キャンペーン成功!

乗馬クラブの馬たちの“命”を守りたい!!

1,584人の賛同者により、成功へ導かれました!


当キャンペーンのページをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

ルネサンス棚倉 乗馬クラブ会員事務局です。

今回のキャンペーンについてご説明させていただきたいと思います。

(ご賛同についてご検討いただきましてありがとうございます。恐れ入りますが、ご一読のほど、よろしくお願いいたします。)

★表示がされにくい方★

キャンペーンについての全文はこちらでもご覧いただけます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

福島県東白川郡棚倉町に1990年に開設された『ルネサンス棚倉』。

(棚倉町活性化のための総合リゾート開発を目的として、棚倉町と民間企業の共同出資による第3セクター方式により昭和61年12月23日、株式会社を設立。 現在は棚倉町よりルネサンス棚倉の指定管理を委託され、ルネサンス棚倉を運営している。=※ルネサンス棚倉HPより引用)

当時、棚倉町の観光目玉として作られた各種スポーツ施設やホテルを兼ね備えたリゾート施設で、この敷地内に乗馬クラブも併せてオープンしました。

ルネサンス乗馬クラブのホームページ ⇒ https://tanakura38.wixsite.com/tanakura

ルネサンス棚倉乗馬クラブは、過去に2度、株式会社ルネサンス棚倉と業務提携していた民間会社と契約終了されており、現在は、株式会社ルネサンス棚倉が自社で運営しています。

乗馬クラブには、元競走馬であったサラブレッドなどをはじめとする馬たちが在籍し、各種乗馬レッスンや馬術競技会などで活躍してきました。

オープンから30年を迎えた2020年4月中旬、突如、ルネサンス棚倉公式ツイッターで「2020年10月末日をもって営業を終了することが決定致しました」と発表されました。

乗馬クラブ会員らは、突然の閉鎖発表で困惑する一方で、馬たちの行く末を心配し、一部の会員が情報収集に奔走することになりました。

その後、ルネサンス棚倉からは、乗馬クラブ会員らに直接閉鎖に関することを告げられることもなく、4月下旬にはほとんどの会員へ「ルネサンス棚倉乗馬クラブ閉鎖のお知らせ」A4の用紙1枚が郵送されてきただけでした。理由は「新型コロナウイルスの影響により宿泊客を含む利用客減のため会社存続の危機に陥っております。」と記されていました。

これは、在籍する馬たちの行先も決めないうちに会社を存続をするには「まず、乗馬クラブを閉鎖すること」だったようです。悲しいことにクラブ閉鎖を決めておきながらも馬たちの行き先を決めておらず、行き当たりばったりの行動を起こす会社に対して疑念を抱かざるを得ません。

施設が休業に追い込まれる中で、乗馬クラブは唯一、営業を続けていただけに施設からの一方的であり、この用紙1枚きりの報告だけでは到底納得できないものでした。

そこで、6月上旬に一部の乗馬会員有志で「乗馬クラブ会員事務局」を発足し、同施設の代表取締役でもあり、棚倉町町長でもある湯座一平氏あてに乗馬クラブ閉鎖の経緯や馬の行く末も含め、説明会開催を求めるなどをまとめたものを6月20日に質問書という形にして提出いたしました。

7月3日に回答が事務局へ届きました。代表取締役からの指示によりルネサンス棚倉支配人が回答するというものでした。内容は、説明会開催の予定もなく、馬の引受先を探しているという未完結のものでありました。

7月8日には、再度、質問書を提出いたしました。内容は、回答に具体性が示されないことにより、具体性を求める内容をまとめております。

【※追記】7月16日現在の状況をお知らせいたします。

7月8日に提出いたしました2回目の質問書についてですが、7月15日期限で事務局着にて回答を求めておりましたが、未着となっております。

残念ながら現状では、ルネサンス棚倉側と唯一対話ができる方法として棚倉町を通して質問書送付を行わざるを得ません。

閉鎖発表から7月上旬までの間には、一部の馬は他の乗馬クラブなどへの移動が無事に済んでいる馬もおりますが、36歳になる「アレックス」など移動させるには体力的にも困難な高齢馬が複数在籍しており、行く末がまだ決まっておりません。この間にもクラブ閉鎖の期限が刻々と迫っており、馬たちの命の灯がこの閉鎖をきっかけに消えるかと思うだけでも心を痛めるばかりです。

 

■以上のことから、現在、会員事務局からルネサンス棚倉へ求めたいことは、次の通りです。

・ルネサンス棚倉から会員へ乗馬クラブ閉鎖に関する説明会(対面)の実施

・動物愛護の観点から残る在籍馬の引受交渉、手続きなどの一連の作業を最後まで責任をもって実施できるのかの意志表示

・馬たちの引受打診の進捗状況次第で乗馬クラブの閉鎖時期の見直しを検討し、他の案など模索する話し合いを持つこと

 

私たちは「馬たちの命を守りたい」一心で行動を起こしているものです。

皆さまからのご賛同を賜ることで力となり、乗馬クラブの馬たちの命を守るきっかけを作っていただけることと信じております。

どうぞよろしくお願いいたします。

★7月25日【土曜日】午後10時まで署名受付を致します。整い次第、早急に提出いたします。

2020年7月10日 ルネサンス棚倉 乗馬クラブ会員事務局

 

【補足事項】2020.7.13追記

※当キャンペーンは、「署名」のみをお願いしておりますので、寄付等につきましては、お気持ちのみ頂戴いたします。よろしくお願いいたします。

【追加報告と署名締切日時決定】2020.7.16追記

 



今日:ルネサンス棚倉 乗馬クラブ会員事務局さんがあなたを必要としています

ルネサンス棚倉 乗馬クラブ会員事務局さんは「棚倉町町長 湯座 一平 様: 乗馬クラブの馬たちの“命”を守りたい!!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!ルネサンス棚倉 乗馬クラブ会員事務局さんと1,583人の賛同者と一緒に賛同しましょう。