未成年の女の子への性犯罪が不起訴処分になってしまいました! 検察審査会に異議申し立てがしたい!

0 人が賛同しました。もう少しで 2,500 人に到達します!


 2019年3月、名古屋地裁岡崎支部が出した、性的虐待の無罪判決。

 この判決から、検察官が「無罪判例がある以上、起訴は極めて難しい」と発言。

 物証も自白もあったのに、愛知県で、ある少女への性犯罪が不起訴処分となってしまいました。

 おかしいですよね?! 許せませんよね?!

 私たちは、検察審査会へ異議申し立てをしようと思っています。

 そのとき「これらのことを理不尽だと思っているのは、被害者家族だけではない!」と強く示したいんです。

 どうか、ご署名のご協力をよろしくお願い申し上げます!

 ★被害者の女の子への応援メッセージや事件詳細のお問い合わせは、

miccochan81@yahoo.co.jp までメールにてお願い致します。

 なお、被害者の女の子のお母さんは、児童虐待をなくすため「なくそう虐待あいち」の実行委員をつとめています。

 毎月、児童虐待を防ぐための朗読会をひらいています。

 そして、2019年11月には児童虐待防止のための講演会を予定しています。

 こちらの応援もよろしくお願い申し上げます!