日本に感染症対策の専門組織(日本版CDC)を作ろう!

0 人が賛同しました。もう少しで 75,000 人に到達します!


私は、日本で感染症科医として働いている医師です。現在COVID-19の患者受け入れを行っています。

感染症対策の専門組織(日本版CDC)の必要性を感じ、COVID-19の流行が落ち着いた時、全てがうやむやに流されることが無いよう、今世間の注目があるうちに署名活動を行うべきと考え、動き始めました。

今回のクルーズ船の一件は、多くの議論を呼び起こしました。神戸大学の岩田健太郎先生の動画はその最たるものでした。

史上稀に見るケースに、厚労省は瑕疵はありつつも、現状のベストを尽くしたのかもしれません。しかし、未曾有のアウトブレイクに対応するに充分な組織、体制で立ち向かえたかと言えば、そうではなかったと言わざるを得ません。

岩田先生が言うように、その原因は「日本にCDCが無かった」ことに集約されていると思います。
※CDC(アメリカ疾病管理予防センター)とは、健康に関する信頼できる情報の提供と、健康の増進を主目的とした、アメリカ合衆国連邦政府機関。

迅速さが求められる意思決定プロセスに、非専門家含む多くのステークホルダーがおり、様々な政治的忖度が絡み合った状態では、感染症対策として筋道立った選択をすることは困難です。

独立した権限を持つ感染症対策の専門組織、「日本版CDC」が必要であると強く感じています。これまで日本政府、厚労省、医学会が積み残している、感染症対策に関する諸問題を解決するためにも必要な組織です。
 
集まった署名は日本国政府へ提出する予定です。
COVID-19が終息したとしても、未知の感染症のリスクは常に存在しています。

未来の日本の為に皆さんの力を貸して下さい!