宛先: 東京地方検察庁  と1人の別の宛先

猫に熱湯をかけ、バーナーで焼くなどして虐待死させた、大矢誠容疑者を懲役刑に!

English version: https://goo.gl/aVwRZh

8月27日埼玉県の税理士 大矢誠容疑者が動物愛護法違反で逮捕されました。

 大矢誠容疑者は、鉄製の捕獲器に閉じ込めた猫3匹に熱湯を繰り返し浴びせたりバーナーであぶったりして殺したとして逮捕。
警視庁保安課によると、大矢誠容疑者は今年4月までの約1年半に、少なくとも13匹の猫を虐待し、その虐待の様子を撮影し、動画共有サイトに投稿していました。

動物虐待愛好家のネット掲示板では「神」と呼ばれ有名人物であったとのこと。

 大矢誠容疑者が行った虐待方法は、鉄製の捕獲器に猫を閉じ込め

熱湯を数回に分けてかける

ガスバーナーであぶる

熱湯に沈める

爆竹を入れる

肛門に水を注入する

ペンチで歯を抜く

水に水没させる

などです。

 

とても、まともな人間が行う行為とは思えません。

また、「有害動物の駆除なので、法律違反にはならい」などと話していることから、反省はおろか、自分の行った行為を正当化しています。

猫は有害動物ではありませんが、有害動物であったとしても、このような虐待行為が正当化されていいわけがありません。

 現在の動物愛護管理法では、2年以下の懲役 、もしくは 200万円以下の罰金となっておりますが、略式起訴で済まされることが多く、罰金刑で終わってしまうのです。

 つまり、何の罰をうけることなく社会復帰するのです。

 こんなことが許されていいのでしょうか?

 今後このような動物虐待愛好家たちが、平然と生きていける社会であってはならないと思うのです。

どうか、大矢誠容疑者に執行猶予のつかない懲役刑を!

 

賛同者の署名は以下の宛先へ届けられます
  • 東京地方検察庁
  • 裁判所


    大矢誠容疑者に懲役刑を求める会 さんはこのキャンペーンを賛同者1名から始め、今では85,574名の賛同者を集めました。あなたも、変えたい課題に対して、キャンペーンを始めてみませんか?




    今日:大矢誠容疑者に懲役刑を求める会さんがあなたを信じています

    大矢誠容疑者に懲役刑を求める会さんは「猫に熱湯をかけ、バーナーで焼くなどして虐待死させた、大矢誠容疑者を実刑判決に!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!大矢誠容疑者に懲役刑を求める会さんと85,573人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。