札幌の支援学校に通う子供たちを虐待から救いたい!

0 人が賛同しました。もう少しで 500 人に到達します!


 

私の息子は札幌の障がいをもつ子供たちが通う特別支援学校の生徒です。

2、3年ほど前から帰宅した我が子の身体に何箇所もアザを見つけるようになり、子供は精神的にも不安定になりはじめました。

 

原因が分からず混乱していた私達でしたが、保護者間で話し合いをするうち他の生徒にも同様のことが起きていると分かり、関係者の証言を得る中で、

毎日の送迎に利用しているスクールバス添乗員らにより虐待が行われているのではないかと考えるようになりました。

 

実際に私の目の前で乱暴に腕を引かれ、怒鳴られた子供を見た時には驚き、すぐに学校に訴えました。

シートベルトを上手に付けられないだけで叩かれたり、今月も高校生が保護者の前で殴打されています。

元添乗員、運転手の証言も得られ、教育委員会が行った添乗員に対するアンケート調査でも、暴言や暴行を見たことのある旨の回答が得られていますが、

これといった対策は講じられず、今のところ問題は解決されていません

 

警察も捜査を始めている様ですが、一日でも早く子供達の安全を取り戻すため、また本件は氷山の一角かもしれず、この様な状況に苦しむ全ての人達のために、私達保護者会はこの問題を公にし、署名活動を行うことにしました。

 

教育委員会宛ての嘆願書では、早急に実態を明らかにし運営を管理すること、また送迎委託先の企業は入札によって選ばれているので、入札参加資格の厳格化を求めています。

今回ご署名いただけた方の名前は嘆願書の賛同者欄に連名させて頂きたいと思っています。

嘆願書全文

このメッセージが届く方の心情を考え、画像等を載せることは控えさせて頂くことにしましたが、自身の言葉で訴えることのできない子供達のからだを見るたび、心が引き裂かれる思いをしています。

 

捜査中ということもあり、現段階では固有名などを伏せることにしました。タイミングを考慮しながら、より詳しい情報を掲載するために内容を更新する事もあるかと思いますが、私達の要求と趣旨は変わりませんのでご了承ください。

 

なるべく多くの方のご賛同を頂けると幸いです。

ご協力の程よろしくお願い致します!