表されないことにも疑問を感じます。

昨今、留学や学生の起業など学生の選択しは多岐に渡り、学校外での留学制度も充実しています。周りの友人も他大学ですが、休学し自ら起業をする者、留学する者など様々な方がいます。そして、その過程を得て多様な価値観、経験を獲得し自らの成長に繋げています。その機会を、休学費用が高いからという理由で諦めている学生がいることも考えられます。学生自らの将来に対する選択肢を、大学側が狭めている一つの足かせになっているのではないでしょうか。

また、病気などやむを得ない理由で休学する方にも、医療費の他に高額な休学費用を要求するのでしょうか。

当方現在休学中ですが、この活動は自分の休学費用を減らすためでなく今後休学を考えている学生のためにと思い活動を始めました。すぐにとは言いませんが、是非休学費用の減額をご検討くださいますようよろしくお願いいたします。



今日:osanaiさんがあなたを信じています

seika osanaiさんは「理事長 奥田義孝: フェリス女学院大学 休学費用 減額の要求」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!osanaiさんと277人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。