東京都北区小児がん等特別な理由で免疫を失った子へ予防接種の再接種助成を求める!

0 人が賛同しました。もう少しで 10,000 人に到達します!


わが子は小児がん患者です。

小児がんの一つである「神経芽腫」という病気で現在も治療を続けています。

小児がんは特別な病気ではなく原因不明なケースが多く、いつ誰が発症するかわかりません。

小児は成人とは異なり化学療法等の治療が効果的である為、大人では耐えられない程の辛い治療にもいつか治ること、元気になって家に帰ることを目標に頑張っています。

その一方では、強い化学療法を用いた治療はがん細胞だけでなく、正常な細胞へもダメージを与えてしまう為予防接種で獲得した抗体を、失うことが多くあります。

小児がん患者は、退院後も感染症予防の投薬が必要であり、体力低下と免疫力も低下しているので万が一予防接種の抗体が失われてしまっている病気に罹患した場合救命が難しくなる場合があります。

新しく免疫を獲得できなければ、友達と思いっきり遊んだり、家族と外出や旅行、学校の遠足等子どもらしい当たり前の社会生活を躊躇しなければなりません。

  必要不可欠な予防接種を自己負担で全て再接種する場合、20万程掛かるということがわかりました。

東京都、大阪府、名古屋市等多くの自治体が次々助成制度を開始し、近くでは足立区が数年前から先駆けて行っていますが、北区は自己負担となっています。

小児がんは、少数ですが今後いなくなるということはありません。

長く辛い治療を克服した子どもたちには長い未来があります。

「子育てするなら北区が1番」

「長生きするなら北区が1番」

というスローガンを掲げ、老若問わず健やかな区民の生活を目指す北区だからこそ

小児がんは少数しか存在しなくても予防接種の再接種費用と抗体測定検査の助成を実施していただくことを強く願います。



今日:麗奈さんがあなたを信じています

江田 麗奈さんは「東京都北区小児がん等特別な理由で免疫を失った子へ予防接種の再接種助成を求める!」キャンペーンにあなたの手伝いも必要としています!麗奈さんと9,099人の賛同者と一緒うに賛同しましょう。