未成年に対する性犯罪/不起訴処分への検察審査会異議申立に係る署名にご協力ください!Sexual Crime must be punished by law!

0 人が賛同しました。もう少しで 1,000 人に到達します!


【青少年保護育成条例違反(淫行・わいせつ行為の禁止)不起訴処分に対する異議申立】(Please see English translation below Japanese original text)

  •  この署名運動は、ある青少年保護育成条例違反(淫行・わいせつ行為の禁止)不起訴処分に対する異議申立のための活動です。
  • 署名にご協力して頂いた方々の情報は厳重に管理し、その他の目的には一切使用致しません。
  •  検察審査会にて今回の不起訴処分を覆し、真の意味で、犯人であるS.Kを司法によって裁くため、皆様の一筆をもって、どうかご協力をお願い致します。
  •  被害者の意向や承諾もなく、無許可で成立させられた示談書により、未成年者であるAに残酷な苦痛を強いた犯人S.Kは、今でも野放しの状態です。
  •  今一度、この事件を表へ出し、公正な審判を下すため、一人でも多くのご助力を賜ることができれば幸いです。

 

  • 事件概要は以下を参照のこと、よろしくお願い致します。
  1. 【発生日】平成31年4月14日
  2. 【内容】自動車保険外交員S.K.(31)は、保険に加入していた女性の娘である15歳のAに目をつけ、拉致し、ホテルに連れ込み淫行をはたらいた。その際、動画を撮影の上、「誰かに言ったら許さない、殺す。」とAを脅迫した。
  3. 【逮捕】平成31年4月20日、犯人S.Kは「青少年保護育成条例違反(淫行・わいせつ行為の禁止)」により逮捕に至る。(翌4月21日、東愛知、東三河の新聞に事件が掲載される。)
  4. 【経過】令和元年5月8日、愛知県岡崎市における性犯罪無罪判決を判例とした女性検察官より、被害者母へ「無罪判例がある以上、起訴は極めて難しい。」と発言があった。
  • その後も強硬に示談を勧める姿勢に、被害者母が困惑している最中、被害者A側弁護士(Aの意見どころか、面談したことも無い)がS.K側弁護士と、Aと被害者母の承諾無しに接触。
  • その結果、同日5月8日、Aと被害者母の要望とは全く異なる示談書が形成され、成立させられる。
  • 令和元年5月10日、上記の示談書に基づき、犯人S.K、不起訴処分として保釈。

 

  •  被害者家族は苦しみ、傷付き、それでも可能性に賭け、もがいています。
  • ご署名が集まれば集まるほど、この一連の不条理を世に知ってもらうことができます。
  • 検察審査会への申立てにおいて、「この件を理不尽だと思っているのは、被害者家族だけではない!」と強く示すため、ご署名へのご協力を、重ねてお願い申し上げます。
  • また、事件に関わる詳細な記録や進捗等は、ブログ「ある事件の記録(日々更新中)https://ameblo.jp/save-an-innocent-girl/ にて確認することが可能です。

 

  • 【よくある質問】
  • 「署名に関してですが、応援してくださってる人が管理している様ですが、個人情報の管理は大丈夫でしょうか?
  • 【回答】
    署名リストは、被害者の父である波多野翼が所有しているメールアドレスにしか届きません。
     
    したがって、ご署名された方の情報へアクセスできるのは、被害者の父母のみです。
     
    付け加えますと、支援者が行っている内容は、署名を要望する文章作成および、事件に関して詳細を記録しているブログ【ある事件の記録(日々更新中)】の運営です。
     
    これも私たち被害者家族の意向で更新しており、許可しています。

 

  • 皆様、どうぞ署名へご協力のほど、よろしくお願いたします。

 

【A child molester walk free without any punishment in Japan】

  • This movement has been started for the 15 year old innocent girl who was raped by a 31 year old man. We are trying our best to make sure that this perpetrator gets punished correctly by the “committee for the inquest of prosecution.”
  • Please, listen to our voice. We have to inform you that the Japanese law system is not protecting the victim of a sexual crime.
  • First of all, the perpetrator was a salesman of the biggest insurance company in Japan. He targeted his customer’s daughter. Then he forced the minor to go to a hotel with him and raped her on 14th of April 2019.
  • In addition, he took a video of the sexual intercourse without her consent telling her:”If you tell it to anyone what I’ve done to you, I will spread this video in the internet and kill you.”
  • As a result, he was arrested on 20th of April 2019. Since some amendments had been proceeded in Japanese jurisdiction regarding rape, numerous rape incidents have been declared not guilty by judges in the same prefecture such as one father walked free after he was convicted for raping his daughter from age 12 to 18 with the judge ruling:”her resistance against rape was not convincing enough towards the rapist.”
  • According to the prosecutor the case was the same . Since the judge ruled not guilty to the same case in the same prefecture the prosecutor was afraid to lose the case and decided not to prosecute. The prosecutor persistently advised the parent of the victim to close the case with a settlement.
  • Then the victim’s lawyer who actually never listened nor talked to the victim in person, made contact with the perpetrator’s lawyer and made a settlement without any consent of the parents of the victim who were actually in charge.
  • According to the unlawful private settlement between those two lawyers the court ruled the case as closed and the perpetrator was released on 10th of May 2019 even after numerous attempts by the victim’s parents to prevent it from happening.

  •  But still there is one last chance which is called:”committee for the inquest of prosecution” which is a system for reflecting the will of people’s actual right of prosecution.

  • The victim and her family made a decision to take that last chance to fight against injustice. They will never give up until they get their justice. That’s why we need your signature for telling the whole world:”This is crazy!” It’s not only about this one case. It’s just a tip of the iceberg. There are millions of cases just like this, happening everywhere in Japan. We must make that problem visible to the whole world to put a stop to that injustice and save the victims.
  • Please give us your signature for the children, for the people, to make a better world for all.
  • Thank you very much for reading to the end. We appreciate your cooperation.