問題山積の江戸川区の学童保育。まずは開所時間延長と、それを実現できる指導員の処遇改善を!

0 人が賛同しました。もう少しで 1,000 人に到達します!


私たちは、東京都江戸川区で子育てをする保護者の集まりです。

江戸川区の学童と言われる「すくすくスクール学童クラブ登録」に困っています。

 

「すくすくスクール学童クラブ登録」は、児童福祉法に守られたいわゆる「学童保育」ではありません。

「すくすくスクール」は、保育の要否に関わらず、すべてのこどもが登録可能なので、待機児童はゼロです。素晴らしいと思いますよね。 でも、この「すくすくスクール」、その実、問題が山積みなんです。

 

【困っていること1】人口密度が高すぎる

  • 子どもが多い日や夏休みなどは、机が足りず、床に弁当箱を置いて食べたり、廊下の床で宿題せざるをえないことも。

 

【困っていること2】補食(おやつ)は保護者持ち込み

  • おやつの提供がなく、希望する場合は保護者が1週間分を小分けにして持ち込む必要がある。しかも多くの子(=保育の必要のない子どもたち)が帰る17時以降でないと、食べせてもらえないところが多い。

 

【困っていること3】開所時間が短い。開所時間は平日18時まで、土曜17時まで。夏休みなどの学校休業日は朝9時から(※1)

  • 夕方の迎えに間に合わないので子どもがひとりで帰宅し留守番
  • 春休みや夏休み、9時まで開所しないため親は仕事に間に合わない。1年生になりたての子が戸締りして家から出かけなくてはならず、それが嫌で泣いてしまった子も。防犯面でもとても不安。

 

【困っていること4】指導員が少なく、こども一人一人へのケアが不足

  • 体調不良を訴えた子どもがいたが、親への連絡がなくそのまま子ども一人で下校となり、帰り道で熱中症で倒れてしまったことも。
  • 子どもが人間関係で悩んで指導員に相談をしても、大勢の子を見守る立場のため、積極的なケアがない。

 

遊び終えたら家族の待つ家にいつでも帰れる子とは違い、保育が必要なこどもたちには、「生活の場」としての空間や、支えてくれる指導員が必要です。

 

もちろん、今まで保護者たちが何もしてこなかった訳ではありません。

 … 指導員不足について区長に手紙を書きましたが、機械的な回答が返ってきたのみで終わりました。

  … 現場の改善をもとめ区議会に陳情するも、否決されました。

仕事や育児に追われる中、時間を捻出し、必死に区に働きかけても、残念ながら改善の兆しは見えません。

 

すくすくスクールを嫌がり、自宅で一人過ごす低学年児も出ています。

また、親は仕事をやめざるを得なくなったり、区外に引っ越す家庭もあります。

そうしている間にも、子どもたちは日々成長しています。私たちにとって江戸川区の学童保育をなんとかしてほしいのは、「今」なんです。

 

このような経緯から、私たちは今回キャンペーンを立ち上げ、区外の人にも江戸川区の現状を知ってもらい、改善への後押しをしていただきたいと考えるようになりました。

 

一方で、数ある問題のすべてを一度に改善することが難しいことも、私たちは理解しています。

一つ一つ確実に問題を解決していってほしいのです。

 

そこで私たちは、まずは開所時間の改善からと考え、以下の点を要望します。

  • 「すくすくスクール」学童登録の開所時間を、朝8時〜夕方19時と2時間延長してください
  • それを実現できる予算の確保をし、指導員の処遇を改善して働きやすい環境を作ってください

 

みなさんの力をどうか貸してください。

 

※1…【すくすくの預かり時間についてデータから考える

→東京都民の1日の所定労働時間+休憩時間+平均の通勤時間を足したら、学童の開いている時間をオーバーしてしまいました。



今日:江戸川区のみらいを考えるネットワークさんがあなたを信じています

子育てから 江戸川区のみらいを考えるネットワークさんは「江戸川区長: 江戸川区の学童保育の開所時間延長と、それを実現できる指導員の処遇改善を!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!江戸川区のみらいを考えるネットワークさんと614人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。