Petition Closed

 橋下徹大阪市長のたび重なる暴言に抗議するとともに辞任を求める声明文

 2013年5月13日、橋下徹大阪市長は記者会見で「慰安婦制度は必要」と述べるとともに、米軍普天間基地の司令官と会談した際に、「もっと風俗を『活用』してほしい」と述べていたことを明らかにした。

 これらの発言は、女性を男性の性的欲望の対象として捉える発言であり、女性の人格を否定して蔑視するものとして断じて許されない。
 とりわけ、「銃弾が飛び交う中で命をかけて走っていく時に、精神的に高ぶっている集団に休息をさせてあげようと思ったら、慰安婦制度が必要なのは誰でも分かる」と述べている。
 また、橋下市長は、意に反して「慰安婦」とされた女性に対しては「優しく配慮していくことが必要」と述べている。しかし、「慰安婦」とされた女性に対して必要なことは、真摯な謝罪と補償である。「慰安婦」として従事させたことの違法性を認めず、それが戦争中であったから仕方がないかのような言動をとることは、断じて許されないことである。

 また15日には、沖縄の在日米軍幹部に風俗業の「活用」を働きかけたとする発言に関連して、市職員のわいせつ行為など不祥事への対策に、風俗業の「活用が有効だ」とする見解を示していることは市長による職員へのセクシュアル・ハラスメントであり、明らかな男女雇用機会均等法違反である。

 13日以降、内外からの夥しい非難に対し、当初の発言がメディアによって曲解されたとする言動を重ね、国際感覚が足らないことによる問題として、あるいは、沖縄の代弁者の如く、これまでの発言を正当化しようとしている。が、問われているのは橋下市長の人権感覚そのものであり、そのことを受け止めようとせず、謝罪、撤回の姿勢がないことは、問題の深さに全く鈍感だと言わざるを得ない。267万人市民の命を預かり、人権を守り、福祉をすすめるべき市長としての資質に欠けている。

 私たちは、女性のみならず全ての人の性を冒とくする言動をくり返し、人権を踏みにじる橋下市長の、一連の発言に強く抗議するとともに、即時、辞任を求めるものである。

 2013年5月18日
 橋下市長の「慰安婦」・性暴力発言を許さず辞任を求める会

Letter to
橋下徹大阪市長
即時、辞職