非営利、非合法大麻農家、青山哲也氏の人道的大麻所持に無罪を求めます

0 人が賛同しました。もう少しで 2,500 人に到達します!


        非営利、非合法大麻農家

        青山哲也氏の無罪を求めます

 

        人道的大麻所持、

       青山哲也氏の無罪を支援する会

                             発起人 本間義幸

 

賛同連名

中山康直

丸井英弘

正高佑志

高樹沙耶

長吉秀夫

成田賢壱

井野口貴春

秋田真介

 

 

発起人より青山哲也氏を支援する理由について

平成30年12月3日、北海道帯広市において青山哲也氏(以下、青山氏表記)は大麻取締法違反容疑にて逮捕されました。後に示している担当裁判長への要望文にも記している通り、青山氏の大麻所持理由は、自分自身に生じた外傷(受傷起点 2M~3Mの高さより落下し頸背部をコンクリートに強打。後に労災認定 診断名 中心性頸髄損傷 多発性頸椎椎間板ヘルニア 頸椎神経根障害)に対しての自己治療、ならびに病人・患者への無償供与(または安価供給・相場の5分の1程度であり実質経済的な利益は認められていない)、さらには多くの諸外国で先進的に行われている医療・産業に役立たせるための農業従事者の視点による大麻草栽培研究(北海道自生大麻草の種の保存含む)、以上三点が主だった理由である事が確認されており、これらは、憲法第十三条「生命・自由、および幸福の追求にたいする国民の権利」に則り、また他者にたいしてそれを支援するという点で一貫しています。

青山氏の親族は大農家でありその農業技術を幼少より受け継いでいた事は事実であり、(保釈中の現在も家業である農業に従事・主にブロッコリー)また、自身の居住する北海道、特に道東地域では多くの自生大麻が存在し、その大麻を痛みで困っている人達に役立てようとする心の成り立ちは、自身の痛みの経験、さらには、その環境的背景から人道的情動が促され、青山氏の人格を形成したものと推察されるものです。

青山氏は、特に日本国外での農業分野、大麻草の農業事業さらには関連事業であるところの医療大麻・産業大麻事業を調べ尽くしており、大麻草を日本農業の基幹へと成長させることと(戦前の如くに)関連事業の構築を行う事(大麻取締法が施行された昭和23年以降免許者数が最も多かったのは昭和29年約3万7千人であり現在はその1000分の1以下  厚生労働省HPより)に対し、その氣概が存在していた事は本人のこれまでの言動や、大麻取締法違反行動からも明らかです。

今事案であるところの、大麻草での自己治療や痛みで困っていた人々への大麻無償供与(安価供給)、農業従事者としての大麻草栽培研究、以上三点によって逮捕拘束、さらには実刑が執行され得る法の運用解釈に対し、「人道的見地」が用いられるよう、さらには、人権が守られるよう、法律が運用・改正される事への要望が今署名活動の主座となります。

今署名活動を契機に関係各省・各自治体および司法において大麻取締法の適切な運用検討が為される事を強く要望します。

国民の健康被害を守ろうとする事が大麻取締法の大義・役目と思います。

しかし、今日において大麻取り扱いの世界情勢を精査してみますと、大麻使用による健康被害の存在は他の嗜好品よりも極端に少なく、また、医療目的での使用に関しては心身への有用性が存在する事は、世界各国の研究機関、医療機関によって明らかにされています。

(聖マリアンナ大学 大麻成分を含む難治性てんかんの治験申請準備を始める。平成31年4月11日朝日新聞デジタル / 大塚製薬株式会社とGWファーマシューティカルズは、米国において開発中のカンナビノイド系がん疼痛治療剤サティベックスの米国における開発・販売に関するライセンス契約を2007年2月14日に締結  大塚製薬HPより  など)

大麻取締法は、取締りの目的自体が不明確であり所持者本人も含め被害者の存在しない中で厳罰を下される得る理不尽な法律です。また、日本の伝統的な大麻栽培の継承にも支障を来している可能性が否めません(戦後立法)。

今法律の運用にも内容にも課題が存するため、マスコミを中心としたメディアは、被告人への人権侵害を助長し、被告人の健康被害を守るどころか過度な社会的バッシングにより、その命は危機的な状況に晒されているのが現状ではないでしょうか。日本の神社神道にも必要とされている大麻草。国内における供給不足問題は、大麻草栽培のための栽培免許取得が事実上至難である背景が関係しているのであり、これもまた大麻取締法運用解釈の過ちが強く影響しているのであり、その点を鑑みても、今法律が見直されるべき時期に差し掛かっている事は明らかです(プラスチックなど石油由来の地球で循環しないモノから、循環できる素材へのシフト、産業活用の見地からも大麻取締法の見直しが必要)。

以上、我が国において人道的にそして総体的に大麻取締法が運用ないし改正される事を要望趣旨とし、青山哲也氏、支援理由の表明とします。

 

 

-----------

 

非営利、非合法大麻農家である

青山哲也氏の無罪を求めます

 

第一

以下の事実を以って、非営利、非合法大麻農家である青山哲也氏の無罪を求めます。

一、青山哲也氏 逮捕事実

平成30年12月3日、北海道帯広市において、青山哲也氏は大麻取締法違反容疑にて北海道厚生局麻薬取締部によって逮捕されました。押収量 約29キロ(過去10年で2番目)。

二、青山哲也氏が、大麻を所持していた理由について

・自身の中心性頸髄損傷 他(受傷日 平成27年 1月14 日 後に労災認定)における、疼痛コントロールのため。また、大麻の神経保護作用・効果を期待しての自己治療・リハビリテーション実行のため。

・病院にて治療方法が無く(ないしは効果の少ない対処療法のみ)、痛みで困っている方への医療大麻の無償供与、また、安価供給を行うため。

・諸外国で先進的に行われている医療・産業活用のための農業従事者視点による大麻草栽培研究(北海道自生大麻草の種の保存含む)

 

 

青山氏の受傷と診療事実を示す医療機関等カルテ・MRI画像

(転院 北斗病院)

(受傷直後 おおや整形外科 カルテは現在手配中 

診断名 中心性頸髄損傷 )

本文中システムの都合によりカルテ画像掲載できない事、ご了承下さいませ。

 

 

以上、三点の理由(事実)を以って、青山哲也氏は大麻を所持していた。

 

 

第二

中心性頸髄損傷、多発性椎間板ヘルニアに大麻を医療使用する事への見解について 

 (正高佑志 医師 より)

青山哲也氏が罹患したような中枢神経の障害には、現代医学では対処療法以外の治療法は乏しいのが現状です。

この領域において医療大麻およびカンナビノイドは、新規の治療手段として注目を集めています。

大麻に含有されるTHCやCBDは、外傷性神経障害に伴う頭痛、吐き気、不眠、めまい、精神症状、興奮などに対して有用であることが知られています。

またアメリカ合衆国政府は、大麻成分の神経保護作用に関して特許を取得しており、多くの基礎研究が行われています。

青山哲也氏は外傷後、頚椎の手術を勧められた経緯がありますが、未施行にも関わらず上肢の筋力回復を得ており、これが被告が使用していた大麻草の薬効の影響である可能性は否定できないと考えられます。

青山哲也氏の大麻草使用は“コンパッショネートユース“として、人道的見地から許容される余地があると考えられます。

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6200872/ 参照

 

 

第三

大麻取締法の問題点について 要点   

(武蔵野共同法律事務所 丸井英弘弁護士より)

日本國憲法における法治主義の目的は人権の保障にあります。大麻取締法は、大麻草の所持栽培を刑事罰で取り締まることを認めています。が、具体的な被害者が存在しない軽犯罪法にもならない事案に対して逮捕勾留するのは、国民の人権を侵害するものであり、法治主義の目的に反する行為であると思います。

また、関係者の社会的な存在を抹殺しその尊厳をも否定しています。従って即刻廃止されなければならない法律であると思います。

 

 

以上を以って

当会は札幌地方裁判所刑事第二部へ、以下の意見文書を提出し、青山哲也氏の無罪判決を求めます。

また、日本、さらにはそれ以外の世界各地域において、人道的大麻使用によって、使用者に厳罰が課せられることが無くなるよう多くの賛同意志・署名を頂きたく思います。

 

 

 

 

                                                           

 

-----------

 

                                  意見書 (要望書)

 

札幌地方裁判所刑事第二部 御中

 

                   人道的大麻所持

                   青山哲也氏の無罪を支援する会

                                         発起人 本間義幸

 

 

平成30年12月3日、大麻取締法違反にて逮捕された青山哲也さんは現在、大麻所持、ならびに営利目的での大麻草の栽培、および販売の容疑にて係争中です。

彼が所持していた大麻草は29kgで、末端販売価格は1億7600万円と報道されています。

しかし詳しい事情を調査すると、彼は栽培した大麻草を自身の治療のため、さらには病人へ無償で供与しており、販売する場合も、市場流通価格の1/5以下程度で供給していたことが確認されました。

本人は、これを大麻草の安全性や医学的有用性を周知する為の普及啓発活動と考えており、実際に報道されているほどの金銭的な利益を得た記録はありません。

海外の事例を参考にすると、現在、50近くの国と地域で医療目的の大麻の使用は合法化されており、嗜好目的での所持も、カナダ、ウルグアイ、アメリカ合衆国の10州では合法化されています。

このような法改正の裏側には、カナダのリック・シンプソン氏のように、自身のリスクを顧みず、患者に大麻を供給し続けた活動家の功績が認められます。

青山氏の活動はこのような系譜に並ぶものであり、営利目的での容疑は妥当とは考えられません。

つきましては我々は青山哲也氏の罪状に対し無罪を求めます。

 

 

※以下 実際に医療大麻の無償供与を受けた患者のコメント

 

20年前、バイクを運転中に一時停止を無視した自動車に轢き逃げにあいました。その際の神経損傷で、左半身の麻痺と神経痛が後遺症として残りました。病院で処方された薬は全て試しましたが、ふらつきや吐き気などの副作用ばかりが強く、痛みは楽になりませんでした。15年前に青山さんに出会って、自分の神経痛に関する話をすると、医療大麻のことを教えてくれました。

大麻を使用すると、筋肉の過剰な緊張がとれ、痛みも劇的に和らぎました。しかも鬱々とした気分も改善しました。それ以降、彼はずっと無償で大麻を供給してくれています。

(千歳在住 43歳  男性)

 

 

私はうつ病でした。自殺願望も強く生きる気力が落ち、さらには、運が悪い事に私は、化学物質過敏症でクスリが飲めず治療方法がなく、苦しんでいたところ、青山くんが育てていた医療効果の高いと言われている大麻を無償で提供してもらい使ったところ、とても気持ちが安定して、痛みも和らげる事が出来た。

自分自身が逮捕されるかもしれないという高いリスクがある中で大麻を届け続けてくれた青山くんには感謝しかないです。

(帯広在住 49歳 男性)

 

 

私は毎日、1日が始まるのが怖くて、朝起きて動けませんでした。

そしてネガティブな思考と向き合うのが怖くて、湯船にも浸かれないほど氣持ちが落ちていた時期でした。

そんな状況で、青山くんからいただいた大麻を吸った瞬間、次の日からその症状がなくなりました!

朝スッと起きれるし、湯船に浸かっても何ともない!

普通に健康に戻ったのです。

私は

今は大麻吸っていません。無くても全然大丈夫です。

昔、タバコを吸っていた時期もあり、止めるのがとても大変でしたが、大麻はタバコと違い依存性がないのだと実感しています。

大麻はポジティブなことしかなく、悪いところを探す方が難しい。

大麻は世間一般で言われている悪いものと言う認識と全く間逆であったことに驚きました。

1日でも早く大麻が日本でも解禁になって必要な人のところに届けばいいなと思います。

私は、青山くんから頂いた大麻で健康になったことをここに証言します。

(北海道在住 40代 女性)

 

 

私はナチュロパシーを提供しているものですが、

今から二年ほど前に高校生の癌患者父親から相談を受けました。

この少年は脳腫瘍の再発であり、対症療法以外手だてがない旨を大病院から告げられたとの事でした。私は、文献を引用しながら大麻が脳腫瘍に作用する可能性について伝えました。

しかし、同時に日本では法律に抵触する可能性が高い事も告げました。

私は若き命の助命にかける強い意志を持ち、非合法である事を承知しながらも、

大麻の主成分であるTHCテトラヒドロカンナビノールの抽出オイル製造依頼の可能性について、青山さんに相談しています。

青山さんは二つ返事で、無償提供を約束してくれました。

おそらく抽出に成功し、来たるべき時に備えていてくれたものと思っています。

しかし、法律の壁もあり、その父親からは、大麻THCオイルの相談はきませんでした。

(CBDオイルの提供は何度か行いましたがサプリメントの粋をでない濃度しか日本での流通は認められておりません)

後に、その少年は他界されたことを聞きましたが、私は、大変に悔しい思いを持っています。

大麻使用と現代医学が共存してゆく事で救われる命がある事を皆で共有してゆくことが、

とても大事であると思っています。

 

(宮城在住 40代 男性).

 

 

 

他にも多数の感謝と応援のコメントが青山氏のもとに届いています。

 

 

皆様からの応援メッセージをお待ちしております。