大田区は、田園調布せせらぎ公園内の木を1293本も切りましたが、さらに体育館と駐車場建設でこれ以上木を切らないでください!

0 人が賛同しました。もう少しで 500 人に到達します!



田園調布せせらぎ公園内で開発が始まり、すでに1293本の樹木が伐採されました。大田区はさらに体育館と駐車場を建設する予定で、そうなると、さらに樹木の伐採や自然破壊が心配です。

松原忠義大田区長に、「以下の要望書」を出しますので、どうか署名にご協力ください。


「田園調布せせらぎ公園改良工事」については、貴重な自然と景観の維持に向けて、これ以上の樹木の伐採を止めると共に植樹を行い、情報提供と意見交換を確実に実施し、住民の合意のもとで実施されるよう要請します。
また、体育館建設に関しては見直しを求め、富士見坂下における駐車場の新設は環境破壊につながり、出入り口が急坂の下で交通事故を誘発する危険が高いことから反対いたします。 


せせらぎ公園の緑を守る会


https://www.facebook.com/せせらぎ公園の緑を守る会-1352566651547760/

 

**********


田園調布せせらぎ公園は、国分寺崖線に連なり、いまでは希少となった「水と緑に囲まれた豊かな自然を感じることができる公園」で、多摩川風致地区にも指定されています。
ところが、大田区が、建物を建設するために田園調布せせらぎ公園内の樹木を1293本(高木・中木・低木あわせて)も伐採してしまいました。

それだけでなく、これから体育館を建設し、駐車場を整備しようとしているため、さらに樹木が伐採され、貴重な緑や自然環境が損なわれることを憂慮しています。
そこで、これ以上田園調布せせらぎ公園内を開発し、樹木を切り、自然を壊さないよう以下の要望書を、大田区松原忠義区長に提出します。


「田園調布せせらぎ公園改良工事」については、貴重な自然と景観の維持に向けて、これ以上の樹木の伐採を止めると共に植樹を行い、情報提供と意見交換を確実に実施し、住民の合意のもとで実施されるよう要請します。
また、体育館建設に関しては見直しを求め、富士見坂下における駐車場の新設は環境破壊につながり、出入り口が急坂の下で交通事故を誘発する危険が高いことから反対いたします。 


公園内の大量樹木伐採は、ここ大田区田園調布せせらぎ公園だけの問題ではありません。


大阪城公園、馬事公苑、奈良公園など、全国各地のみなさんから樹木の伐採や開発に悩まされている声が届いています。


緑や自然環境を愛するものとして、どうか署名にご協力ください。 

 

- せせらぎ公園の緑を守る会 -

        連絡先:安永 090 7707 9550(田園調布1丁目)